異世界チート魔術師 4話の感想 「絶体絶命のピンチで太一がさらに強くなる?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は太一が絶体絶命の大ピンチ。

そしてそのピンチを糧にして太一がパワーアップする。そういうストーリーです。

強い相手と戦い、負けそうになって一段階強くなるのは冒険物のお約束なので。

 

ただパワーアップと言っても今回は緊急避難的な感じのもの。

太一を手助けしたエアリアルの力が強大過ぎて、現在の太一では体に負荷が掛かっている模様です。

これは今後太一の修行回が来るフラグかも。

 

 

あと今回、グラミ役の日笠陽子さんが本格参戦しましたけど、やっぱり演技が上手すぎ。

太一、凛、ミューラを演じる三人の声優さんも十分上手ですけど、カシムの役の下野さんや日笠さんと比べるとまだまだですわ。

というか日笠さんは上手すぎて逆に浮いているような気もしました。

 

それと毎回言われている作画ですが、ホントギリギリのところで持ちこたえている感じ。

崩壊しそうでしない辺りは作画監督さんなどスタッフさんが頑張っているのでしょうね。

 

 

前回第3話の感想記事はこちらからどうぞ。

異世界チート魔術師 3話の感想 「新人冒険者らしくない仕事をやらされる」

 

第3話はミューラとパーティーを組み、オーガやオークと戦ったところで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

あっさりカシムが正体を現す

前回の続き。

あっさりカシムがすべての犯人だと看破した太一たち。

もう少ししらばっくれると思ったら早くも正体をバラしてしまうことに。

 

今回の事件を画策したのはカシム。

そしてその目的は太一を自分の手駒にするためです。

 

そのためには凛とミューラも利用するというカシム。

もし太一がカシムの言うことを聞かなければ、凛とミューラを慰めものにするのも厭わない模様。

これはニコ生などで「ぐへへ」のコメントが大量に書き込まれそうですわ。

 

この手の展開は嫌う視聴者も多いですけど、コメントが盛り上がりますからね。

 

でもこれを聞いた太一は激おこ。

ただしカシムの召喚した魔物は物理攻撃が効かず、いくらカシムを敵意を向けてもどうしよもない模様。

 

さらに激おこのために冷静な判断も下すこともできなくなった感じ。

これヤバいんじゃね?

 

 

戦闘狂いのグラミを凛とミューラが撃破

太一とカシムが戦っている一方、凛とミューラはグラミと対峙します。

戦闘狂いとしか見えないグラミに凛とミューラは大苦戦し早くも戦闘不能。

あれ?こんなもんなの?

 

と思ったら、凛とミューラはグラミを自分の力を伸ばすために本来の力を使ってなかったようです。

そして本来の力を使った凛とミューラはグラミを圧倒。

さっきまでの苦戦が嘘のように勝者は凛とミューラ。

 

さあ、これで太一の援護に向かえると思ったら…。

 

 

エアリアルの力でカシムを退ける

 

凛とミューラがグラミを倒した一方、太一は魔物にノックアウト寸前。

物理攻撃は効かないとカシムが教えてくれたのに。

 

だいたい魔法が使えないならさっさと凛たちと合流すればいいのに。

凛やミューラを太一を言うことに効かせるための道具に使うというカシムの言葉に逆上して、自分が何とかしなければいけないと思い込んだのでしょうね。

 

冒険物の主人公らしいといえばらしいですけど単純すぎる。

まあ太一は高校生なので仕方がないのですけどね。

 

太一の絶体絶命の大ピンチ。

カシムは凛とミューラを太一の命と引き換えに脅迫。

あ~あ、本作が18禁ならば、凛とミューラはこの後酷い目に合うところですが、本作は全年齢向けの普通の作品。

おまけにタイトルに「チート」という文字が入っていますからね。

当然救済措置というかご都合主義というか太一に助っ人が現れます。

 

それがエアリアル。

1話から出てた謎の声の持主です。

そのエアリアルの緊急避難的な手助けで風を体に纏う太一。

 

はい、太一の逆襲の始まります。

 

魔物を一瞬で倒した太一。

次は当然カシムですが、カシムとグラミはさっさと逃亡を図ります。

カシムはともかくグラミは認識阻害のマントがあるのだからそれを使って逃げればいいのに。

 

もはやカシムの命は風前の灯。

と思ったら、エアリアルの力の反動で太一は戦闘不能に。

 

何とかカシムは逃亡に成功しますが片腕を失った模様。

もう太一は諦めればいいのにまだまだカシムは太一を狙うようです。

太一をそこまで狙う理由って何なんでしょうねえ。

 

 

終わりに

 

今回はここで終了。

エアリアルの力でカシムを退けてましたけど、結局逃げられてしまいました。

カシムはこれぐらいでは諦めないでしょうね。

 


街では新しい事件が起こっているようで、太一たちが再び矢面に立たされそう。

潜在能力は高いけどまだまだ力を使いこなせていない太一。

次回も苦戦しそうな気がします。