DRIFTERS(ドリフターズ)  第1話「FIGHT SONG」の感想 「これも異世界もの?」

xx0

 

感想(ネタバレあり)

放送前から何かと話題となっていた本作。

私も見るかどうか迷いましたが

1話だけでも見てみようと

AbemaTVでやっていた事前番組から

そのまま視聴することに。

 

 

 

話は逸れますけど

あの事前番組、構成がイマイチでしたねぇ。

神社でヒット祈願するのはいいですけど、

時間に追われている感じがして出演されていた人達が気の毒でした。

そして時間がないないと言ってたわりには

本編開始まで1分ちょっと時計を映していただけですし。

 

 

スポンサーリンク

歴史上の偉人が異世界に飛ばされる?

 

 

本編のスタートは

勝敗が決した関ヶ原から。

 

西軍に加担した島津軍は

撤退のために東軍に突撃、

烏頭坂からの撤退を図りますけど、

徳川四天王の1人、

井伊直政率いる「井伊の赤備え」が激しく追撃します。

島津軍の総大将、

島津義弘を無事に逃がすために

義弘の甥、

本作の主人公島津豊久がしんがりをつとめることに。

 

 

 

でもこの人選面白いですよね。

歴史マニアにはそれなりに名が知られている島津豊久ですけど、

世間一般からすればほぼ無名の人物。

また歴史上でもこの撤退戦でしんがりを勤めて、

討ち死にしたぐらいしか見せ場ない人ですから。

そんな人が本作の主人公。

まあ、あんまり研究が進んでいない人物ですから

いろいろ創作できるというメリットがありますけど。

 

さてその豊久。

史実通り、

叔父の義弘を守るために奮戦。

 

 

 

隠し持っていた小型の火縄銃で

井伊直政を負傷させますけど、

自分も槍衾で大怪我。

運良く井伊勢が一旦引いたため、

そのうちに森に逃げ込みます。

 

そしてこのまま死んで終わりかと思ったら、

白い部屋の中へ。

そこでは新聞読みながら一服している眼鏡のおっさんが一人いて。

なぜかその新聞には関ヶ原の戦いが終結したという記事が。

 

ここはどこ?

あんた誰?

って豊久は思ったでしょうねえ。

 

そしてこの眼鏡のおっさんが

書類をサインをすると

豊久は石造りの扉に吸いこまれて・・・。

 

 

どこかに飛ばされた豊久。

そんな豊久を見つけたのは明らかに日本人ではない耳長族。

たぶんエルフなんでしょう。

そのエルフがとあるところに豊久を担いでいきます。

 

豊久が目覚めると

そこには長髪の片目のおっさんが。

そのおっさんに斬りかかる豊久。

でも相手も火縄銃を構えて動けません。

 

そしてこのおっさん、

何と自分は織田前右府だと名乗ります。

そうこの人こそ戦国の世を事実上終わらせた織田信長その人なのです。

 

でもそんなことを言われても誰も納得できませんよね。

豊久も当然納得できません。

だって信長は関ヶ原の18年前、

1582年の本能寺の変で死んでいるのですから。

でも驚くのはこれだけではありません。

豊久の手当てをした美少年は自らを那須与一と名乗ります。

そう弓の名手と呼ばれたあの那須与一。

この人に至っては12世紀の人物。

つまり関ヶ原の400年前の人なんですから。

 

でもこの那須与一ってどうして信長の下に付いているのでしょうか。

与一だったら信長なんぞの下に付かなくてもやっていけるような感じがしますけど。

 

びっくりすることばかりですけど、

豊久に言葉に今度は信長が驚くことに。

自分が本能寺の変で死んだ後、

子飼いの猿が天下統一を果たし、

その上その猿の茶坊主だった石田三成が

徳川家康と天下分け目の決戦をしたと聞かされたのですから。

 

あと自分の嫡男の信忠が二条城で討ち死にした時は

ちょっとだけ寂しい顔をしていましたね。

やっぱり信長でも自分の息子のことが大事だったのでしょう。

ただ信忠は出来の良い息子でしたからね。

これがボンクラの信雄や信孝が死んだと聞かされても

信長は何も思わんかったかもしれません。

 

あと豊久の出身地が薩摩と聞いて

信長と与一はかなり馬鹿にしてました。

たぶん今回唯一の笑い要素なんでしょう。

 

でも尾張出身の信長はともかく、

関東の下野国出身の与一は馬鹿にする資格ないような気がします。

だって関東の開発進んだのは徳川幕藩体制が確立した以降ですから。

 

それはいいとして。

この3人。

あの白い部屋にからこの世界に飛ばされたことはわかりました。

でも何のために?

 

そして豊久たちがいる廃城を見張る眼鏡っ子と

そこに迫る不気味な軍勢。

なんかわくわくするシチュになったところで今回は終了です。

 

笑い要素も少しだけ入れつつ、

シリアス気味でさくさくと進みましたね。

視聴するかどうか迷いましたが、

視聴して良かったです。

 

今から次回が楽しみです。

 

 

今回のまとめ三行

 

・島津豊久が関ヶ原で奮闘

・異世界に飛ばされる豊久

・異世界にいた織田信長と那須与一に助けられる