ありふれた職業で世界最強 第13話(最終話)の感想 「無双とハーレム」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

さあ、最終回です。

今回の内容をまとめると女魔人と魔物を倒して、ハーレムに香織が加わった

以上となります。

 

まさに無双とハーレムという感じですが、正直な感想書くとどっちも中途半端だったと思います。

またここは原作ではいろいろと伏線がある話だったはずなのに。

一応伏線は張ったけど、駆け足過ぎて誰も覚えていない感じ。

 

明らかに尺が足りなさ過ぎだったようですね。

たぶん最初に香織たちとの再会をクライマックスに持ってくることだけが先に決まって、それ以外はそれに合わせて決めたのでしょうけど。

 

どうやら2期をするらしいですけど、もうちょっと丁寧にストーリーを進めてほしいですわ。

 

第12話の感想記事はこちらからどうぞ。

ありふれた職業で世界最強 第12話の感想 「香織たちのピンチに駆けつけたのはもちろん」

 

第12話は香織たちのピンチにハジメが駆けつけたところで終わりました。

まさにクライマックスの良いところで終わったって感じです。

今回はその続きから。

 

スポンサーリンク

女魔人と魔人相手にハジメ一派が無双する

 

なろう原作の華はもちろん無双すること。

今回は思う存分ハジメたちが無双してくれました。

 

やっぱり無双は良いですね。

3Dのモッサリ感と動きが遅いことに目をつぶれば気持ちいいです。

まさに俺つえ~最高って感じw

 

同クールに放送された「異世界チート魔術師」でもこれぐらいの無双を見せてくれればいいのに。

あっちはいろいろ制約付け過ぎて、この敵を殲滅する爽快感がなかったのですよね。

 

なろう原作作品で一番求められるのはこれなんですよ。

そこをカットせずしっかりと描いたところは本作を褒めることができる点だと思います。

 

ただ前述したように敵のモッサリ感が強いこととスピード感がイマイチだったのは残念でしたし、演出ももうちょっと落差を作った方がより盛り上がったと思います。

 

 

ともかく、光輝たちが手も足も出なかった相手に完勝したハジメ。

さすがチートですわ。

 

 

香織がユエに宣戦布告し、香織がハーレム加入

 

さて戦闘シーンの演出がイマイチと書きましたが、それにも増してダメだったのがハーレム描写。

個人的にはもっとユエと香織がバチバチすると思ってましたが。

 

ユエと香織が龍と般若のスタンドも登場しましたけど地味。あそこはもっとド派手にやって欲しかったですね。

BGMがないところもあったし。

 

まあ香織ではユエの相手にならないということをより強く表すために、あえて抑えた演出になった可能性もありますけどね。

 

その一方、大迷宮の中へミュウが一緒に来てハジメのことを「パパ」と呼んだことで、香織の嫉妬が予想よりも早く出たのは良かったです。

嫉妬と主人公を問い詰めるところは、ハーレムの醍醐味ですので。

 

最終的に香織は勇者パーティを離れて、ハジメと行動を共にすることに。

まあ、完全に負け戦濃厚ですが、香織自身はまだまだやる気のようです。

 

この後香織はハジメのためにある重大な決断をすることになりますが、個人的にはそこが見たかったですわ。

2期作られてもそこまで行くかわかりませんけど。

 

スポンサーリンク

人を殺すシーンを流したことと檜山とハジメのシーンのカットは本当に残念

 

戦闘やハーレムの演出に関してはいろいろ言いたいことはありますが、まあまだ許せます。

今回の話で一番ダメだったのは魔人を殺すことで光輝がハジメを非難するシーンを流したことと、檜山とハジメのシーンをカットしたところです。

 

光輝の的外れの言動をハジメが論破し、メギドに光輝が窘められるシーンは視聴者が胸がスカッとするシーンの一つなのに、簡単に流されて終わり。

 

そして檜山とハジメのシーン。

ハジメが苦労したのは全部檜山のせいなのに、ハジメは全く檜山に触れませんし、脅しもしません。

また香織に執着していたからハジメへ魔法を誤射したのに、香織がハジメの元へ行くときにただ見送るだけ。

 

正直もうちょっと何かリアクションが欲しかったですねえ。

せっかく檜山役に白石稔さんを当てたのに。完全に宝の持ち腐れ。

白石さんのゲスイ演技を放送前に期待していたのですけどね。

 

 

終わりに

 

放送前はかなり期待していたのですが、普通の作品で終わっちゃいましたね。

いろいろ事情があったのでしょうけど、残念でした。

 

原作好きで期待してたのですけどね。

まあ、今後も原作は面白いエピソードがたくさんあります。

王都侵攻の話は是非アニメで見たいですね。

 

次アニメ化する時は尺を確保してストーリーは丁寧に描いてほしいですわ。