この美術部には問題がある! 第11話「団結!空き缶!文化祭!」の感想

v1i

感想(ネタバレあり)

今回は久しぶりに1本立て。

夢子先生の思いつきでまた美術部員が

苦労する話です。

別に学校産の空き缶にこだわる必要ないんじゃね?

文科系部活の活動内容を

広く一般に知らしめる絶好の機会、

そうそれは文化祭。

本作の舞台である月社中学校でも

月社祭という文化祭が開催されるようです。

美術部ももちろん文科系部活。

夢子先生は美術部も文化祭に何か展示すると思いこんでいたようですけど、

美術部はコンクール等に出品することで

その存在を知らしめているので

前顧問の小山先生指導の元、

去年まで文化祭では何ら展示などをしてこなかったそうです。

しかしこの方針に、

文化祭は青春の1ページだと豪語する

夢子先生が異議を唱え、

今年は美術部が文化祭に何らかの展示をすることになります。

でも青春の1ページだったら

別に部活にこだわる必要はなく、

クラス展示で頑張っても十分

青春の1ページになるんじゃね?

今回もまた夢子先生に美術部が振り回されるパターン確定ですw

で、夢子先生の発案で

空き缶を使った空き缶アートを作って展示することになる美術部。

でも肝心のデザインは美術部員に丸投げって・・・。

で、みずきちゃん、コレットちゃん、そしてすばるで

デザインを決めることになりますが、

すばるは、自分の書いた2次元嫁(某京アニの主人公そっくりw)、

コレットちゃんは、某特撮ヒーロー

のデザインを提案して

みずきちゃんにあっさり却下されてしまいます。

次の日、

みずきちゃんが一生懸命考えた結果、

絵の具のチューブの空き缶アートを作ることに決定。

ただみずきちゃんが書いたイラストを見たまりあちゃんが

中二病的な言動でアドバイスします。

つ~か、部外者がなんで普通に部室に入って来て

我が物顔でアドバイスしてんだよと言いたいところですけど、

まりあちゃんってほぼ準部員みたいなものですからねえ。

さてアドバイスを貰ったみずきちゃんですけど、

当然中二病的な言葉で言われても当然意味が分かりません。

そこにやって来るおたくの同志すばるw

すばるはまりあちゃんの言葉をすぐに理解し、

それをわかりやすくみずきちゃんに教えてあげます。

二人だけで意味が通じる言葉。

アドバイスを貰った立ち場ですけど

みずきちゃんとしてはちょっと面白くない課もしれませんね。

顔には全然出てなかったけど。

デザインが決まったことで

空き缶アートの制作開始です。

でも最初は、

空き缶のプルタブ外して、

水洗い、

それを屋上で天日干しにして乾かすという

作業の繰り返し。

部長でなくても嫌になります。

しかし他の部員たちが根気よく頑張ったおかげで

どんどん空き缶アートの製作が進みます。

でも順調に進めば進むほど、

何か問題が起こるのが日常系アニメのお約束。

案の定、

空き缶を保管庫から運んでいたまりあちゃんが

中二病的な言動で某先生に説明した結果、

空き缶アートに使う空き缶を廃棄物を誤認させて

すべてゴミに出されるてしまうという事態に。

空き缶アートを完成させるにはあと200本は必要。

月社祭まであと3日。

学校内で200本集めるのは至難の業です。

万策尽きた。

そんな言葉が部員たちの頭をよぎったかもしれません。

でもここで部長が良いアイディアを出してきます。

それは学外のスーパーから安く缶ジュースなどを購入して、

それを儲け無しで学校内で売る。

その結果学校産の空き缶がたくさんに出て

残り200本の空き缶も余裕で調達できると。

しかしそこまで学校産の空き缶にこだわる必要あるのですかねえ。

別に空き缶に印が付く訳でもないのに。

クラスなどの展示で使う段ボールとかは

普通学外で調達するでしょうし、

また空き缶アートの中身に使っている針金だって

どうせ学外で購入したものでしょうに。

あと学校で売買するのはどうかな?とも思いますけど、

営利目的ではないのでいいのでしょうねえ。

だって夢子先生もそれに賛同して

売り子しましたし。

しかし売り子をするために

演劇部から借りた衣装に着替えた

みずきちゃんたち可愛いですねえ。

まあ、衣装のせいで

みずきちゃんとまりあちゃんの絶対的な格差(胸の)が

改めて明らかになりましたけどw

缶ジュースを売っている場面では

いろいろなキャラ(萌香ちゃん母子など)が総登場し、

また挿入歌がかかりラストスパートです。

最終的に空き缶も集まり、

夜も遅くまで頑張った結果、

空き缶アートは完成。

でもそこで最後のオチがw

そして月社祭の様子をデジカメで見る

みずきちゃんママのカットで今回は終了。

今回も安定して面白かったです。

でも次回はとうとう最終回。

名残惜しいですけど仕方ありません。

最終回も楽しみに待っております。

今回のまとめ三行

・空き缶アートの展示を夢子先生が思いつく

・空き缶が足りなくなって大ピンチ

・空き缶アートを展示して万事上手く行く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする