この美術部には問題がある!第7話「はじめての共同作業・・・?/マスター伊万莉」の感想

v1i

感想(ネタバレあり)

今回も2本立て。

2本といってもいつもは相互に関係している話が多かったですけど、

今回はそれぞれ独立したお話です。

スポンサーリンク

みずきさん、妄想で部室の温度を上げるのは止めてください

まずが1本目。

夢子先生から

次の絵画コンクールに出品するように

言われるみずきちゃんとすばる。

決めのセリフいうところで噛んでしまう

夢子先生可愛いです。

しかし夢子先生、

部長とコレットちゃんには出品するように

言わないのでしょうかねえ。

夢子先生は

既にあの2人を戦力外と判断しているのかも・・・

日頃の行い考えればそう判断するのも間違っていませんけどw

https://twitter.com/konobi_anime/status/767044627136327681

出品するように言われた

みずきちゃんとすばるですけど、

すばるは出品に消極的。

前回は部長とすばるが

みずきちゃんの絵を台無しにしたので

仕方無く出品。

すばるとしては自分の嫁(萌え絵)は自分だけのもの。

出品して人前に晒すのはもっての外みたいです。

みずきちゃんはここぞとばかりにすばるを煽りますけど、

「他人の評価なんて気にしない」

という確固たるすばるの信念の前になすすべなし。

さすが2次元嫁の旦那です(褒め言葉)。

さてそんな二人の前に

目つきの悪い、

どっかの人気漫画の人気キャラに似ているような

生徒が突っかかってきます。

そいつの煽りにみずきちゃんは

いたくご立腹w

煽られているのすばるなのに・・・

結局煽りに煽られた結果、

どっちが絵画コンクールで評価されるか勝負することになり、

みずきちゃんは

すばるの萌え絵の作成に協力することになります。

https://twitter.com/konobi_anime/status/767044357748731904

次の日の部室。

すばるのシャツをロッカーにしまってあげたみずきちゃん。

そんなみずきちゃんに

「確かに年齢的にお母さんというより、お嫁さんですよね」

という言葉をかけるすばる。

キタ――(゚∀゚)――!!

天然ジゴロ特有の

何気ないけど威力がすごいセリフw

この言葉を聞いた途端、

妄想モードに入るみずきちゃんw

この妄想モードであのテンプレセリフ、

「ごはんにする?お風呂にする?それとも・・・?」

まで飛び出してしまいます。

妄想の連続で部屋の温度を急上昇させるみずきちゃんw

恋する乙女はさすがに凄いですわw

さてみずきちゃんの協力ですばるの萌え絵は完成。

そしてコンクールに出品しますけど、

結果は・・・

まあ結果がどうなったのかはご自身で視聴してください。

2本目。

部室で進路調査票を書くコレットちゃん。

コレットさんの夢は正義の味方になること。

でもその夢をみずきちゃんに馬鹿にされて

コレットちゃん涙目に。

しかし最初にコレットちゃんが

みずきちゃんの将来の夢である「お嫁さん」を

先に笑ったのが原因でしょうに。

涙目のまま部室を飛び出すコレットちゃん。

みずきちゃんに

「宇佐美先輩の一方通行」

という捨てセリフを残してw

うん現在のみずきちゃんのことを端的に表す

良い表現ですねw

部室を飛び出したコレットちゃんは校舎の屋上へ。

でもそこでは前回から登場したまりあちゃんが儀式の真っ最中w

あかん、前回より中二病拗らせているw

出会うべくして出会った2人。

当然コレットちゃんとまりあちゃんは意気投合。

コレットちゃんはまりあちゃんのことを師匠と呼ぶことに。

おいおい、コレットちゃんの中の人的にそこは「マスター」と呼ばせるところだろw

まあ制作会社が違うから自重したのかもしれませんけど。

まりあちゃんはドラクエ5としか思えない例えで

コレットちゃんを元気づけ、

みずきちゃんとの仲直りさせようとします。

そしてコレットちゃんは部室に戻って・・・

まりあちゃん良い人ですね~。

もうメインヒロインは

まりあちゃんでいいんじゃね?

と思ってきますわw

次の日、

コレットちゃんは手や目に包帯巻きつけて部室にやってきます。

あ~あ、完全に中二病に感染しちゃったw

でも可愛いからいいかw

今回はここで終了です。

ホントこの作品は安定して面白いです。

次回も楽しみですね。

今回のまとめ三行

・煽られて絵画コンクールで勝負することに

・みずきちゃんがすばるの萌え絵に全面協力

・コレットちゃんが中二病に感染

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする