【アニメ】青ブタ第11話の感想 「お兄ちゃん大好きっ子のかえでが一歩を踏み出す」

スポンサーリンク




青ブタタイトル(1話)

青ブタ1話より引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回からかえで編スタートです。

咲太の周りで1番最初に

思春期症候群を発病してしまったかえで。

 

咲太の変化に影響されて

かえでも勇気を振り絞りますが

果たして?

 

前回第10話の感想を読みたい方は

こちらをご利用ください。

 

【アニメ】青ブタ第10話の感想 「のどか編これで無事終了と思ったら…」
のどか編も今回がラスト。のどかの桜島先輩へのコンプレックスが最高潮へ。こんな姉を持ったら、のどかでなくても嫉妬しますよ。そしてCパートでは次のお話が端緒が。

 

前回はのどか編のラスト。

せっかく丸く収まったと思ったのに。

売り出し中の女優に

スキャンダルって…。

 

咲太、わきが甘いわ。

 

 

スポンサーリンク

スキャンダルも終わり妹が本気を出す

麻衣が主演を努める映画の制作会見。

麻衣は咲太との関係を認め、咲太に全校生徒の前で告白されたことを公表する。

この中継を見ていたかえではある決意をすることに。

 

青ブタ11話より引用

 

第10話の最後で明らかになった

桜島先輩のスキャンダル。

あの時桜島先輩だったのはのどかであり、

桜島先輩には何ら落ち度はありません。

 

しかしあれは妹ですと言っても

誰も信じませんからね。

 

結局桜島先輩が妹の尻拭いをすることに。

普通の芸能人だったら

「仲の良い友人です」とか言って

お茶を濁すでしょうけど、

桜島先輩は違う方法を採用します。

 

青ブタ11話より引用

 

それは交際を認めて正面突破するという

ある意味危険な方法です。

 

まあでもこれが見事にハマリ、

スキャンダルは収まり、

さらに主演映画の良いPRに

なったようです。

 

現実ではこんなに上手くは

いかないでしょうけど、

ともかく桜島先輩は良い選択をしました。

 

そしてこの会見だけが

理由ではありませんが

かえではある目標を決めます。

 

お兄ちゃん大好きっ子のかえでらしい

ものですが、

今までのかえでを考えれば

この目標かなりキツイです。

 

たぶんかえで自身も

このままではダメだと思っていたのでしょうね。

 

翔子さんと翔子ちゃんは別人?

桜島先輩の会見の翌日、咲太の元に牧之原翔子さんから手紙が届く。

咲太はそのことを桜島先輩に伝えず、双葉に相談するが。

 

青ブタ第11話より引用

 

困ったときの双葉頼み再び。

ホント咲太は困ったら

双葉に相談するのが癖になってますね。

少しは国見に相談しろよと

思いますが、

国見は思春期症候群のことを知らんから

相談してもダメか。

 

咲太としては

双葉に相談することで

解決のためのヒントが

欲しいのでしょうけど、

桜島先輩に一言いわないのは

ちょっといけませんね。

 

もちろん初恋の相手である

牧之原翔子さんに会うと言ったら

桜島先輩は良い顔しないでしょう。

 

でも秘密にして

会ったことがバレたら

それこそ桜島先輩を

傷つけてしまう可能性があったのです。

 

その辺は考えて欲しかったですね。

あと双葉と桜島先輩は

双葉が思春期症候群になった時に

接点が生まれているはず。

 

それを考えれば

双葉に相談=桜島先輩に通報されると

考えるべきでしたわ。

 

女性ってこんな時は

連帯しますからね。

 

結局桜島先輩に通報されて

すべて桜島先輩が知ることに

 

普通ならここで怒ってもいいのに

会うことはOKする桜島先輩

優しいです。

 

でもしっかり食事を作る時間を伝えて

無言の圧力を掛けるあたり

男をコントロールする術を

すでに身に付けていることがわかります。

 

まだ高校生なのに。

桜島先輩恐ろしいですわ。

 

まあ結局牧之原翔子さんには

会えなかったのですけどね。

 

そして後日、

もう一人というか

牧之原翔子ちゃんから電話を貰い、

手紙のことを聞きますが

知らぬ存ぜぬという返答。

 

嘘をついている感じではないので

やっぱり別人なんでしょうか?

 

新しい世界に飛び出したかえで!!でもそこで…

かえでは目標を挑む。

咲太の力を借りて一つ一つ進んでいき、とうとう咲太や桜島先輩やのどかと海へ。

しかしそこである人物と出会うことになるとは。

 

青ブタ第11話より引用

 

咲太の力を借りながら

目標を一つ一つ達成していくかえで。

思わず声援を送りたくなりますね。

 

青ブタ11話より引用

 

 

そして咲太は内心

こんなに嬉しいことはないでしょう。

 

だって妹のために

スマホを捨てるぐらいの

シスコンですよ。

 

妹が一歩ずつ勇気を出して

自分の世界を広げており、

さらにそれに自分が手を貸しているのですから。

 

まさにお兄ちゃん冥利につきます(ちょっと違う)。

 

しかし海に遊びにいけるまでになるなんて。

やっぱり若いから順応能力が高いのでしょうかねえ。

 

ただ順調の進み過ぎました。

アニメである以上、

もう一つぐらい困難が生じると

思っていましたけど、

まさか元親友と出会ってしまうなんて。

 

終わりに

今回はここで終了です。

 

偶然元親友と再会したのに

全く覚えていないかえで。

 

このまま会わない方が

両方とも幸せだったと

思うのですけどね。

 

このパターンだと

元親友がかえでに

思い出してもらうため

余計なことをやりそうな気します。

 

そしてその尻拭いを

咲太がする羽目になるのでしょうね、

たぶん。

 

まあ、今回は大事な妹のためですから

やらない訳にはいかないでしょう。

 

さあ次回どういう展開になるか。

ホント楽しみですわ。