落第騎士の英雄譚第4話「落第騎士Ⅳ」の感想 「ヒロインの激励(?)で勝利する熱い展開いいわ~」

感想(ネタバレあり)

今回は主人公がヒロインの声で覚醒する
ラノベ系のテンプレの回でしたね。

前回登場した桐原は
去年反撃できない一輝をいたぶった性格破綻者で、
いわゆるラノベ系物語に良く出るゲスいキャラです。

その桐原の声をやっているのは、
ラノベ系の主人公の声をたくさんやっている松岡禎丞さん。
松岡さんが桐原のようなゲスいキャラをするのって最近では
珍しいのでそれだけでも声優ファンは大歓喜です。
でも意外にハマっていたから
これからこのタイプの役が増えるかもしれません。
キリトやベル君のような役もいいですけどゲスい役もいいわ。

さて今回のメインは、
公式戦での一輝VS桐原のバトルです。

桐原は自分の姿形を消して
遠距離から矢で一方的に攻撃するという
そのゲスい性格に相応しい(?)嫌らしい攻撃を得意とします。
だから付いた二つ名が「狩人」w
接近戦に特化している一輝には嫌な相手です。

ただ一輝も対策を練っており、
それで桐原の最初の攻撃を跳ね除けますけど、
桐原はさらに上の対策をしており、
一輝は防戦一方・・・というよりは一方的にいたぶられます。
その状態で桐原は嫌味な言葉を言いまくり、
会場も桐原と同じように一輝を嘲笑しまくり。

これはもうダメかと思った瞬間、
メインヒロインのステラさん、
愛の告白ともとれる言葉を一輝にぶつけます。

恥ずかしいホント恥ずかしいですけど、
これで一輝は覚醒・・・というか冷静さを取り戻します。
一輝は耐えることにに慣れ過ぎて
自分が冷静さを失っていることに
気付かなかったのです。
まあ前のシーンでアリスがしっかりとフラグ立てていたので
こうなるのはわかってはいたのですけどw

でもステラの言葉のおかげで冷静さを取り戻し、
形勢は逆転です。

桐原みたいなキャラって逆境に弱く、
一度形勢が逆転したら
一気に差し込まれて負けるのですよね。
今回もそのパターンで、
冷静さを取り戻した一輝の敵では無く、
泣きべそ搔きながら桐原君敗北。
一輝の勝利となりました。

ただ一輝もかなり負傷しており、
そのまま医務室に担ぎ込まれます。

ステラはずっと一輝に付きっきりだったみたいですけど、
ヒロインがよだれを垂らしながら
うたた寝するのはどうでしょうか。
一輝が幻滅したらどうすんだw

まあその後一輝がステラに告白したり、
ステラが一輝のほっぺにチューしたり、
イチャイチャして終わりですw

今回もラノベ系アニメのテンプレをたくさん見れて
お腹いっぱいです。
最後は主人公が勝つだろうと分かっているから、
ある程度主人公がピンチになっても
見れるところは良いですね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・ゲスい桐原の小者感がハンパない
・冷静さを失っている一輝大ピンチ
・ステラの激励で形勢逆転

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする