【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第23回の感想 「フラクトライトのコーナーに新キャラ登場したけど」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

今回はラップ調で始まりました。松岡さんのラップって懐かしいですね。SAOのCMが思い出されますわ。

毎回放送作家さんといろいろ案を出しているのでしょうかねぇ。リスナーとしては頭が下がる思いです。

 

 

 

さて今回、フラクトライトのコーナーに新キャラが登場します。その名はタクヤ。魔王とも仲良くできそうで、よく笑い、そして背が高いタクヤって一体?

でもフラクトライトのコーナーは次回で最終回なんですよね。タクヤ氏登場が遅すぎましたわ。

 

 

前回22回の感想記事はこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第22回の感想 「デスって言い過ぎ」

 

最近島崎さんが松岡さんの発言を引き出そうするパターン多過ぎ。

 

 

スポンサーリンク

禁忌目録がヤバそうだったけどそうでもなかった件

 

前述したようにラップ調で禁忌目録が発表されました。内容は「2つの言葉が連続した擬音を使ってはいけない」というもの。

 

具体例としてお二人が挙げたのが「パタパタ」や「バチバチ」や「ドキドキ」。無意識のうちに使ってしまいそうな言葉が多いですね。

 

松岡さんは最近抵触していないからとちょっと自信満々ですが。

 

まあ結論を書くと、今回も禁忌目録に抵触することなくクリアとなりました。う~ん、エチュードが好きな私としてはちょっと残念。

 

ただ島崎さんの「心がピョンピョン」が聞けたからそれはそれで満足かも。

 

21話の振り返り「ユージオは色欲に負けたのではなく、愛に飢えただけ」

 

アニメ21話の振り返りです。

21話はAパートはキリトVSユージオのバトル。そしてその際のキリトのセリフに関して松岡さんが迷ったことをお話されます。

 

確かにあの場面では「ユージオ何で?」というセリフのニュアンスは難しいですよね。ストーリー的な意味合いで考えるのか?それとも視聴者のことを考えたニュアンスでやるべきなのか?

 

小さいことかもしれませんけど、そういう小さいことで視聴者のシーンに対する印象が変わってくるので。

ホント役者さんって大変ですね。今回の話を聞いてそう思いました。

 

また今回はアドさんとユージオに関して松岡さんが「アドさんへの認識を改めて欲しいところがある」と仰ってました。

 

19話でユージオがアドさんに落ちるのですけど、そこの場面でやったかどうかについて。

松岡さん曰く、アドさんの性格を考えれば、例え相手が美少年のユージオ相手でもシンメトリカルドッキングはしないだろうと。

 

ここは中々判断が難しいところですねえ。確かにあの場面どっちにもとれますもん。

ユージオは色欲ではなく、愛に飢えていたからこそアドさんに付け込まれたのは確実です。でもだったらどうしてアドさんは裸になったのでしょうか?

そこは整合性がちょっと取れないのですよね。

 

まあそこから話はユージオがチャラ男だったら?という方向へ。

チャラいユージオは見たくありませんわ。

 

 

フラクトライトに新キャラ登場したけど次回最終回なんですわ

 

久しぶりのフラクトライトのコーナーです。

今回は新キャラが登場しました。その名はタクヤ。もちろんタクヤと言ったら、松岡さんと同い年で虹色デイズで共演したあの方ですよねえ。

 

まあ後で島崎さんが江口って苗字言ってしまってましたけど。

それにしてもここで新キャラ登場で、それが江口さんって。これで益々リゼロ色が強くなりました。

スバル、ユリウス、そしてペテ公が揃い踏みですから。

ただこのコーナーたぶん次回で最終回なんですよね。さらに言うと最後の敵倒した後のような設定なのでタクヤが登場しない可能性大。

 

せっかく登場したのに遅きに失したって感じですわ。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

アニメの前半も残り3話。そろそろ折り返しですが、ラジオはどうなるのでしょうかねえ。

フラクトライトのコーナーも次回最終回のようなので、コーナーがすべて刷新される可能性があります。

またはラジオもアニメと一緒に一時終了するという可能性もゼロではありません。

できればアニメが再開するまでラジオの方だけでも続けて欲しいですけど。

 

まあ今月中にはアナウンスがあると思うのでそれを待ちましょう。