トクナナ 1話の感想 「新米刑事が事件に巻き込まれて最後は問題部署へ島流し」

スポンサーリンク




トクナナのPVより引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

出演する声優さんで前から気になってた本作。

1話を視聴しましたが声優さんの演技がいいですねえ。

 

1話のストーリーは、銀行強盗事件に巻き込まれた主人公が事件解決に尽力し、結果的に問題部署へ島流しなったというお話。

 

同僚はみんな一癖も二癖もあるような厄介者揃い。

ただ主人公「七月清司」もいろいろヤバい体質のように見えますけど。

だって至近から拳銃で撃たれてピンピンしているのですから

 

 

スポンサーリンク

七月清司が刑事になった理由は命を若い刑事に助けられたから

エアポートで起こったテロに巻き込まれた七月。

そこで七月を助けたのは一人の若い刑事。その刑事に憧れた七月が刑事になったという訳です。

よくあるお話ですよね。

強烈な体験をしてそれが印象に残り、将来の道を決めるってパターン。

 

トクナナ第1話より引用

 

 

そういえば七月を助けた若い刑事。

CVは松岡禎丞さんなんですけど、なぜかEDのクレジットの役名は「謎の男」。

ただのモブなら刑事とか役名が付くはずですが。

 

後々再登場するのでしょうねえ。

重要な役で。

 

というか番組の公式サイト見たらいろいろと…。

 

 

七月が銀行強盗に巻き込まれる

時が流れ七月は念願叶って警官になります。

そして今日は非番の日。

銀行に行ったら銀行強盗に巻き込まれて、人質になっちゃうことに。

 

まあ、正義感溢れてちょっと熱血バカに傾向がある主人公は何とかしようとしますが、それを抑えようとする一人の男。

男の名前は一ノ瀬

実はこの男も刑事だったのです。

 

トクナナ第1話より引用

 

一ノ瀬も非番で銀行に来た口で、当然拳銃を持ってないため、重武装の銀行強盗を倒すのは無理そう。

歳を食っているだけ、主人公より冷静のようですわ。

 

そしてこの一ノ瀬の観察眼が凄い。

犯人たちの動作を観察し、後々スパイをあぶり出すことに成功するのですから。

 

 

スポンサーリンク

トクナナ出動でレインボーブリッジを壊しちゃった

 

銀行強盗たちは目的のダイヤを見つけ撤収に移ります。

そして逃亡するために一緒に連れていく人質を選別しますが、ここで女性の行員を人質にしようとした銀行強盗に七月が自分は刑事だと名乗り、女性の行員の代わりに自分を人質として連れて行くように要求します。

 

このシーンさすがに飽きれましたわ。

刑事としては勇敢な行為であり、称賛すべき行為ですが、そこで刑事であることをバラす必要ないだろ

下手すればすぐに射殺されてもおかしくない状態なので。

 

このシーンの前に犯人たちはパトカーに向かって手榴弾投げて、パトカーを壊してましたからね。

当然警察に犠牲者が出ても何とも思わない奴らなんでしょう。

そんな奴らに刑事であるというなんて。

 

結局七月も女性行員もどっちの人質にされてしまいます。

ですよねえ。

 

 

事件を受けて出動しているトクナナの面々。

課長の命令で事件解決のために行動を開始します。

まあ、課長の命令無視して勝手にいろいろやりそうな匂いがプンプンしますが。

 

途中他の人質を守るため、勇敢に立ち向かう七月。

しかし奮闘虚しく拳銃が腹にヒット。

あ~あ、主人公がここで殉職か…と思ったら全然怪我をしてない。

もしかして強靭な肉体の持主なの?

何かここは簡単に流されましたけど、後々フォーカスされそうな気がしますわ。

たぶん七月=人間じゃないというパターンなんでしょうね。

そうじゃないとこのシーンの辻褄が合わないので。

 

 

さて最終的にトクナナはドローンでレインボーブリッジ破壊(一部)

明らかに某邦画の「レインボーブリッジを封鎖せよ」を意識していると思います。

 

まあ、あの邦画も某警察ロボットものアニメを意識していると言われてますがどうなんでしょうか?

※あのアニメは劇場版の第2作でレインボーブリッジじゃなくて、ベイブリッジを空爆してるけど。

 

 

追い詰められた犯人たち。

自暴自棄に出る可能性もありましたが、一ノ瀬の説得で投降させることに成功します。

おいおい、刑事が脱獄もできるなんて言うなよw

 

これで一件落着…とはなりません。

銀行強盗の手際の良さから犯人に情報を伝えたスパイがいることを看破していた一ノ瀬が人質となった行員たちを尋問します。

追い詰められたスパイは拳銃を取り出し、銃口を向けます。

このスパイは「ナイン」の一味だったのです。

 

そしてこのスパイが言ったセリフに大激怒した七月がパンチを繰り出し、スパイはノックアウト。

拳銃持っている奴に素手で立ち向かい、ぶん殴ることに成功するとは。

七月って絶対普通の人間じゃないだろ。

 

 

事件の解決に尽力したことで警察の吹き溜まりの部署へ島流し

銀行強盗事件の解決に尽力した七月。

普通なら大きな得点を稼いだはずですが、なぜか刑事課に居場所がなくなってしまい、ある部署へ移動となります。

部署の名前は警視庁特務部特殊犯罪対策室7課。通称トクナナ。

 

トクナナ第1話より引用

 

課員は一ノ瀬を始め一癖も二癖もある厄介者揃い。

御大層な名前が付いてますが、吹き溜まりって奴ですね。

 

ただ課員は事件に立つ向かう意思と能力があるのは救いですけど。

 

 

最後のシーン。

誰だかわからない男がスーツケースを奪い去っていきます。

一言も喋らないこの男。

一体誰?

 

トクナナ第1話より引用

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

刑事ものの王道パターンを忠実に守った1話でしたね。

一応主人公の七月と先輩刑事の一ノ瀬の人となりはよくわかりました。

2話以降で残りの課員にフォーカスして人となりやどうしてトクナナに配属されたか明らかになるパターンでしょうかねえ。

そしてそれに平行して「ナイン」との攻防が描かれるのかと。

 

亜人と人間が混在する世界観も面白そうですし、声優さんの演技も良かったです。

今後どうなるか目を離せませんわ。

 

第2話の感想記事はこちらからどうぞ。

トクナナ 2話の感想 「一ノ瀬はチート刑事だった」