異世界チート魔術師 1話の感想 「ヒロイン(幼馴染)と一緒に異世界召喚」

スポンサーリンク

異世界チート魔術師のOPより引用

 

感想(ネタバレあり)

 

第1話は主人公の太一とヒロインの凛が異世界に召喚。

そして魔力量がチートだったので、痴女(見た目)のお姉さんの元で就業することになったというストーリーです。

 

 

 

正直微妙

それが初見の感想ですね。

ダメなところを挙げればキリがありません。

 

例えば冒頭の戦闘シーン。あれは原作通りなのかもしれませんが、作画が安定してないのは痛かったです。

普通第1話はどんな作品でもクオリティを極限まで上げて視聴者の心を掴まなければいけませんので。

それができなったのは資金面の問題か、期日の問題か、マンパワーの問題かはわかりません。

ただ視聴者の心を1話で掴まなければそれ以降ほとんどの視聴者は戻ってきませんからねえ。

 

まあ私は主人公を演じる天崎滉平さんとヒロインを演じる高橋李依さんのお二人目当てでもうしばらく視聴する予定です。

この二人が出てないなら、1話ギリどころか0話ギリ確実だったと思います。

さすがになろう原作の作品が溢れ、「異世界」と「チート」の2つのキーワードは否定的に捉えている御時世に二つとも入っているのですから。

 

製作スタッフさんもそれを理解しているから、声優さんを前面に出したマーケティングしているのかもしれません。

少なくとも私はそのマーケティングに引っかかったので、その方針は間違ってないと思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

自転車は囮!!本命は召喚

 

高校生の西村太一と吾妻凛。

二人は幼馴染のようですが、そこで止まっている様子。

少なくとも太一の方はそのようです。

その一方凛の方はイマイチわからず。でもこういうパターンだと惚れているのが通常ですからね。

 

この後のシーンで太一が離れるように言ったのに、凛は太一と一緒に召喚されるのを選んだようですから惚れている、または幼馴染以上の想いを持っているのは確実だと思います。

 

さて異世界もので異世界に飛ばされるパターンは大きく分けて2つ。

1つ目は「このすば」や「ナイト&マジック」のような主人公が死んで転生するもの。

2つ目は「ありふれた」や「盾の勇者」のような異世界に召喚されるもの。

 

本作の場合は1と見せかけて2でした。

 

さすがに自転車に轢かれて死亡は可能性低すぎますからね。

 

魔法陣がいきなり現れて、その魔法陣から逃れられない太一。

太一は凛だけでも逃れるように言いますが、凛は逆に太一の元へ。

 

これで凛が太一に幼馴染以上の気持ちがなければ「何だかなぁ」となりますけど果たして。

 

 

異世界ものではハゲは味方

 

異世界に飛ばされた太一と凛。

そこで角がある大きい黒い馬とエンカウント。

 

武器もなければ魔法もできない。

絶体絶命のピンチ。

 

普通なら逃げ一択のところですが、太一は凛だけでも逃がそうとして馬と対峙することを選びます。

太一カッコいい。

でもこの行動のことで後から凛に叱られます。

 

考えて見れば当然です。

 

太一が死ねば凛はひとりぼっち。

馬から逃れることができてもその後は一人で何とかしなければいけませんので。

それだったら太一と一緒に死んだ方がマシ。

そう思ったのかもしれません。

 

結果的に太一と凛は冒険者のパーティ―に助けられます。

ご都合主義ですがそうしないと話が終わっちゃいますからね。

 

それにしても異世界物ってハゲやチャラ男が出てくるのほぼテンプレになってますね。

そしてハゲが主人公たちに優しいのもデフォ

 

ハゲたちのパーティ―に護衛されて街までやってきた太一と凛。

二人は働くために冒険者ギルドへ向かいます。

 

異世界来たらギルドに登録。

これもお約束ですね。

 

 

スポンサーリンク

魔力量がチートすぎて痴女の元で修行をする羽目に

 

ギルドで冒険者登録をする太一と凛。

まずは魔力の量を測りますが、そこで予想外、いや異世界ものでは予想内の事態が起こります。

魔力量が多過ぎてギルドの測定器では測れなかったのです。

 

そこで二人は金髪エルフの案内である場所へ。

そこは冒頭の戦闘シーンにも出てた痴女(見た目)のお姉さんの家。

 

 

そこで魔力量を測定した太一と凛はこの痴女のお姉さんの元で修行をさせられることに

問答無用でしたが修行させないと危険なんでしょうね。

魔力の量が多過ぎるとそれを制御するのも大変でしょうから。

もちろんそれ以外の理由があるのかもしれませんが。

 

 

一方そのころ、太一たちの召喚を阻止しようとした組織の長とおぼしき人物が太一を探しているようです。

声だけでCV下野紘さんであることはわかりますけど、やっぱり悪役なんでしょうか?

 

今度少しづつその辺は明らかになるでしょうけど、最後は太一を亡き者にしようとするのですかね?

原作読んでないので全くわかりませんわ。

 

終わりに

今回はここで終了。

1話としては及第点行くか行かないか微妙なところ。

私は声優さんでかなり+に評価してますので、声優に興味がない方の評価はもっと厳しいと思います。

 

前述したようにしばらくは視聴を続ける予定。

次回の放送をゆっくりと待つことにします。

 

第2話の感想記事はこちらからどうぞ。

異世界チート魔術師 2話の感想 「修行回があっさり終わった」