【漫画】食戟のソーマ第32巻の感想(ネタバレ一部アリ 画像なし) 「創真の上位互換が出現!!そしてえりなを巡る男の戦いが勃発?」

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

前巻の最後が結構

衝撃的でしたその続きとなります。

 

今回はえりなを巡る男の戦いが

勃発。

 

ただしイマイチ創真の気持ちが

ハッキリしません。

創真自身もえりなに対して

特別な感情を持っているような

描かれ方ですけど、

好きとは断言してないのですよね。

 

鈴木に対する対抗心で

えりなを重要視しているだけにしか

見えないし。

 

まあ、本作のヒロインは

えりななので

えりなを巡る戦いというのは

王道展開であり、

多くの読者を納得させるものだと

思います。

 

だから創真がえりなに

魅かれて行く展開が一番いいのですけどね。

 

なお前巻の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

【漫画】食戟のソーマ第31巻の感想(ネタバレあり・画像無し) 「田所恵の母性が真夜中の料理人を改心させちゃった」
今巻から新章突入。メインは田所。田所がその溢れる母性と料理人としての腕で新しい敵を迎え撃ちます。そして敵の前にあのキャラが破れる大波乱も。

 

前巻では田所が大活躍。

そして最後の最後の展開に

びっくりさせられましたわ。

 

スポンサーリンク

第272話の感想 「新しい講師は創真に似ている?」

えりなが理事長となり、新しい講師たちが遠月学園にやってくる。

その中に鈴木と名乗る人物がいた。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

いきなり新キャラが登場です。

名前は鈴木。

とって付けた感がハンパありませんね。

きっと偽名なんでしょう。

まあ、その辺は後でわかりますけど。

 

遠月学園は料理界を担うエリートを要請する機関。

だから講師もまともな人物が選べると

思っていたのですけど、

この鈴木はちょっと変わっていますねぇ。

 

どう変わっているかといえば、

創真に似て破天荒な感じ。

 

堅苦しさがなく、

学園物の主人公なタイプですけど、

遠月学園に来るタイプではありません。

 

だってすぐに創真と打ち解けているし。

創真とすぐに打ち解けるなんて

変人確定です。

 

まあ、最後の最後で本性というか

飛んでもないこと言い始めるのですけどね。

 

第273話の感想「えりなを巡る戦いが始まる(とえりなは勘違いした)

創真に食戟を申し込む鈴木。

鈴木はその理由を創真と田所に話し始める。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

いきなり食戟を挑むだけでも

びっくりなのに、

その目的がえりなを娶るため。

 

要はえりなを奥さんにしたいから

えりなに釣り合う男にならなくてはいけない。

 

神の舌を持つえりなに釣り合うには

最強の料理人になる必要がある。

 

そのためには現遠月第一席の創真に

勝つ必要がある。

 

こんな感じみたいです。

 

何か創真の戦うのは

二の次って感じで

創真が怒るのもわからなくはありません。

 

それに創真にとって

えりな(の舌)は

自分の料理の腕を上げるのに

必要不可欠。

 

当然鈴木に取られるのを

見逃すことはできません。

 

傍から見たら

えりなを取りあっているように

見えますが、

鈴木にしても創真にしても

あくまで欲しいのは

神の舌ですからね。

この段階では。

 

ただえりなが

中途半端にこれを聞いてしまったから

後々大変な感じに。

 

ラブコメ要素がいきなり

強くなりましたわ。

 

第274話・第275話の感想 「鈴木は創真の上位互換」

食戟が始まり、創真はロースカツを作る。

田所は創真の作ったロースカツを食べ始める。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

さあ、先に出来上がった創真のロースカツ。

でもこの時点でほぼ負け決定です。

 

だって本作って

食戟で先に料理が出来上がった方の

勝率はかなり低いですからね。

 

そして予想通り、

後から完成した鈴木のロースカツの方が

遥かに美味しく、

試食した創真さえ体が言うことが

聞かなくなるくらい。

 

同じ料理でここまで

コテンパにやられたの

初めてかもしれませんね。

 

秋の選抜の時で負けた時も

創真はここまで酷い状態には

なりませんでしたから。

 

ただこれで創真の心に火をつけたは

確実。

 

これは創真に付きまとわられるフラグですわ。

 

第276話の感想 「女子会で話題になるのは当然男?」

えりなへの求婚のためにえりなの元にやってくる鈴木。

そして鈴木へのリベンジのために創真もやってくることに。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

予想通り、

創真が鈴木に付きまとい始めました。

ホント創真しつこいですねえ。

 

少しは負けを認めて

自分の料理の腕を上げるべく努力すればいいのに。

 

ただ273話での創真のセリフを聞いてしまった

えりなは創真に何か違う感情が生まれたような感じ。

それを鈴木が察知して…という風に

ラブコメなら確実に三角関係になりそうな気配と

なってきました。

 

でもさすがに本作ではならない感じが

しますけどねえ。

 

さて極星寮で女子会が開催され、

鈴木や創真のことを

吉野や榊から根掘り葉掘り聞かれるえりな。

 

その後えりなは理想の男性像を話始めますが

これって城一郎のことですよね。

 

でもそこまで城一郎のことを知らない

田所は創真のことだと認識したようですけど。

 

もちろんえりなも創真に

知らず知らずのうち魅かれているのかも

しれませんけど、

だったら尊敬という言葉を使いますかね?

 

田所は創真に自分が憧れているのを

自覚している感じですので、

えりなをライバル視し始めるかもしれませんね。

 

 

第277話~第280話の感想 「一学期の期末試験で十傑の実力を見せつける」

一学期の期末試験のために海にやってきた創真たち。

試験内容は海の家の運営。

創真たち十傑メンバーはかなり不利な状態で試験に望むことに。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

鈴木との戦いは一旦置いといて

(実際は動いているけど)、

創真たちは期末試験に挑みます。

 

まあ当然創真たちの実力を考えて

ハンデが付けられることに。

 

さすがに

普通にムリゲーに見えますけど、

それをひっくり返すのが

ジャンプ漫画の主人公たち。

 

こいつらホント人間なのかしら?

と思えてきますわ。

 

しかし遠月には

まだ創真たちにとって代わろうとする

奴らがいたのですねえ。

 

まあ、かなり小者で

創真たちのライバルにも

なりませんでしたが。

 

でもこういういるからこそ、

創真たちが勝った時の

爽快感が強くなるのですけどね。

 

でも1個800円の焼きそばで

650万も稼ぐなんて

ちょっとやり過ぎw

 

他のメニューがなければ

8000個以上売れないと

いけないのですけど。

 

創真、黒木場、タクミの3人で

それだけ作るの流石に無理だろ。

 

でもその無理をやってのけるのが

十傑なんでしょうねえ(ご都合主義)。

 

第281話の感想 「戦いの舞台はBLUE?」

えりなを拉致した鈴木は自分の正体を明かす。

そして鈴木はえりなに勝負を申し込む。

 

食戟のソーマ第32巻より引用

 

大方の予想通り、

鈴木の正体は才波朝陽。

 

城一郎の血の繋がらない息子(弟子)であり、

第31巻の最後で

城一郎を破った人物。

 

まあ名前は偽名でしたが

えりなと結婚するのが目的というのは

本当のようです。

 

何かまだ裏がありそうですけど。

そして朝陽はえりなに勝負を申し込みます。

 

まあ、料理でえりなを屈服させる方が

早そうですからね。

 

で、その舞台がBLUE。

要は若手料理人の世界大会で

勝負をしようと言っているのですよ。

 

運の良いことに

今のBLUEの開催者は

どんな料理人でも腕さえあれば

いいという思考の持主のようで

朝陽のような人物も出場できるみたい。

 

まさにご都合主義ですが

これがジャンプ漫画の王道展開ですから。

 

そして最後の最後で

あの人物が再登場。

 

また創真がしごかれるのでしょうね。

 

終わりに

 

32巻はここで終了。

話がでっかくなってきましたね。

 

まあ、創真が遠月の1席になった以上、

あとは世界で戦うしか

ネタがありませんので

この展開は多くの読者が予想できたと

思います。

 

ただこれが終わってしまったら

もう地球にはライバルいませんからねえ。

 

それこそ次は宇宙が

舞台になったりして(そんな訳ない)。

 

創真と鈴木(朝陽)の戦いも気になりますが

えりな自身は

どっちの方が好ましいと

思っているのでしょうか?

 

まだまだいろいろ起こりそうな感じですね。

次巻が楽しみです。