【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第17回の感想 「怪盗と新米刑事のセリフの掛け合いが面白い」

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は禁忌目録に違反しちゃったのでエチュードありです。

 

そしてエチュードの題材は怪盗と新米刑事。怪盗がSAOアリシゼ―ションの1巻を盗んでいくというシチュです。個人的には怪盗と新米刑事の配役は逆の方がよかったですね。

 

某有名アニメと配役被ってしまいますけど、そっちの方がしっくりくるので。

 

 

前回第16回の感想を読みたい方はこちらからどうぞ。

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第16回の感想 「年末の旅行で絶望を味わった方がいるらしい」
今回は松岡さんと島崎さんが他の声優さんたちと年末に旅行に行った話や円盤1巻の特典CDの話など興味深い話をいっぱい聞けました。

 

前回は松岡さんが島崎さん達との旅行で大変な目に合ったことを話されていました。まさか1人部屋の松岡さんが時間を守って、2人部屋だった他の人たちが寝坊するとは。

 

 

スポンサーリンク

禁忌目録は「一人称を自分の名前にする」

 

今回の禁忌目録は第2章ということで、今回限り守ればいいことになります。そして内容は「一人称を自分の名前にする」というもの。

 

具体的には俺とか僕の代わりに「禎丞」や「信長」と言わなければいけないということです。この内容を聞いた松岡さん、明らかに頭を抱えたような声を出してしまいます。

 

確かに難しいですよね。あえて一人称を使わないという手もありますが、結構自然に出てしまいますからね。

 

あと松岡さん、自分の名前だとカマっぽくなってしまうと仰ってました。自分の名前だと話の最後のイントネーションを上げたくなるので、そこを指してカマっぽくと言っているのでしょうね。

 

まあ、この手の難しい禁忌目録の場合、二人が守れる訳もなく、呆気なく違反してしまいエチュード決定です。

 

 

スポンサーリンク

アニメ15話と16話の振り返り

 

いつものように振り返りもありましたよ。

 

まずは15話から。松岡さん曰く、ファナティオさんの攻撃がヤバいと。確かにあんな攻撃まともに食らったら消し炭どころか何も残らない感じがします。まさに松岡さんが言った通り〇―ラレイですw

 

ファナティオさんの神器は元々鏡から作っているので、ソー〇レイっていうのその通りですわ。

 

 

16話の振り返りの方では、昇降ちゃんの話に。あの仕事を100年以上も淡々を続けるとは並みの精神力ではありません。常人ならば心がどっかで折れてますよね。そしてその話から松岡さんは、

 

「塔なんて見栄張って高くするもんじゃない」

 

と結論付けてました。

まあ、塔が高くなければ昇降盤なんていらないし、昇降ちゃんもあの仕事をしなくてもよかったはずなので、結論しては間違ってないかも。

 

15話と16話の振り返りが終わりリスナーさんからのメールを読むことになりますが、そこでコラボカフェの話に。

 

松岡さんと島崎さんは1期放送時のコラボカフェに行った話で盛り上がります。その当時、島崎さんはSAOと何ら関係がなかったはずなのに、一緒に行ってあげるなんてホント友達思いですわ。

 

スポンサーリンク

コンビネーションは一応バッチリだった

 

今回もありました。コンビネーションはバッチリのコーナー。今回は1勝1敗で友人から変わらず。2問連続正解しないと上昇しないので、なかなか上にいけませんね。

 

さて今回の問題は次の2つでした。

 

  1. 松岡さんが一軒家を建てる場合、拘りたい部屋は?
  2. 島崎さんがお店をやるとしたら?

 

1問目は島崎さんが松岡さんの答えを予想しなければいけません。ただ難しいですよね。こんな話を普通することないでしょうし。でも島崎さんは当てに行きました。

 

島崎さんの示した答えは「台所」

 

松岡さんの料理上手なところに注目した良い答えです。しかし不正解。

 

松岡さんの答えは「ガレージ」だったのです。この後島崎さんから「まだ免許ないじゃん」とツッコまれてましたが、ガレージは一軒家じゃないと作れませんからね。

 

2問目は松岡さんが正解したことで、前述した通り1勝1敗で友人から変わらず。友人を維持できただけでもエライと思います。

 

 

スポンサーリンク

エチュードの最後はグダグダに

 

冒頭に記述した通り、今回のエチュードは「怪盗と新米刑事」。

 

怪盗ジョーカーやグラブルで怪盗のキャラを演じている松岡さん、またルパンで刑事役を演じた島崎さん。二人のこれまでの経験を考えると怪盗=松岡さん、刑事=島崎さんの方がしっくりくると思いますが、実際の配役は逆に。

 

あえてそれらの作品に引きづられない様に配役を逆にしたのでしょうね。まあ、このラジオの場合、他の作品のことをどんどん出しているので、今更気を使う必要はないような気もしますけど。

 

実際聞いてみると松岡さんの刑事も島崎さんの怪盗もどっちも上手かったです。特に島崎さんの方は怪盗っぽく大げさな演技がよかったですわ。

 

あと「国とノブ」どっちを選ぶ?や「国の犬」発言には笑いましたわ。そういうセリフが次々に出てくる当たりがヤバいというか凄いです。

 

ただ島崎さんが去った後、一人で〆なければいけない松岡さんがグダグタに。まあ、この内容だとなかなか上手い〆方ないから仕方なかったのかもしれませんが。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

アニメも見逃せませんけど、このラジオも逃せません。

 

 

 

 

音泉またはYouTubeで是非聞くことをお勧めします。