【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第13回の感想 「ギリギリが楽しい」

SAOラジオタイトル

ソードアート・オンエアーアリシゼ―ション第1回より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回が年内最後の配信らしいです。

まあ年内最後と言っても

1週間お休みして

再来週から再開するらしいですけどね。

 

今回も禁忌目録に抵触しちゃったので

エチュードがありますよ。

 

やはり即興劇は

個性が出て面白いですわ。

 

 

前回第12回の感想を読みたい方は

こちらのリンクをご利用ください。

 

【ラジオ】ソードアート・オンエアー アリシゼーション第12回の感想 「冒頭から反則です」
今回は冒頭からやられました。まさか冒頭からあのキャラの声でやるなんて。あと島崎さんの「デス」でトドメ刺されましたわ。

 

 

前回は冒頭から

松岡さんがペテ公の声真似をして

多くの人がびっくりしたと

思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

今回の禁忌目録も結構厳しい、そして案の定…

 

今回の禁忌目録は第2章。

つまり今回限り守ればいい内容ということ。

 

そして肝心の内容は、

アリスのことを呼ぶ場合、

正式名称である

アリス・シンセシス・サーティ

で呼ばなけばいけない。

 

これは2重の意味で大変です。

 

まずはその読みにくさ

 

普通の人なら

すんなり読みだけで大変。

声優さんはまだ練習しているので

まだマシかもしれませんけど、

それでもさ行の連続で

読みにくいはずです。

 

そしてもう1つが

忘れること

 

松岡さんも島崎さんも

ラジオの中では普通にアリス呼び

ですからね。

 

それに慣れているので

無意識に「アリス」と

呼んでしまう危険があるのです。

 

それを認識していたのでしょう。

島崎さんの提案で、

子供の頃の時を指す場合は

アリス呼びでも可ということに。

 

ただ現状、

子供の時より

整合騎士になった後の方のアリスが

会話に登りやすいので

どこまで有効かわかりませんよね。

 

 

そして案の定、

松岡さんか島崎さんが

見事に禁忌目録を破ってしまいます。

 

当然破ったら

罰ゲームならぬエチュードw

 

今回も番組の最後で

松岡さんと島崎さんによる

エチュードが聴けます。

 

詳しい内容は聞いてもらうとして、

やっぱり即興で考えるので

いろいろ楽しい設定が生まれますね。

 

個人的には、

「ぶんちゃん」と「アレルギー」

という名前が面白かったです。

 

何の名前か気になる方は

是非ラジオ本編をお聞きください。

 

ラジオ本編は

この記事の最初の方に貼った

ツイッターのツイートの中のURLを

クリックすれば、

ラジオのページ

またはYouTubeのページに

飛ぶので、

そこで聞いてください。

 

スポンサーリンク

アニメの振り返りとニコ生の振り返り

 

今回の振り返りは

11話と12話。

 

でもなぜか

リスナーさんからのメールで

丸腰で戦う戦闘術で盛り上がる二人。

その結果、

大塚明夫さん(が演じたキャラは)凄いという

結論に。

 

まあ、誰だってその結論に

なると思いますわ。

特に武器がない丸腰の状態で

戦うなら。

 

武器持って戦うなら

玄田さんが演じたキャラも

凄いのですけど、

丸腰だったらやっぱり大塚明夫さんですね。

 

その後は

カーディナル役の丹下桜さんと

クイネラ役の坂本真綾さんは

凄いという話をしたり、

PV第2弾で採用されていたセリフから

「ギリギリは楽しい」という話をされたり。

 

今回も無料コメンタリーを

聞いているような感じで

興味深かったです。

 

お二人とも

クイネラというか

アドミニストレータのことを

チーター呼びしてましたけど、

たぶん視聴者のほとんどは

同じ意見だと思いますわ。

 

ホント、

アドミニストレータに

キリトたちって勝てるのでしょうかねえ。

よっぽどの犠牲がないと

勝てない気が(フラグ)。

 

 

あとニコ生の感想で

シャンパン飲んで

トイレに行きたくなった話が。

どうやら松岡さんは

トイレに間に合ったようです。

 

ニコ生では

あの後どうなったか

わかりませんでしたけど、

間に合ったと本人の口から聞けて

安心しました。

 

スポンサーリンク

フラクトライトのコーナーは不穏な方向へ

 

振り返りの時間オーバーや

コンビネーションがばっちりの

コーナーの優先とかで、

最近なかったフラクトライトのコーナー。

今回は久々にありました。

 

ただ松岡さんと島崎さんが採用した

メールのために

ちょっと不穏な空気感が漂う

感じになってきました。

 

まあね、

あのメールの中で

一つ選ぶとすれば

確かにあれを選ぶのが普通です。

 

ただ楽しい空気感はなくなり、

重苦しい感じになりそうですけどね。

 

順調に死亡フラグが立ったという

言葉が的を得ていると思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

前述したように

年内の配信は今回で終了。

再開は再来週である1月9日の予定。

 

次週聴けないのは

残念ですが

お休みは1週間だけなので。

 

次回放送を楽しみに待ちましょう。