【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第24回の感想 「あいつチーター」

 

感想(ネタバレあり)

今回は久しぶりにエチュードありましたけど、近年稀にみるグダグダです。つ~か、島崎さんにあのテーマはきつかったかもしれませんね。

だってエチュードの設定に出ていた作品に出演されていますから。

最終的には堪えきれずに「沢城さん助けて」という絶叫と共に逃亡。

これはあの作品の峰不二子役が沢城みゆきさんで、沢城さんはSAOでもシオン役で出演しているし、島崎さんと沢城さんは一緒に事務所所属。これらがあったのであえて沢城さんの名前を出したのだと思います。

 

ただせっかくなら銭形警部をやっている山寺宏一さんはSAOでも重要な役で出演しているので、そこは「助けて山寺さん」と言った方が良かったかもしれませんね。

 

 

前回第23回の感想記事はこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第23回の感想 「フラクトライトのコーナーに新キャラ登場したけど」

 

前回はフラクトライトのコーナーに新キャラタクヤが登場してさらに面白くなりそうな感じになったのに、残念がながらフラクトライトのコーナーは次回で最終回らしいです。

 

 

スポンサーリンク

今回の禁忌目録は声優の名前をフルネームで

今回の禁忌目録は第2章。

そして内容は「声優の名前を言う時はフルネームで言わなければならない」というもの。

これを聞いた松岡さん、すぐに「無理だね」と白旗を揚げ、さらにこの禁忌目録を送ってきたリスナーさんに対して「おめえの頭にフィニッシュバスター喰らわしてやる」と言ってしまいます。

もちろん冗談半分で言っているのですけど、松岡さんでなくてもこのテーマには頭を抱えるでしょうね。

 

先輩とかならいいですけど、自分もフルネームで言わなければいけませんからね。自分をフルネームで言うって木っ端ずかしくなるでしょうし、言い慣れてないから噛む可能性大。

そういえば松岡さん、昔オーディションで自分のフルネームを言う時、よく噛んでいたそうです。

そしてそれを聞きすかさず自分も噛むと言う島崎さん。フォローするのが早いし上手い。さすが松岡さんの親友だわと思いました。

 

22話の振り返りから自分の好きなキャラのタイプのお話へ

 

今回の振り返りは22話。

22話はチュデルキンとアドミニストレータが印象深かったようで、松岡さんも島崎さんもこれらのキャラの話をされています。

 

しかし松岡さんの口から「あいつチーター」という言葉が飛び出すとは予想外でした。でも確かにアドミニストレータはチーターですよね。

ビ―ターと呼ばれたキリトの中の人が、違うキャラをチーターと呼ぶのは何か感慨深いものがありますわ。

 

それ以外にもアドミニストレータを「ハイパー自己中」と呼んだり、松岡さん的にはかなりアドミニストレータに反感を持っているようです。

まあ、確かにいろいろなことの元凶ですからね。いくらアンダーワールドの秩序を守るためとは言え。

 

その一方松岡さんは蜘蛛のシャーロットにかなり感情移入されたようです。ご自身は蜘蛛が苦手と言ってましたが、あの健気というかユージオを守るために体をはったシーンを見たら誰だって印象よくなりますわ。

 

 

振り返りが一通り終わったところでリスナーさんからのメールを読むことなりますが、話は松岡さんと島崎さんの好きなキャラのタイプの話に。

 

島崎さんは幼馴染とか普通の良い子がタイプとのことです。いわゆるハーレムもので絶対に主人公と結ばれないキャラですが、島崎さん的には好むとのこと。

 

一方の松岡さんは現実では違うけどと最初に断りを入れてから、「影があるタイプ」と言い、具体的なキャラの名前を言ってしまいます。

 

さすがにちょっとぼかそうとしてましたが、話を総合すると松岡さんの好みのキャラは「Memories Off」に登場する双海詩音のようです。

 

 

 

コンビネーションはばっちりで親友に戻れた?

 

今回のコーナーはコンビネーションはばっちり。

前回顔見知りにまで落ちたお二人が頑張って関係性を戻そうとしますが、今回は一進一退。

ほとんどの質問が2択でしたが正解と間違いを繰り返し中々関係性が戻りません。さすがに見かねた放送作家さんが助け船をだし、最終的には親友でフィニッシュ。

 

何はともあれ親友に戻れて良かったです。

なおこのコーナーの中で、最近松岡さんがハマっているユーチューバーが「ダイナ四」さんであること、さらに松岡さんのことを島崎さんが「よっしー」と呼んでいたことなどが明らかに。

是非ファンの方はこのコーナーだけでも聞きましょう。

 

終わりに

 

今回はエチュードもあったのでいつもより長かったです。長いと得した気分になりますね。お二人は大変でしょうけど。

 

そういえば今回のインフォメーションのコーナーで松岡さんが下ネタまがいのことを言ってます。まあ男性声優がやっているラジオなので、そういう話も時にはいいですけど、インフォメーションのコーナーで言っちゃうとはw

 

また「(アリスの方が)アスナよりいい」と言っちゃってるし。まあその後しっかりとフォローしてましたが。

 

お二人がいろいろ好き勝手話すのもこのラジオの魅力。次回もどんどん危ない話をして欲しいですわ。

 

次回第25回の感想記事はこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第25回の感想 「アドミニストレータ役の坂本真綾さんの演技がヤバい(良い意味で)」