【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第22回の感想 「デスって言い過ぎ」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はSAOの話があり、松岡さんと島崎さんが2日連続一緒に食事をした話ありと盛りだくさん。

そしてなぜか空前の「デス」祭りに。どうしてこうなった?

 

 

前回第21回の感想記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第21回の感想 「今回はパワーワード連発?」

 

前回はパワーワードの連発。個人的には「松岡ハンバーグには勝てない」がツボでしたわ。

 

スポンサーリンク

今回の禁忌目録は結構厳しい感じだったけどセーフだった?

 

今回の禁忌目録は「ラジオの収録中、地面に足をつけてはいけない(第2章)」というもの。

 

これは結構厳しいですよね。イスの高さにもよりますが、絶対に足はついちゃうでしょ。

でもこのラジオのスタッフは優しいです。何と一脚づつイスを追加してくれえるのですから。

 

イスが二つになった松岡さん、どうやらメヒョウのポーズをしているみたいです。さすが松岡さん、自然とそういうポーズになるなんて。

 

ただポーズよりも笑いを誘ったのは、禁忌目録を発表時に島崎さんから始めた老夫婦のコントの方だったかも。

 

何の前振りもなく、おばあちゃんのような声と演技をはじめた島崎さん。すぐに松岡さんも察したらしく、松岡さんはおじいちゃんの声と演技に。

そこからはまさにグダグダと言う言葉がぴったりの状態に。まさにドリフの見て育った40代以降の方なら、土曜日や火曜日に見た感じのコントが繰り広げられます。

 

もしかしてこれをやったので、禁忌目録を破ってないと判定されてエチュードを番組終わりにしなかったのかも。

 

 

20話の振り返りで飛び出した松岡さんと島崎さんの怒られたい願望

 

今回の振り返りは20話。

いよいよ整合騎士となったユージオがキリトの前に立ちはだかる話です。

 

松岡さん的には当然原作を読んでるので、こうなる日が来るのはわかってたとおっしゃってました。

そして20話のラストがああいう終わり方だったので、次の収録の時にまたあのテンションに戻すのが大変だったとも。

 

またキリトのあるセリフを吐いた時に過去に同じようなセリフを言ったことが蘇り、それを踏まえた言い方になったとのこと。

やっぱり長く演じることで、キリトの過去の発言がリフレインするのでしょうね。

キリトと一緒に声優として成長したと以前言ってた松岡さんらしい発言ですわ。

 

さてその後、アリスの眼帯似合うという話から島崎さんと松岡さんで意見が分かれる話へ。

島崎さん的にはツーベルク(幼馴染のアリス)、松岡さん的にはシンセサスサーティ(整合騎士のアリス)に叱られたいと思っているそうなのです。

 

松岡さん的には勝手にシチュが出来上がっているようで、アリスに怒られたら「美味しいご飯を作ってご機嫌をとりたい」と言い出し、アリスも料理が上手というツッコミが入ると、「寝る前にマッサージしたい」というちょっとヤバめな方向へ。

 

案外松岡さんってドMなのかもしれませんね。

どっかの作品のダグネスさんと気が合うのかもw

 

2日連続で松岡さんと島崎さんがご飯を一緒に食べた話

 

リスナーさんのメールから、松岡さんと島崎さんが2日連続で一緒にご飯を食べた話が始まりました。

 

この辺は実際に聴いた方がいいと思うので、概略だけ書きます。

 

1日目:アイム会で行ったことがある鉄板焼き屋に2人で行くが店を間違える

2日目:タクシーの中とバーのカウンターで寝てしまう松岡さん

 

簡単に書けばこんな感じです。どうしてそうなったのか、詳しい話は是非ラジオをお聞きください。

 

 

YouTubeの方は結構長い期間聞けるようなので。

 

 

コンビネーションはバラバラでシンセサイズされちゃった

 

今回のコーナーはコンビネーションはばっちりのコーナー。

なぜか島崎さんが松岡さんに「デス」を言ってもらいたくて、何度もデスを言い続けて、根負けした松岡さんが本家本元の「デス」を披露します。

 

コラボなどで主人公のスバル以上に出演する機会があるペテ公。松岡さん的にも声がバッチリとできているのでしょう。

それは素晴らしい「デス」を聞くことができましたわ。

 

さて肝心のコーナーの方ですが、3問中1問正解と散々。

問題の中で松岡さんがじゃんけんについて「自分は呪いを掛けられている」と言い出し、ノゲファン大歓喜するところもありましたが、コンビ―ネーションは全然ばっちりではありません。

 

その結果、知人から顔見知りへ転落して、さらにアニメのストーリーに合わせて、島崎さんがシンセサイズされた設定にw

これならぎこちない会話でも違和感ありませんわ…なんてことがあるかい。

 

是非次回か次々回ぐらいにリベンジして欲しいですわ。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

何か今日のエンディングはいつも以上にたんぱくでしたね。いつもはもっとワチャワチャするイメージでしたが。

 

次回アニメ本編はドシリアスな展開。きっとラジオでも裏話などが聞けると思います。

次回も楽しみですわ。

 

次回第23回の感想記事へはこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第23回の感想 「フラクトライトのコーナーに新キャラ登場したけど」