甘々と稲妻第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」の感想

c1

感想(ネタバレあり)

今回作るのはドーナツ。

粉の合わせからやる本格的なやつですけど、

あれってホットケーキミックス使えば

結構簡単にできると思うのですけど、

やっぱり味に違いが出るのですかねぇ。

スポンサーリンク

失敗もしたけれど手作りドーナツは美味しそうです

しのぶちゃんと映画を見た後、

金髪のにーちゃんと歩いているつむぎちゃんを見つけた小鳥ちゃん。

まあ胡散臭いにーちゃんとつむぎちゃんの組み合わせ見たら

不信に思いますよね。

心配になった小鳥ちゃんは公平に電話しようとしますけど、

運悪く充電切れ。

仕方無いので金髪のにーちゃんとつむぎちゃんを尾行します。

不信に思うなら警察に通報すればいいと思いますけど、

そこまで気が回らないのでしょうね。

そして金髪にーちゃんとつむぎちゃんは公園へ。

じゃれ合っているところを見ると昔から知っていて

つむぎちゃんも懐いている感じがしますね。

で、公平がやってきてネタばらし。

金髪にーちゃんは公平の友人の八木。

シッターさんとかにつむぎちゃんを預けることができない時は

この八木氏につむぎちゃんの面倒をみてもらっているようです。

まあ小鳥ちゃんは公平と八木氏が友人関係にあったことよりも

公平に友人がいたという事実の方が驚愕だったようです。

小鳥ちゃん、

公平のことをボッチと思っていたのですね。

公平と八木氏が会話をしている際中、

つむぎちゃんと遊んでいた小鳥ちゃん。

いきなり公平の前にやってきて一言、

「ドーナツ、作ってみませんか?」と。

どうやらつむぎちゃんがドーナツを食べたいけど、

お腹いっぱいになるのでおやつには難しいと言ったことを盗み聞きしていて、

それで昼ご飯としてドーナツを作ることを提案したようです。

大喜びのつむぎちゃんを見て、

公平もその提案に乗ることにします。

次の日、

小鳥ちゃんママのお店に集まってドーナツ作り開始です。

お手軽にできるホットケーキミックスを使うのではなく、

粉の調合からやる本格派。

小鳥ちゃんの拘りが垣間見えます。

生地をこね回す作業にはつむぎちゃんも参加。

やはりこういう作業をやらせると子どもが喜びますね。

生地が完成したら発酵です。

でもこれが時間が掛かります。

そんな空いた時間、

小鳥ちゃんの提案で

公平とつむぎちゃんはゲーセンへ。

高校の教師が見回りでは無くゲーセンに行くのは

違和感がありますけど、

これもつむぎちゃんを喜ばすため。

二人はつむぎちゃん主導でプリクラを撮ります。

当然つむぎちゃんは大喜び。

小鳥ちゃんグッジョブです。

さて発酵が終わった生地をいよいよ油で揚げていきます。

これが結構難しいのですよね。

温度が低すぎると油吸ってベトベトになりますし、

温度が高いと焦げてしまいますし。

そしてやっぱり失敗する公平。

温度が高過ぎため焦げて

見た目は酷いことに。

まあ遠くから見ればチョココーティングしているように

見えないこともありませんけど。

もちろん公平はリベンジ。

今度は慎重に温度を調整して揚げることに。

慎重に揚げて、

コーティングをして完成です。

出来上がったドーナツはつむぎちゃん曰く、

サクフワ状態。

見ているこっちも唾が出てきます。

腹が減っているときにこのアニメ見るといけませんね。

今回はここで終了。

今回もほっこりさせられましたし、

空きっ腹に堪えましたw

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・公平の友人八木が初登場

・公平とつむぎちゃんと小鳥ちゃんがドーナツ作りに挑戦

・公平とプリクラ撮れてつむぎちゃん大喜び

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする