91Days 第9話「黒ずんだ野望」の感想  「黒幕がようやく姿を現した?」

cf

感想(ネタバレあり)

前回逆上してあのファンゴを殺ってしまったコルテオ。

当然ファンゴファミリーから追われる立ち場になることでしょう。

果たしてコルテオの運命は・・・

黒幕(4人目の犯人?)がようやく表に出てくる?

列車でローレスの街からの逃亡を企てたコルテオですけど、

列車に乗りこむ寸前、

網を張っていたヴァネッティファミリーにとッ捕まります。

あれ?

どうしてヴァネッティファミリーに捕まる?と思ったら、

どうやらコルテオが裏切って

ファンゴに情報を流していたことがバレたみたい。

前回その情報を基に

ファンゴはネロを暗殺しようとしていましたから、

ヴァネッティファミリーがコルテオを許さないのは当然。

でもこれはアヴィリオにとってまずいことになります。

だってコルテオはアヴィリオが親の仇として、

ネロやヴィンセントの命を狙っていることを知っていますからねぇ。

もしコルテオがゲロったら、

アヴィリオも一巻の終わり。

すべてパアになってしまいます。

そんなこと顔に出さずに平然としてますけど、

内心ドキドキでしょうねえ。

ネロを気に入っているガンゾの叔父貴は

これまでの尋問は生温いと言い出し、

自分自身でコルテオを取り調べるようです。

「ファンゴと何を企んでいた」

とガンゾは言い放ちますけど、

この時点で判明していることって

コルテオがネロの情報流していたことだけでしょ?

どうしてファンゴと共謀して何か企んでいたことまで

知ってるの?

まあそれはいいとして、

どうやらファンゴが死んで

ファンゴファミリーは崩壊手前のようです。

オルコ、ファンゴと短期間でドンを失ったのですから

仕方ないのかもしれませんが、

ヴァネッティファミリーとしては

勢力伸張のチャンス到来ですわ。

夜、

ヴァネッティファミリーの屋敷に忍び込むアヴィリオ。

バレないように忍び込んでいる時点で

コルテオを逃亡させるために来たのでしょうねえ。

まあ、口封じに来た可能性もありますけど、

直前までチェロットから

コルテオがファンゴと組んでネロを命を狙っていたことを聞いていたので、

おそらく幼馴染の救出のためだと思います。

しかしアヴィリオが何かする前に

コルテオが幽閉されているガレージから銃声が。

何とコルテオが逃亡したのです。

丁度居合わせたガンゾによると

オルコファミリーから流れてきた奴が

ガンゾに銃をつきつけてきた隙に

コルテオが逃げたそうです。

でもコルテオって縄で縛られていましたよね。

それにコルテオの運動神経から考えても

窓を打ち破って逃亡したというのもちょっと・・・

コルテオをローレスの街の外に逃がさないため、

ヴァネッティファミリーは街の出入り口に警戒網を敷き、

同時に街のあちこちにマシンガンを持った下っ端を配置します。

でもいくら拳銃持つことが憲法上の権利として認められるアメリカでも

マシンガンを街中で普通に構えているのはいかんでしょ。

警察何やってんのと思わずにはいられません。

自分の部屋に帰ってきたアヴィリオの元にコルテオから電話が。

コルテオは、

「僕は殺される、君がネロを殺さないと」

「明日またこの時間に電話する。その時までにネロが死んでないと僕の命はない」

と。

そしてコルテオの背後にはコルテオに拳銃を向ける男が。

コルテオは最後に

「あの手紙の送り主は・・・」

と言って電話が切れてしまいます。

おそらくコルテオは

アヴィリオに手紙を送った男に捕まっているのでしょう。

そしてその男はネロの死を待ち望んでいる。

アヴィリオはどうするつもりでしょうか?

次の日、

ネロはヴィンセントから正式に

ヴァネッティファミリーのドンの地位を譲られます。

これで名実ともにヴァネッティファミリーはネロのもの。

ネロは自分に従ってくれた

バルべロとアヴィリオを重用するようです。

そしてようやくアヴィリオはヴィンセントと対面します。

明らかに憎しみが顔に出てますけど、

ヴィンセントはそんなアヴィリオにネロをことを頼みます。

でもヴィンセントの後ろにいた厳ついおっさんは

アヴィリオを睨んでいたようですけど。

さてドンとなったネロは

ローレスヘブンをガラシアファミリーの本拠であるシカゴでも

販売するつもりのようです。

でもさすがにガラシアファミリーの縄張りで勝手に販売したら

後々問題になるので、

ネロはガラシアファミリーにアヴィリオを派遣して説明させるみたい。

これはかなりの大きな仕事です。

ネロがアヴィリオを信頼している証にもなりますね。

どうやらガンゾもアヴィリオを気に入って

後押ししたようですし・・・

夜、

ドンとなったネロは

アヴィリオとティグレと一緒に酒を酌み交わします。

そこでアヴィリオはヴィンセントの後ろにいた

厳ついおっさんのことをネロに聞きます。

たぶんアヴィリオはあのおっさんが4人目の犯人で

手紙を送った奴だと踏んでいるのでしょう。

ネロ曰く、

あのおっさんの名前はデルトロ。

WW1の時からヴィンセントの部下だった男だが、

丁度7年前、

アヴィリオの家族を襲撃した時は刑務所入っていて

襲撃に加担していないそうです。

つまり思わせぶりなだけで

全く関係なかったという訳です。

さてティグレがトイレに行ったので

部屋にいるのはアヴィリオとネロだけ。

そしてアヴィリオの目の前には

牛肉の塊に刺さっているナイフが。

ネロを殺るならこの時を置いてないでしょう。

さあ、アヴィリオは・・・

その後チェロットの店によって

チェロットに何か渡した後、

アヴィリオはある家に向かいます。

時間をしっかり確認してドアをノックし中に入ると

そこには拳銃を構えたあの男が。

ですよねえ。

だってあからさまですもん。

ということはコイツが4人目の男で

アヴィリオに手紙を送った奴なの?

個人的にはまだあと1回ぐらい

どんでん返しがありそうな気がしますねぇ。

例えばホントの黒幕はバルべロだったとか、

ヴィンセントに屈折した感情を持っていたネロがすべて仕組んでいたとか、

ああ、考えだすとすべての人間が怪しく見えてきてしまいます。

早く続きが見たいわ。

今回のまとめ三行

・コルテオがヴァネッティファミリーに捕まる

・ネロがヴァネッティファミリーのドンに就任

・アヴィリオが黒幕と対峙?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする