NEW GAME! 第8話「夏休みだぁああ!!」の感想 「大学生にもなってちゃんと謝罪できないのはちょっと・・・」

cc1

感想(ネタバレあり)

今回は夏休みのバイトとして

青葉の親友ねねっちがイーグルジャンプにやってくるお話です。

でもいくら大学1年生とはいっても

ねねっちには問題多すぎです。

スポンサーリンク

間違ったことしたら謝罪するのが当たり前の行動

待ちに待った夏休み。

ねねっちとしては親友である青葉と一緒に遊ぼうと考えていたのでしょうけど

青葉はもう社会人。

大学生並みの夏休みが取れる訳ありません。

テレビとかを見ると

帯番組をやっている芸能人がよく1週間くらい夏休みを取りますけど、

普通のサラリーマンが1週間も夏休みを取るのは無理。

新人ならせいぜいお盆休み3日ぐらいでしょうか。

まあ日本みたいに休暇取りにくいのがそもそもの問題ですけど、

大学も休み長すぎな感じがします。

小学生や中学生より長い2ヶ月って。

あ~あ、私も夏休み欲しい。

さて青葉と一緒に遊べないことを理解したねねっち。

そんなねねっちの目に飛び込んだのは

ゲームメーカーのデバッカー募集の求人チラシ。

当然ねねっちは・・・。

デバッカーのお仕事1日目。

ねねっち最初から遅刻。

早速デバッカー担当をやらされているうみこさんに

目を付けられます。

でもうみこさんじゃなくても普通に目を付けるでしょうねぇ。

・話している途中で飛び跳ねる

・言葉遣い

・勝手に持ち場を離れる

・アルバイトが入っていけない正社員のブースに入る

・正社員(青葉)と社内で馴れ馴れしくする

など。

もう初日にクビにしても問題無いぐらいのことやってます。

これでクビにしないのですから

意外とうみこさん忍耐強いですね。

まあここまでもダメダメでしたけど、

今回一番ダメだったのはやっぱりコウさんのプリンを勝手に食べたのに

結局直接謝らなかったことです。

誰にだって間違いがあります。

会社の冷蔵庫に入っているものを間違って勝手に食べてしまうことも

ありえないことではありません。

(まあ通常は確認してから食べるのが普通ですけど)。

いろいろあって謝るタイミングを逃したの確かでしょう。

しかしそれでも謝るが一般人です。

ましてねねっちはアルバイト、

素直に謝れば許してくれる可能性が大だったのです。

たかがプリン一個、

せいぜい100円前後ですけど

そのプリンを失ったことで

コウさんのやる気スイッチが消失する可能性だったあったのです。

そしたら会社は大損失。

大学生といってももう18歳。

しっかりと謝ってほしかったです。

そしてこの部分は原則の通りかもしれませんけど

アニメ化する時点でしっかり謝る描写にして欲しかったです。

ここまでねねっちのことを悪しざまに書きましたけど、

ねねっちにももちろん良いところはあります。

いろいろ問題行動を起こしていますけど、

仕事には真摯に向かい合っているようで、

デバッカーとしてバグの報告をする以外に

過去のシリーズと対比して気付いたことを報告書に書くところなんかは

メーカーとしては助かると思います。

実際企画の人は感謝しているとうみこさんが言っていましたし。

でもそれで相殺できる訳ではありません。

まだ次週もねねっちはイーグルジャンプにいるようですので

このアルバイト中に常識というものを身に付けて欲しいものです。

何か今回はねねっちに対する辛辣な意見ばかりになってしまいましたね。

今回のまとめ三行

・ねねっちがイーグルジャンプでアルバイト

・ねねっちがコウさんのプリンを食べてしまってさあ大変

・直接謝らずうやむやに終わってしまったのが残念

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする