女子高生の無駄づかい 3話の感想 「ロリが少しだけ成長したかも(精神的に)」

この記事は約5分で読めます。

女子高生の無駄づかいのOPより引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はロリのメイン回です。

家ではお婆ちゃん大好きなロリですが、ちょっと甘えっぱなしのイメージです。

さすがにこれでは精神的に成長しません。

まあ体は成長しなくてもいいかもしれませんが、やっぱり精神的には成長して欲しいところ。

 

今回はいろいろなことがあってちょっとだけロリが精神的に成長したかも。

 

 

第2話の感想記事はこちらからどうぞ。

女子高生の無駄づかい 2話の感想 「オタの日常回でオタのいろいろなことがわかった」

 

2話はオタの当番回。漫画家を目指しているオタが描いた漫画をロボに品評してもらいますが、その指摘が気になって夢に出ることに。

またやまいの中二病が深刻だということもわかりました。

 

 

スポンサーリンク

ムダ毛の話から再現するのは予想外だった

バカ、オタ、ロボの三人で無駄話。

こういうところは女子高生って感じですが、話題がムダ毛の話っていうのはちょっと。

 

バカ曰く、毛は体の重要な部分を守るもののはずなのに、どうして心臓に毛が生えていないのか?と理解できるようなできないような主張を始めます。

 

それに対してオタが毛の代わりに胸があると言い出しますが、無い人もいるんですよね。

例えばバカとか。

 

ホント見事なほどのフラット。

まさに関東さやか平野と同等の平べったさです。

関東さやか平野以外の表し方だとエターナルぺったんw

 

ここからは胸の話が続くと思ったのですが、まさかロボが最後に大きいボケを持ってくるなんて。

バカの話をする前から作ってのか?それともバカの話を聞いて作ったのかはわかりませんが、このボケは予想外でシュールでしたわ。

 

 

ロリのお使い

お婆ちゃんに代わって買い物にやってきたロリ。

しかし運悪くバカオタロボの3人組が事ある毎に同じ店へ。

これが腐れ縁ということなんでしょうか?

 

女子高生の無駄づかい3話WEB予告より引用

 

そしてバカに見つかってしまうロリ。

もうちょっとでバカの誘惑に落ちそうになりますが、お婆ちゃんの言葉を思い出し誘惑に打ち勝ちます。

 

さすがロリですわ。

これでも高校生ですけどね。

 

ただこの後お菓子に目が行ってしまい、お使いのメインだった肉が買えませんでした。

メンタルは小学生並み。

これでは先が心配です。

お婆ちゃんがいろいろやっている間はいいのですけどね。

でもお婆ちゃんも年齢が年齢なので(もちろんバカより80歳も年上ということはありません)。

 

テコでも動かないバカ

 

ロリに逃げられてしまったバカ。

なぜか意固地になり床に寝そべって動こうとしません。

オタとロボは動かそうとしますが、余計動かないようになるバカ。

もうほっとけばいいのに、オタもロボも意地でもバカを動かそうと熱くなります。

 

その結果ロボが考えたがテコの原理。

モップを使い、その上清掃員の芝崎さんをテコの支点にしてバカを動かそうとしますが失敗してしまいます。

あれですよね、太陽と北風と一緒。

無理やりに言うこと聞かせようとしても余計に防御してしまう。

だからたぶん正解はさっさとバカを置いて帰ることなのです。

 

結局諦めるオタとロボですが、遠くからバカを観察します。

ここで帰っておけば良かったのにと思わずにはいられません。

 

女子高生の無駄づかい3話WEB予告より引用

 

親友だからこそ置いておけないのかもしれませんが、小さい頃からの親友ならばバカの思考を読むべきだったと思いますわ。

 

 

お婆ちゃんを感心させるくらいロリが成長する

体操服を忘れてしまったロリ。

このままだと先生に怒られるの確実。

そこで考えたのが気分が悪いと嘘を付いて体育の授業を休むという方法です。

普通の女子高生なら躊躇なくやるでしょう(偏見)。

でも罪悪感に押しつぶされそうになったロリはこの方法を諦めます。

 

そして考えたのが隣のクラスの子から借りる方法ですが、ロリは知り合いがいません。

しかし果敢に話掛けて体操服を借りることに成功します。

 

ここら辺はかなり勇気が必要だったと思いますわ。

他人に話掛けるのだって大変なのに。

 

それをやり切ったロリは精神的にちょっとだけ成長したと思いますわ。

実際にロリの体操服を届けに来た婆ちゃんが感心していたので。

 

婆ちゃんとしても孫の精神的成長に接することができてうれしかったでしょうね。

 

さてその婆ちゃんですが、運悪くバカと出会ってしまいます。

そしておんぶして貰った代わりにバカにロリの昔話をしてしまうのです。

 

女子高生の無駄づかい3話WEB予告より引用

 

これはしばらくロリがバカに聞いた話でオチョくられますね。

ロリご愁傷さまです。

 

Cパートは今回もやまい

今回もありましたCパート。

トイレに入ったロボに興味があったのかやまいもトイレへ。

そして異様な音を聞いてしまったのです。

 

女子高生の無駄づかい3話WEB予告より引用

 

絶対にトイレからするような音じゃねえ。

 

一体ロボはトイレで何をやったのでしょうか?

もしかしてロボって本当にロボットなの?

終わりに

今回はここで終了。

アバンの話題をBパートの最後の話に繋げるのが上手いです。

前回も話を繋げていましたよね。

 

あとCパートはやまいの話専用になるのでしょうか?

やまいは良いキャラなのでバカとどんどん絡んで欲しいのですけどね。

 

感想はここまで。

次回も楽しみです。

 

4話の感想記事はこちらからどうぞ。

女子高生の無駄づかい 4話の感想 「マジメはバカを観察中」