RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第12話(最終話)の感想 「師匠からの最後のミッション」

スポンサーリンク




リリスパタイトル

リリスパ第1話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

本作も今回で最終回。

この終わり方は賛否両論出るでしょうね。

でも個人的には

一番しっくりいく

終わり方だったと思います。

 

続編も作りやすい終わり方ですから。

 

 

前回第11話の感想を見たい方は

こちらからどうぞ。

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第11話の感想 「モウリョウの拠点へ殴り込みだ!!」
捕らえられたモモたち。しかし隙を見て脱出に成功した3人は本部で準備を整え、モウリョウの計画阻止に向かう。そしてモウリョウは最終計画を実行に移す。

 

前回はモウリョウに捕らわれた

弟子組が脱走に成功。

生きていた半蔵門先輩と

合流しモウリョウのアジトに突入。

そしたら本命は

別のところだったというお話です。

 

 

スポンサーリンク

カトリーヌと命の2人で仕組んだ計画

薬剤の散布が始まり、空崎の人々が次々に倒れていく。

モモたち弟子組は文鳥の人が守る薬剤の散布場所に急ぐが…。

 

リリスパ12話より引用

 

 

空崎中に薬剤が広まり、

モウリョウの計画ももう一息で成功。

でも当然邪魔をする者が。

 

それは弟子組、

そして命。

 

はい、やっぱり命さん

ダブルスパイでした

 

命がダブルスパイに(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

どうやらカトリーヌと命の

二人しか知ってなかったらしく、

他のメンバーには誰にも知らせず。

 

まさに敵を騙すにはまず味方から

ということでしょうけど、

視聴者にはバレバレ。

 

まあ、あれだけヒント出したのは

視聴者はわかってね

というサインだったのでしょうね。

 

ただ文鳥の人はすぐに

プランを立て直し。

 

敵が調子に乗って

ペラペラ喋っている間に

味方が逆転を秘策を練るってのが

王道展開なのですが、

まさか味方(命)が

ペラペラしゃべってるうちに

敵が建て直しをするとはw

 

ただ当然、

これはある意味見せ場作り。

 

最後は主人公がしっかりと

決めてくれます。

 

精神攻撃にも負けず、

カエルの助力があったとしても

各上だと思ってた文鳥の人に

勝利してしまったモモ。

 

そして最後はデッカイ花火と爆弾で

発生装置を破壊し

モウリョウの計画は潰えました。

 

そして文鳥の人は塔の上から落下。

さすがにあそこから落ちれば

死ぬと思いますけどねえ。

 

死体を見つけたとか

そういうシーンなどは

ありませんでしたから、

生きている可能性はあるかも。

 

 

半蔵門先輩から最後のミッションを果たすモモ

すべて終わり、日常を楽しむツキカゲの面々。

だがスパイスの効きが悪くなったことを自覚した半蔵門雪はモモにミッションを依頼する。

そのミッションとは…。

 

リリスパ12話より引用

 

 

すべてが終わり、

モウリョウもしばらくは

動けないでしょう。

 

そのうちにという訳では

ないでしょうけど、

ツキカゲのメンバーたちは

日常を楽しみます。

 

初芽と五恵はテレジアを

含めてイチャイチャ。

 

命と楓は

部屋でイチャイチャしようとしたら

命が文鳥の人の文鳥を連れ帰って

楓はプンスカ。

 

そして半蔵門先輩とモモは…。

 

まあこの流れは

覚悟してました。

 

スパイスの効きが悪くなったら

卒業するのがツキカゲの掟ですから。

 

でもまさか半蔵門先輩は

ツキカゲの記憶がキレイさっぱり

消える方を選ぶなんて。

 

藤林師匠のことが

トラウマになって

師匠毎記憶を消し去りたいのかも

しれませんし、

モモが一人立ちするためには

自分がいない方がいいと

考えたのかもしれません。

 

当然モモが泣きじゃくりますが

半蔵門先輩の決意は変わらず。

 

モモと雪(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

そして…。

変に視聴者に媚びたら

ここでカトリーヌみたいに

サポートに回るという

選択肢を選ばせたかもしれませんが

こっちの方が

ストーリー的にいいと思いますわ。

 

ツキカゲも新体制になったという

感じになりますしね。

 

 

師匠となったモモのしごきが始まる

半蔵門雪がツキカゲを離れて9か月。

モモは1人の少女をツキカゲにスカウトする。

新体制となったツキカゲは再び動き出す。

 

リリスパ12話より引用

 

モモも師匠となって

新体制のツキカゲが動き出します。

 

しかしまあ、モモもうだつの上がらないような

自分と同じタイプをスカウトしましたねえ

 

モモと新弟子(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

鍛えがいはあるでしょうけど、

大変だと思いますわ。

 

さて新体制のツキカゲ、

なぜか白虎とテレジアが

シレッと一緒に行動しとるやんw

 

おいおい、

ツキカゲって

6人体制じゃなかったのかよ。

 

ま、まあ、

たぶんカトリーヌと一緒で

白虎とテレジアはサポート

要員なんでしょうね。

そう考えるしか辻褄が合わん。

 

そういえばカトリーヌのお店で

あのドルテさんが働いている姿が

最後の最後で映し出されていました。

 

良かった、

やっぱり生きていた。

 

個人的にはSAO1期見てから

CVはやみんのキャラは

できるだけ生き残って欲しいと

思っているので。

例え敵キャラでも。

 

 

そしてモモと半蔵門雪が

すれ違うシーン。

 

少し笑った雪(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

あれは無意識なのか?

それとも…。

 

まあ、商店街のお婆さんが

ツキカゲの記憶がちょっとだけ

残っているような描写があったので、

もしかしたら…。

 

まあ、その方が含みがあっていいかも

しれませんね。

 

個人的にはスパッと

関係ないようにする方が良かったですが。

 

 

終わりに

 

本作もここで終了です。

うん、

王道展開で進むと思ったら

その逆を入れてきたり

十分楽しめる作品でした。

 

あえて残念だったところを書けば、

商店街の人々を

もうちょっと使って欲しかったです。

 

せっかくモモに近しい人物たちとして

登場させたのに、

ほぼストーリーに絡んでくることがなくて

残念ですわ。

 

まあ尺が決まっているので

仕方ないですけどね。

 

前述したように

個人的には十分楽しめました。

 

作って頂きありがとうございました。

ニコ生の特番の最終回も楽しみにしてます。