異世界チート魔術師 12話(最終話)の感想 「内戦終了!!俺たちの戦いはこれからだ」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

最終回です。

典型的なおれたたエンドです。

正直消化不良感が強いですね。結局のあの方と太一が会うことも戦うこともなかったし。

 

あとエアリー。

今回エアリーの秘密が明らかになりますけど、正直どこが変わったの?状態。

設定が全然生かされてない感じ。せめてもうちょっと見た目が違うようにすればいいのにと思いました。

 

 


 

第11話の感想記事はこちらからどうぞ。

異世界チート魔術師 11話の感想 「イニミークスが魔法で戦場を大混乱状態に陥れる」

 

第11話は王弟の副官であるイニミークスが本性を現し、内戦どころではないことになってしまいました。

これもすべてあのお方のため?

 

スポンサーリンク

エアリーは仮の名!!本当の名前はシルフィードだった

イニミークスが作り出した魔法陣で戦場はゾンビみたいな狂人兵ばかりに。

倒しても倒してもすぐに復活する狂人兵に悪戦苦闘する太一や凛たち。

 

その戦いの中、人を超えた力を受け入れる意味がようやくわかった太一は、その力を発揮しようとします

しかしエアリーに止められ、なぜか亜空間へ。

 

ここでエアリーが太一に謝ります。

今の自分は本当の自分ではないことを。

 

どうやらエアリーというのは仮の名だったらしく、太一に自分の本当の力を貸したらどうなるか恐ろしかったので仮の名と弱い力で太一と接したようです。

だったら最初から力を貸さなきゃいいのにと思わずにはいられません。

 

それはともかく、太一の覚悟を知ったエアリーは今度こそ自分の本当の力を太一に貸す気になったようです。

 

それにしてもエアリーの本当の姿ってどんな感じなんでしょうかねえ。

こういうストーリーの流れの場合、エアリーが可愛い系なので、普通はアダルティなお姉さんタイプが本当の正体になるのが一般的。

 

さあ、エアリーの本当の姿は…あんまり変わりませんでした。

体のサイズが大きくなってコスチュームが変わったくらい。

エアリーの時と同じ可愛い系の姿。

おいおい、これだとあんまり盛り上がらないでしょ。

 

エアリーの真の名前はシルフィード。

どうやら四大精霊の1人らしいです。

ただそういう設定を最終回で教えられても…。

 

まあ、エアリー改めシルフィードの力は絶大。

簡単に魔法陣を消しさり、狂人兵たちは一気に元の兵士の姿へ。

 

チートやチート。

ようやくちゃんとしたチートが出てきた感じです。

 

 

イニミークスの戦いの中で太一が召喚された真の理由が明らかに

 

前回死んだと思ってたイニミークスさん。

しっかりと魔物化して太一の前に立ちふさがります。

 

そしてイニミークスさんは太一がこの世界に召喚された真の理由を話します。

太一がこの世界に召喚された理由、それはあの方の武器とするため。

そのうち大きな戦いが起こり、世界が裏返る。光と闇が反転し、あの方が救世主として降臨する。

 

要はもうちょっとしたらあの方の出番だから、太一、お前はあの方のために働け、という感じなんでしょうね。

 

当初は国を二分する兄弟げんかのために召喚されたと思ってましたが、それよりはまだマシだったのかも。

ただ太一や凛にとっては迷惑な話ですけどね。

 

そしてここでイニミークスと戦い、太一が勝つこともあの方の思惑通りのようです。

まあ、いまさらイニミークスを許すことなんてできませんけどね。

 

圧倒的な力で太一がイニミークスを倒してこの戦いは終了です。

 

 

内戦終了!!俺たちの戦いはこれからだ

 

内戦が終わり、兄弟げんかも終わりました。

そして王弟は処刑されることに。

 

まあ、当然と言えば当然ですよね。

どうせ生きていてもまた唆される可能性がありますし、また内戦を起こした責任を取らせる必要もあるので。

 

そして太一たちはアズパイアに帰ることに。

ストーリーはここで終了。

 

ある程度予想してましたがおれたたエンドです。

まあ、尺を考えてもこうするしかないでしょうからね。

 

 

終わりに

 

ここで本作は終了です。

うん、中途半端過ぎますね。結局太一達が元の世界へ戻れるヒントもあの方との接点も無しに終わっちゃいました。

まあ、原作がそうなっているのなら仕方ありませんけど、消化不良感だけが残りました。

 

私は好きな声優さんたちが出演すると聞いて本作を視聴し始めましたが、正直何度か書いている通り、声優さんの演技に作画が追い付いてない感じばかりが目に付きました。

 

予算が少ないのか人手が足りなかったのかはわかりませんが、本当に残念です。

 

続きが作られるかどうかはわかりませんが、仮に作るなら予算や人手をしっかりと確保して作って欲しいです。

 

ただ万策尽きず、1回も総集編がなかったのは称賛に値すると思います。

1クールアニメで総集編されるとホント興ざめするので。