ゾンビランドサガ第9話の感想 「盟友麗子とその娘万梨阿のためにサキが一肌脱ぐ話」

ゾンビランドサガタイトル(第7話)

ゾンビランドサガ7話より引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はサキのメイン回。

サキの盟友麗子の娘

万梨阿と出会うサキ。

盟友のため、

盟友の娘のために

サキは行動を起こします。

 

しかしまあ、

レディースの名前が

怒羅美(ドラミ)と殺女(コロスケ)って。

藤子不二雄リスペクトかよw

 

 

前回第7話の感想を読み返したい方は

こちらをご利用ください。

 

ゾンビランドサガ第8話の感想 「リリィの秘密公開!!そして大好きなパピーへのメッセージ」
今回はリリィのメイン回。ネットで噂されてましたがまさか本当に男だったなんて。笑いと涙のバランスが絶妙で第7話に続き神回と呼んでも良いと思います。

 

リリィの死因は

完全に笑う要素でしたが

それ以上に父子愛で

涙が溢れるお話でした。

 

 

スポンサーリンク

盟友の娘との出会い

公園で高齢者に対する営業活動をするフランシュシュ。

そこで原チャリに乗った少女たちに絡まれる。

 

ゾンビランドサガ9話より引用

 

佐賀の少子高齢化の進行がヤバい。

まあ、佐賀って福岡への

人口流出がヤバいそうなので、

若者が少ないのは何となくわかりますけど、

若者少なすぎだろ。

 

まあ、幸太郎の出すデータは

イマイチ信用できませんからね。

第2話で愛に佐賀の人口を聞かれて

逆切れした御仁でしから。

 

ただ幸太郎の目の付け所は

悪くありません。

フランシュシュのすそ野を広げるために

高齢者を取り込もうとするのは。

 

しかしまさか公園で体操している

高齢者に営業を掛けるとは。

 

地道な努力をする

ご当地アイドル。

結構悲哀が感じられます。

 

さて公園で営業活動(一緒に体操しただけ)で

フランシュシュは変な奴らに

因縁をつけられます。

 

8代目怒羅美総長万梨阿とその仲間(9話)

ゾンビランドサガ9話より引用

 

どうやらそれはサキが元いた

レデイースだったらしく、

その後サキがちょっかい出すことに。

 

レデイースの元総長だったサキとしては

自分のチームと

盟友である麗子の面影がある万梨阿を

ほおっておけなかったのでしょう。

 

ただ無茶しますねえ。

走っている自動車から飛び降りるなんて。

 

ゾンビでなければ

確実に大けがですよ。

 

こういう無鉄砲さが

サキが早死した原因の一つなんでしょうね。

 

Bパートでサキの死因が明らかになりますが、

まさか他のレディースとチキンレースやって

死んでしまったなんて。

 

サキの死因は事故死(9話)

ゾンビランドサガ9話より引用

 

これじゃ麗子がトラウマになっても

仕方ないし、

マリアを止めようとするのはよくわかりますわ。

 

まあ、マリアのことに関しては

母親として娘がレディースになるなんて

看破する訳ないですけどね。

 

スポンサーリンク

サキのお節介は親子関係修復の手助けに

巽に叱責されるサキ。

そんなサキはレディースがチームの存続を掛けて勝負しようとするのに気付くが。

 

ゾンビランドサガ9話より引用

 

まあ、怒られますがな。

サキの行動はかなりヤバいですからね。

 

SNSを使えば誰だって情報発信ができる時代。

佐賀のご当地アイドルだって

暴力沙汰を起こしてそれが撮影されていたら

一発でレッドカードですから。

 

そして当然フランシュシュの他のメンバーのことを

根掘り葉掘り調べられ、

遠からず純子や愛の正体がバレてしまう可能性があるのです。

 

ほんの僅かな可能性でも

無視することはできない。

だから幸太郎が怒ったのは至極当然なことだと

思います。

 

そういえば今回怒る時、

茶化すことなく説得するような感じ

でしたね。

 

第7話の純子の時と同様、

ホントにわかってもらいたい時は

真面目に話すのが幸太郎の癖なのかも

しれません。

 

一応は釘を刺した。

これで幸太郎も安心…

とは思ってなかったのでしょうねえ。

 

だってサキは外に出ようとした時

すぐに玄関に現れてサキを止めようと

しましたから。

 

サキの行動を読んでないと

玄関で止めることはできません。

 

まあ、幸太郎自身

サキを止めることはできないと

思っていたのかもしれませんね。

 

ホントに止めるつもりだったら

幸太郎は体を張って止めたのでしょうから。

 

その後は

サキが勝負に介入して

親子関係の仲裁完了といった流れですが、

ちょっと急ぎ過ぎですねえ。

 

サキと麗子のこと、

麗子とマリアのことを

一緒に描いたために

わかりにくいところがあったし、

最後のEDの新曲との繋がりが不明。

 

第8話はリリィが大好きなパピーを

思って詞を書いたという件があったのに

今回はどうしてあの曲ができたのか

わからないし。

 

もしかして伏線がどっかにあったのかも

しれませんけど。

 

あの新曲、

曲調が今までのやつと全然違っていたので

どうして幸太郎があの曲を作ったか

もうちょっと分かるようにして欲しかったです。

 

あと最後のデスおじのセリフ。

あれは良かったですわw

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了です。

また今回も特殊ED。

通常EDが少し恋しくなってきました。

 

今回の話は

ちょっとチグハグだった感じがします。

サキと麗子の話、

そして麗子とマリアの話を

1話分でやったので

どっちつかずというか

中途半端になったような。

 

万梨阿が麗子に反発して

グレるのはわかりますが

どうやって怒羅美を知り、

どして加入したかぐらいは

描いてほしかったですね。

 

あと麗子はサキに

気付いたかどうかも。

 

一応サキが否定しましたが

それを聞いて麗子が

どう思ったか描いてほしかったです。

 

麗子がその後サキを殴っている

シーンがありましたが

あれは危ないことをした単純な制裁とも

2度同じことをしたサキへの怒りとも

取ることができますからねえ。

 

まあ、1クールで

各メンバーのエピソード

入れるにはこうするしか

なかったのかもしれませんけど。

 

さて次回はゆうぎりメイン回。

どんな展開になるのでしょうか?

なんかこの流れだと

次回も特殊EDになりそうな気がします。

 

次回第10話の感想記事はこちらからどうぞ。

ゾンビランドサガ第10話の感想 「ショッキングなラスト!!さくらは記憶がチェンジした?」