【ラジオ】パンデモニウムモンブラン~ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。第8回の感想 「悪魔は性を超越する」

スポンサーリンク

ベルままラジオタイトル(第0回)

ベルままラジオ第0回より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回もベル閣下役の大西さんが欠席。

という訳で

ミュリン役の安田さんと

ゲストで来られた

モレク役の興津和幸さんの二人だけで

進行することに。

 

 

男性ゲストが来た時は

大西さん欠席が決まり事に

なっている感じですね。

 

次回もゲストが日野聡さんと

松岡禎丞さんなので

大西さんは欠席のようです。

 

せっかく松岡さんが

ジングルの件で

大西さんを公開説教してくれると

期待していたのに。

 

ちなみにあのジングル、

今回のゲストの興津さんも

ツッコんでいました。

 

あのジングルの笑いを堪えているのは

同業者として

ツッコミやすいのでしょうねえ。

 

 

前回の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

【ラジオ】パンデモニウムモンブラン~ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。第7回の感想 「悠木碧氏、ダンタリオンの良さを大いに語る」
今回のゲストはダンタリオン役の悠木碧さん。悠木さんがダンタリオンの良さを詳細に語っております。これを聞けば、ダンタリオンの尊さがなお一層理解できるはずです。

 

 

前回はダンタリオン役の悠木碧さんがゲスト。

ダンタリオンの素晴らしさを

熱く語っておられました。

 

スポンサーリンク

興津さんはハイテンション

 

今回、

結構長い時間、

興津さんがハイテンションでした。

 

もちろんご自身が演じているモレクに

合わせたのでしょうけど、

あれって結構大変そうですね。

 

ただ興津さんがハイテンションになるのは

珍しい訳ではありません。

 

例えばNGCを見ている

コアな興津さんファンの方などは

結構ああいう感じになるのは

知っていると思います。

 

その都度喉は大丈夫か

心配になりますけど。

 

一方の安田さん。

今日も噛みまくりでした。

前回悠木さんに教えてもらった

読むところを指でなぞるは

やっているのでしょうかねえ。

 

まあ、ラジオだから

個人的には噛みまくっても

良いと思いますけどね。

 

アフレコの本番ではないので。

 

 

モレクや他のキャラのことについて

 

先週放送された8話の話。

なぜか興津さんは

スリングショットがお気に入りw

 

そして非常時は

あの紐を脱げば武器に早変わりという

どうでもいい話で盛り上がっていました。

大西さんがいたら

こんな話できませんよね。

男子回ならではだと思います。

 

また興津さん曰く、

本作はほどよいエロがあるのが

良いとのこと。

 

確かにその辺は絶妙ですからねえ。

1話でベル閣下のマッパが出てきたり、

7話でお風呂回あったり、

8話では水着装着だったり、

ゆるふわ系アニメなのに

結構エロい。

 

でもそれ以上にゆるふわ度が高いので

それを感じさせないところが

素晴らしいと思います。

 

ただ小っちゃいお子さんには

見せられませんよね。

 

まあ深夜アニメなので

対象は大きい子供でしょうけどw

 

 

さて話はモレクのことへ。

と思ったら、

ずっと喋っているという話になり

そこから喋らないアザゼルとの対比。

そしていつもモレクが絡む

ダンダリオンの話に広がっていきます。

 

そこで飛び出したキーワードが

 

悪魔は性を超越する。

 

興津さんは他のキャラも含めて

このキーワードを言ったみたいですけど、

安田さんは主にダンタリオンに

極小化して考えているみたいでした。

 

まあ私も

ダンタリオンに極小化した方が

同意しやすいと思いますわ。

 

ダンタリオン見ていたら

ホント性別って関係あるの?

と思えてきます。

 

終わりに

 

今回ご紹介した以外にも

大西さんがいる時はできないような

お話がいっぱい。

 

男性ファンも女性ファンも

楽しめると思います。

 

ラジオは音泉のサイトで

次回更新まで無料で聞くことが可能です。

 

興味がある方は是非、

音泉のサイトでラジオ本編を聞きましょう。