異世界チート魔術師 5話の感想 「凛と別行動の太一はアナさんとイチャイチャ」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

 

 

第4話の感想記事はこちらからどうぞ。

異世界チート魔術師 4話の感想 「絶体絶命のピンチで太一がさらに強くなる?」

 

カシムの召喚した魔物相手に大苦戦した太一。エアリアルのアシストのおかげでカシム達を退けるのに成功しましたが、太一も大きなダメージを受けてしまいました。

 

スポンサーリンク

太一は召喚術師だった

カシムの召喚した魔物と戦い、カシムを追い払った後、ずっと眠り続ける太一は師匠である痴女のお姉さんの家へ連れて来られます。

そして眠り続けた原因が魔力の使いすぎということが判明します。

 

いわゆるマインドダウンというやつですね。

ダンまち第1期でファイアボルトを使いすぎてダンジョンの中で倒れてしまったベル君と同じ状態。

 

そしてエアリアルの助けられてエアリアルの声が聞こえたことを痴女のお姉さんに話したところ、太一は召喚術師だったことがわかります。

エアリアルの魔法を術師という媒介なしにそのまま使うことができるのが召喚術師のメリット。

威力が落ちず敵に大きいダメイージを与えることができるそうなのです。

 

これは何らかのフラグでしょうね。

近いうちに太一の魔法の威力がよくわかるようなシーンが出てくると思いますわ。

 

カシムの上司が何か小細工を

結果的に太一をゲットできなかったカシムとグラミ。

そのことでカシムは上司に報告しますが、カシムの上司はそのことを咎めたりしませんでした。

でもそのことがカシムには屈辱だったようです。

 

まあ失敗して当たり前と上司が思ってたと捉えることができますからね。

案外プライドが高そうなカシムには何にも反応されないことが精神的ダメージになりそうな気がします。

 

それとカシムが敵の親玉だと思ってましたが、カシムの上司がいたのですね。

何かカシム以上にうだつが上がらないイメージですが、こういうタイプって豹変すると怖い感じがしますわ。

 

さて、まだまだカシムを使う気満々の上司さん。

カシムの言うことを聞くようにグラミに何か術を掛けて模様。

 

これはグラミが裏切りそうになったら発動して裏切れないようにするフラグでしょうかねえ。

ストーリーが王道なので、ある程度予測ができて楽ですわ。

 

まあ、外れたら赤っ恥ですが。

 

スポンサーリンク

元アサシンのアナスタシアと再会し敵のアジトに潜入したら…

街でナンパ師に付きまとわれている女性を助けた太一。実はこの女性、第3話で太一が捕らえたアサシンだったのです。

名前はアナスタシア。今はギルド側に雇われているそう。

 

太一に命を救われたアナスタシア(アナさん)は太一へかなり親近感を持っているようですね。

まあ、敵の女性キャラを助けて惚れられるというのも王道パターン。

ただこの手のキャラって途中で退場する可能性が高いのがネック。アナさんは生き延びてほしいですけど、どうなるのでしょうか?

 

 

さて太一とアナさんは、事前にアナさんが探り当てた敵のアジトに潜入し、敵の機密情報をゲットします。

でもこの秘密情報って明らかに怪しい。

というか、この書類ってカシムの上司がわざと置いていったやつ。

 

まあ内容を見ればその真偽を確かめるより動かざるを得ませんよね。

だってゴブリンの大軍が襲ってくるという内容だったのですから。

 

凛とミューラが襲撃される

太一がアナさんと行動を共にしているころ、凛とミューラは市場へ。

どうやら物価は高いままらしく、あんまり良い状態ではありません。

 

そして市場のど真ん中で敵の襲撃を受けてしまいます。

敵も容赦ありませんねえ。

一般人に被害が出ても仕方がないとか考えていそう。

 

ただ敵に1人。

凛とミューラの二人で掛かれば楽勝…と思ったら、グラミ登場でいきなりミューラが捕まってしまいます

ホントにグラミの透明になるマント便利ですわ。

 

ミューラを捕らえたグラミは凛を部下達に任せてさっさと逃亡。

 

これはミューラがぐへへされる展開になる?

 

 

まんまと罠に嵌る太一さん

ミューラが捕まったことを知らず、ゴブリンの大軍の襲撃を調査する太一とアナさん。

こうやってみるとこの二人もいい感じです。

 

つ~か、アナさんニコニコし過ぎ。太一と一緒に行動することが嬉しいのでしょうねえ。

これは惚れてますわ。

 

ただこうやって二人で調査すること自体、敵の陽動にハマっているの確実でしょう。

あくまで太一と凛たちを別行動にさせるのが目的なような気がします。

 

太一と凛をバラバラにすることで各個撃破だって可能でしょうからね。

 

ただ太一とアナさんの親し気な姿を凛に見せる方が、仲違いさせることができて、敵にも都合がよかったかも。

 

 

スポンサーリンク

今回のぐへへタイム

グラミからミューラの居場所を聞き出し、助けに行く凛。

少しは罠かも?と疑えよ。

これだから元高校生は…。

 

どうやら捕まったミューラは何かの儀式に使われる模様。

なぜか捕まっているミューラの作画だけが良すぎ。

力を入れるところがしっかりわかってますねえ。

 

やっぱりぐへへシーンは良い作画でないと。

 

凛は敵の集団を行動不能にさせてミューラの救出に成功。

ちょっと簡単過ぎない?

 

と思ったら、カシムとその上司が凛とミューラの前に現れます。

まあ全部敵の予定通りだったようです。

 

そしてカシムの上司からこのアズパイアの街をゴブリンの大軍(2000~3000)が蹂躙することになると知らされることに。

 

ゴブリンの大軍の襲撃ってどう考えてもぐへへ展開になるしかないじゃん。

冬のコミケで本作の薄い本を作りたい作家さんには第4話に続き良い題材と言えますね。

 

 

終わりに

今回はここで終了。

アズパイアの街の危機ですけど、どうして凛とミューラに手の内をバラしたのでしょうか?

まあ、あの集団の目的は太一なので、太一をゲットするために罠なんでしょうけど。

 

あとCパートで太一の方もデカいゴーレムと戦うことになりそう。

これは凛・ミューラVSゴブリンの大軍、そして太一・アナVSデカいゴーレムの戦いが並行して進みそうですね。

 

凛とミューラは結構ヤバそうですが果たしてアズパイアの街を守れるのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

次回第6話の感想記事はこちらからどうぞ。

異世界チート魔術師 6話の感想 「凛の危機に駆けつけたのは?」