【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第14話「全てを喰らう者」の感想 「業と一緒に食べちゃった」

スポンサーリンク

転スラタイトル(第1話)

 

 

 

感想(ネタバレあり)

 

さあ、オークロードとの決戦です。

前回は部下が優秀過ぎてやることがなかった

リムルが今回は大活躍してますよ。

 

ただこの1回で

オークとの戦いに決着付くとは

思ってませんでした。

 

あと1回ぐらい使うと

思ってたので。

 

前回第13話の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第13話の感想 「部下が有能すぎてリムルさまの出番なし」
リザードマンとの同盟を締結したリムルたち。ここからリムルの部下たちの大活躍が始まります。まあ、チート級の強さに若干引いちゃいましたけど。

 

オーガたちもランガも

本気出すと怖いということが

よくわかりました。

 

 

スポンサーリンク

ゲルミュットが全部バラしちゃって退場したちゃった

オークロードとの戦いに挑もうとするリムル。

だがそこにゲルミュットが飛んできて…。

 

転スラ第14話より引用

 

さあ、リムルとオークロードとの決戦だ!!

と思ったら、

いきなり邪魔が入りました。

 

自分の計画と違う展開になったことに

焦ったゲルミュットが

飛んできたのです。

 

ゲルミュット参上(転スラ14話)

転スラ14話より引用

 

ゲルミュットの計画では

リザードマンなどを食らい尽くした

オークロードを

魔王種「オークディザスター」に

進化させて

自分が操れる魔王にするというもの。

 

おいおい、

そんな大事なことを

こんなところで喋るかよ。

 

こういう口の軽いところが

小者臭さを醸し出していますよねえ。

 

ただ腐っても魔人。

リザードマンよりも強く、

ガビルのお供を一瞬で

倒すだけの力を持っています。

 

それにしてもこういうことになっても

まだゲルミュットを信じる

ガビルって…。

 

まあそれだけガビルが義理堅いの

かもしれませんけど、

何だかなぁという感じです。

 

だって大事な仲間がやられちゃったん

ですよ。

ここは怒らないと。

 

ただガビルの行動を見たリムルが

ガビルの対する評価を変えたようで

これだとすんなりガビルが

仲間になりそうな気配に。

 

ガビルが仲間になる件は

原作少し改変するかもしれませんね。

 

さてオークロード戦の前に

リムルがゲルミュットと倒しちゃう気配に

なってきましたが、

ここでまさかの行動にオークロードが出ます。

 

 

ある意味、

ゲルミュットの計画通りとなって

ゲルミュットとしては本望だったかも

しれません。

 

その代わり自分は命を失しましたけどね。

 

ゲルミュットを倒し、

その亡骸を食らったオークロード。

 

そして進化してオークディザスターへ。

 

さあ今度こそ決戦です。

 

リムルがオークの業までも喰らいつくす

ゲルミュットを食べたオークロードは魔王種であるオークディザスターに進化。

そしてリムルVSオークディザスターの戦いが今始まる。

 

転スラ第14話より引用

 

オークディザスター。

かなりの難敵だと判断したリムルは

戦闘をすべて大賢者にゆだねます

 

ここは自分で戦うより

大賢者に任せてオート戦闘した方が

良いと判断したのでしょう。

 

この辺は

上に立つ者の器量がよく

現れていますね。

 

優秀な者って

自分で何でもやらないと

気がすまないタイプが多く、

その結果、

周りに迷惑をかけることがよくあります。

 

その点リムルは

現状では戦闘に関して

大賢者の方が上と考えて

全部丸投げする決断をしたのでしょう。

 

ただそれでもオークディザスターを

倒せず。

 

それどころはオークディザスターは

新しいスキルを取得しちゃった。

 

ここに至り

リムルはオート戦闘を止めて

自分でやることを決意。

 

ここで大賢者を労う

リムルはできる子ですわ。

 

自分で戦うことにしたリムルさん。

 

何をやったかと言えば、

リムルの十八番の捕食!!

 

そしてその過程で

なぜオークたちが

他種族を食らいつくそうとしたか

その理由の一端を見ることになります。

 

大干ばつによる食料の減少。

同胞を救うために

あえてゲルミュットの計画に乗った

オークディザスター

 

オークも

苦渋の決断だったのでしょう。

 

悪だと思っていたオーク達。

でもオークにも事情があった。

 

すべて黒白で分けることができるとは

限らないというメッセージ性が

入っているのかもしれませんね。

 

まあ、たぶんこのシーンがあるからこそ、

戦後処理でオーク達に対する処遇も

納得できるのですけど。

 

 

オークディザスターだけでなく、

オーク達すべての業を背負うと伝えるリムル

 

これを聞いてオークディザスターも

心残りは無くなったのでしょうね。

 

捕食完了。

これでオークたちとの戦いも終了です。

 

これで一件落着ですが、

それによって一つの問題が。

 

仲間の仇であるオークを倒す

という目標を達成したことで

ベルマルたちはどうするか?

 

まあここで離れても

すぐにオーガ族を再興できる訳では

ありませんからね。

 

このままリムルの元に

いる方がいいでしょう。

 

まあベニマルがリムルの元から

去ると言ってもシオンやシュナは

納得しないでしょうから。

 

 

終わりに

 

今回はここで終了。

これでオークロードとの

戦いも終わり、次は後始末です。

原作通りだと残ったオーク達を

どうするのか話し合いをすることに

なります。

 

そこでリムルの希望というか

理想が明らかにされ、

それを実現するために

動き出すことになりますが。

 

原作通りになるか、

それとも別のストーリーになるか

次回も楽しみです。

 

まあ普通に原作通り

進むと思いますけどね。