【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第16話の感想 「ミリムが押し掛けて来た」

メインタイトル(16話)

転スラ16話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は新ヒロイン(?)のミリムが登場しました

シズとは違い、こっちのヒロインにはリムルも苦労させられますが、後々いてくれてよかったと思うシーンがあるので。

 

前回第15話の感想を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第15話の感想 「新国家の名前はともかく中央都市の名前が」
今回はオーク戦の後始末と新国家の成立がメイン。弱肉強食の世界なのに一番強いはずのリムルが一番苦労することに。なんか可哀想になってきましたわ。

 

前回はオーク戦の後始末+都市作りの話でしたね。

さすがに自分の名前が都市名になるのはリムルでなくても恥ずかしいですわ。

せめて付けるなら死後じゃないと。

 

 

スポンサーリンク

ベスタ―・ガビル・ソーカが仲間に

ガゼル王と立ち合いをした二日後、再びやってきたガゼル王。

彼と一緒にやってきたのは、かつてリムルとカイジンたちと敵対したベスタ―だった。

 

転スラ第16話より引用

 

バトル作品のお約束の1つに、かつての敵やライバルが味方になるというものがあります。

本作はバトル物ではありませんけど、かつて敵対したベスタ―がリムルの元にやってくることになります。

 

リムルやカイジンはいろいろ思うところがあるでしょうけど、ベスタ―の能力は有用ですし、何より改心したのが二人に伝わったのでしょう。

 

まあここで受け入れを拒否するとガゼル王の面目を潰すことになりますからね。

ベスタ―が改心してようがしてないだろうが、政略的に受け入れるしかないのですけど。

 

そしてなぜかついでにガビルたち一党とソーカもリムルの配下に加わります。

 

まあ、父親であるリザードマンの王から追放された以上、他に頼るところがありませんからね。

 

ガビルはともかく、ガビルと行動を共にしたリザードマンたちをほおっておくことは、リムルにはできないでしょう。

 

リムルはガビル一党やソーカに名前を授け、彼らは進化。

特にソーカたちはそのままソウエイの配下に加わり活躍することになります。

 

ガビルも運よく名前の上書きがされて、進化。

ただしなぜか薬草を育てる仕事に。

 

どう見ても左遷というか、厄介払いに見えるのは私だけ?

 

まあ、ガビル本人は一生懸命やっているみたいなのでいいですけど。

 

スポンサーリンク

ミリムやリムルの元にやってきた

強大な魔素を帯びた存在に気付いたリムル。

そしてリムルの前に現れたのは魔王ミリムだった。

 

転スラ第16話より引用

 

さあ、シズさんに続く新しいヒロインが出てきましたよ。

名前はミリム。

職業は魔王です。

 

この世界って魔王が複数いるようですね。

 

一般的には魔王は1人のイメージがありますが、現実世界でも複数の王がいた時代がありましたから、魔王が複数いてもおかしくはありません。

 

まあ魔王たちは仲はそれほど良くない感じですけど。

 

さてリムルの前に現れた魔王ミリム。

リムルは穏便に済ませようとしますが、今回も部下たちが暴走。

やらなくてもいいバトルをすることに。

 

リムルって自分自身が優秀で魔物の使い方も上手いですけど、教育だけはダメですね。

自由放任なのかもしれませんけど、勝手に戦いを挑む癖を治さないと。

 

まあ束になってもミリムに敵う訳ありませんけどね。

そして予想通り、全く歯が立たず、リムルが出張ることに。

 

部下の不始末は上司の責任ですから、ここはリムルがきっちり後始末しなければなりません。

 

ただ大賢者さんの測定で、ミリムの魔素の量はリムルの10倍。

ミリムはまだ本気を出してない状態で10倍の差って…。

 

これまでリムルはガゼル王やオークロードなど強い相手と対峙してきましたけど、ミリムは強さのレベルが違う感じですからね。

 

さあ、リムルはどうする?

と思ったら、リムルが面白い手を使うことに。

 

食べ物で釣るという発想はなかったわ。

 

 

スポンサーリンク

餌付けしたミリムが居付いた

ハチミツを用いてミリムと引き分けに持ち込んでリムル。

ただこの件でリムルに興味をもったミリムはリムルのマブダチになることを宣言し、リムルの元に居着くことに。

 

転スラ第16話より引用

 

 

リムルとすれば、さっさとお引き取り頂きたいところでしょうが、そうは問屋は卸しませんとばかりに、ミリムがリムルの元に居候することになります

 

まあ、リムルが魔王より面白そうなことしているし、さらに美味しいものにもありつけそうなのでうすから。

 

ミリムみたいに強すぎると、相手をできる者が基本いないでしょうからね。

毎日毎日暇でしょうがないでしょう。

だったら、面白そうなリムルの元にいたほうがいいと考えるのも不思議ではありません。

 

ただミリムがよくても、リムルたちにとっては大問題のようです。

 

ミリムが居着くことによって、リムル達はミリムの庇護下に入ったと判断されることになります

 

つまり他の魔王はミリムの勢力が伸長したと判断するでしょう。

同じような地位の者が複数いる場合、足の引っ張り合いをするのがデフォですので、他の魔王たちのおそらく…。

 

ミリムの相手だけでも大変なのに、他の魔王のことも考えなければいけなくなるとは。

一難去ってまた一難、リムルは大変です。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

魔素の量がリムルの10倍のミリム。

それも全力を出してない状態ですからね。

 

リムルが真正面から戦わないで良かったですわ。

ただ餌付けしたために居着くことになって、今度は他の魔王との関係で問題が生じることになるのは皮肉ですが。

 

まあ問題が生じるけど、マスコット兼用心棒ができたと思えば、リムルも少しは現実逃避できるかもしれませんね。

次回第17話の感想記事はこちらからどうぞ。

【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第17話の感想 「オークロードを倒した英雄をでっち上げる」