【アニメ】転スラ(転生したらスライムだった件)第13話の感想 「部下が有能すぎてリムルさまの出番なし」

スポンサーリンク

転スラタイトル(第1話)

転スラ第1話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回からオーク軍との

本格的な戦闘が始まります。

 

ただし今回リムルの出番はほぼなし。

だって部下が強すぎるんだもん。

 

ベニマルも

ハクロウも

シオンも

ソウエイも

ランガも

反則級の強さですわ。

 

まあ全員、

リムルから名前もらったから

こんな化け物みたいな強さに

なったのですけどね。

 

今回一応ガビルの見せ場も

あったけど、

ベニマルたちのインパクトが強すぎて

ガビルの活躍を

覚えている人あんまりいないかも。

 

 

前回第12話の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

転スラ(転生したらスライムだった件)第12話の感想 「またガビルがやらかした」
今回はオークロードとの決戦前のいわゆる溜め回。まあ、ガビルのせいですべて計画がおじゃんになってしまいますが。下手にプライドある奴って本当に面倒ですわ。

 

前回はガビルがクーデター起こして

リザードマンの群れの権力を掌握。

そしてオークに戦いを挑んだ話でした。

 

相手が普通のオークだったら

ガビルの戦法も十分有効だったのですけど。

 

 

スポンサーリンク

リザードマンとの同盟締結!!そして全面支援へ

オークと交戦しているリザードマンがいる。

ソウエイの報告を受けたリムルは、ソウエイにそのリザードマンの救出を命令する。

そのリザードマンは…。

 

転スラ13話より引用

 

ソウエイに救出されたリザードマンは

首領の娘でガビルの妹にあたる子。

 

ガビルと違ってこっちはしっかり

しているようですね。

 

一応首領の娘だからと言って

リザードマンの代表とみなすのは

ちょっと越権過ぎるような気もしますけど、

時間がないから仕方ありません。

 

たぶんリザードマンの助力なしでも

リムルたちなら勝てそうですけど、

味方は多い方が良いという判断かも

しれませんね。

 

さて、その頃ガビルさん。

オーク軍に一撃離脱戦法で打撃を

与えようとしたのはいいのですけど、

オークが味方の死体を食べてさらに

強化されることを知らなかったばかりに

絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。

 

まあ、死体食べてパワーアップするなんて

普通予測できませんからね。

さらにリザードマンの戦士も1体食われ、

そのせいでオーク達は鱗と水かきを獲得。

これでリザードマン同様、

水の中や湿地帯でも自由に動けることに。

 

食べたのは1体でも強化されるのは

オーク全員というのはホントにチートです。

これじゃ味方の犠牲を出せないばかりか

敵を倒してもダメってことになりますからねえ。

 

ガビルたち積んだわ。

 

ガビルさま(転スラ13話)

転スラ13話より引用

 

でもガビルもここで

倒されるわけにはいきません。

丁度現れたオークロードと思われる

オークに対して一騎打ちを挑みます。

 

まあ、このオーク、

オークロードじゃ無くて

オークジェネラルだったのですけどね。

 

まあ、そのオークジェネラル相手でも

ガビルは劣勢。

 

このままだとガビルが負けて

リザードマンも全滅。

 

でもここで救世主が。

 

お約束の展開ですけど、

この展開好きですわ。

 

 

一方別の場所では

トレイニーさんが

ゲルミュットとラプラスを

追い込んでおります。

 

でもそんな術使えるなら

リムルに依頼する前に

単独行動とっていた

ゲルミュットやラプラスを

各個撃破しておけばいいのに

と思ってしまいます。

 

 

チート級のマップ兵器発動!!これもうオークスレイヤーだろ

敗北寸前のガビルの前に現れたゴブタとランガたち。

そして別の場所ではオーガたちの復讐戦が始まる。

 

転スラ13話より引用

 

今回の戦い、

リムル達の部下がどれだけ

チートかよくわかります。

 

オーガ達もランガも

マップ兵器使ってオーク達を瞬殺する姿、

ホントチートです。

 

ランガがスキル発動(転スラ13話)

転スラ13話より引用

 

一方一人だけリムルに別命を受けたソウエイは

リザードマンの首領の救出に向かいますが

こっちはこっちで仕事人みたいな技を使って

強そうなオークを撃破。

 

ソウエイの強さに唖然呆然とする

リザードマンの首領。

原作読んでない視聴者の多くは

画面の前でこんな顔になっていたかも

しれませんね。

 

 

まあこういうチート級の強さは

呆れる一方、

スカッと感を視聴者に

持たらしてくれます。

 

苦戦して苦戦して

最後に勝利するという展開も

嫌いではありませんが、

雑魚相手に無双するシーンの方も

時にはいいですね。

 

 

そういえば書き忘れていましたけど、

今回リムルやゴブタたちは

嵐牙狼に騎乗して移動してました。

いわゆるゴブリンライダーってやつ。

 

ゴブリンライダーご一行さま(転スラ13話)

転スラ13話より引用

 

ゴブリンスレイヤーも視聴している人達は

たぶんこれに反応したことでしょう。

 

明日のニコ生では

転スラとゴブリンスレイヤーが

繋がったとか

書き込む人が続出すると思います。

 

ホントオーク達が

槍衾を使わなくて良かったですわ。

まあ、ゴブスレと違って

こっちのゴブリンライダーは

突撃してないですけどね。

 

 

ほぼ出番なしで終わりそうなリムル

でしたが、

最後の最後で

オークロードを発見します。

 

まあ、真打は最後に

登場って訳ではないでしょうけど、

リムル自身の手で

オークロードに

印籠を渡すつもりのようです。

 

さあ、ようやくリムルの見せ場と

思ったら、

第13話はここで終了です。

 

終わりに

 

今回の感想はこの一言につきます。

リムルの部下たち強すぎ。

 

もうオーガ3人とランガだけで

数万のオーク倒したんじゃね?

 

これ、リムルが戦う必要ないかも

と思えてきますわ。

 

ただオークロードは強いですからねえ。

どっかのゴブリンロードと違って

逃げたりしませんので。

 

次回はオークロードとリムルの

決戦がたぶん描かえると思います。

そして原作通りなら

オークたちの事情も描かれるかも。

 

次回は年明けの放送となります。

次回も楽しみです。