ベルまま(ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。)第7話の感想 「全部アスタロトのせい」

スポンサーリンク

ベルまま。第1話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は前回とは反対に

ギャグ寄りの回でしたね。

 

アスタロトのせいで

ベル閣下もミュリンも酷い目にw

 

アスタロトと絡むと

ロクなことになりませんわ。

 

 

なお前回第6話の内容を

振り返りたい方は

こちらからどうぞ。

 

ベルまま(ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。)第6話の感想 「秘密の共有で距離が縮まった?」
今回はラブコメ要素が多かったです。ベル閣下とミュリンの関係見ているとキュンキュンしてきますわ。ただギャグ要素がちょっと少なめでそこは少し残念だったかも。

 

前回はギャグ要素少なめ、

ラブコメ要素多めでした。

 

 

スポンサーリンク

Aパート:「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」の感想 「財務大臣が予算を流用してお風呂を作っちゃった」

職員の運動不足解消のため、ジムを開設することになった万魔殿。しかし、お披露目会に向かったベルゼブブたちを待っていたのは、アスタロト考案のお風呂施設「万魔殿の湯」だった。

 

ベルまま。公式サイトより引用

TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」公式サイト
ゆるくて甘い。あくまで日常。 TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」2018年10月10日(水)より各局にて放送開始!

 

悪魔も運動不足になるのですねえ。

まあ、福利厚生の面でも

スポーツジムを作るのはいいことだと

思いますけど、

なぜ風呂ができるのよw

 

すべてアスタロトのせいですけど、

アスタロトって財務大臣だったの

ですね。

 

3話でさっちゃんが財務部所属って

言ってたから、

さっちゃんの上司のアスタロトも

財務部の人間だとは思ってましたけど。

 

はっきり言ってヤバいでしょ。

万魔殿の主であるベル閣下の命令に

背いて勝手にお風呂作る財務大臣ってw

 

まあ、ベル閣下は

案外部下に甘いところがありますからねえ。

 

ベルとアスタロト(ベルまま7話)ベルまま。第7話より引用

 

結局このことで

アスタロトにプンスカ怒って

それで終わりですから。

 

さて、アスタロトが風呂を

勝手に作った目的。

 

まあ、そういうことです。

当然あの手この手で女湯を覗こうとする

アスタロト。

 

おいおい、

最初から覗く目的なら

細工しておけよ。

 

こういうところは

抜けていますねアスタロトって。

でもだからこそ視聴者から

あんまり毛嫌いされないのですけど。

 

 

さてアスタロトのある意味暴走の

巻き添えを食らったがミュリン。

 

アスタトロトを止めようとした

だけなのにアスタロトの一緒に

覗こうとしたベル閣下に

勘違いされるなんて。

 

ベルに勘違いされるミュリン(7話)

ベルまま。第7話より引用

 

 

ミュリン可哀想。

 

 

そういえば今回エウリノームも

いましたが、

ダンタリオンを妄想して

こんな状態に。

 

妄想で頓死するエウリノーム(7話)

ベルまま。第7話より引用

 

エウリノームさんもブレませんねえ。

 

でも悪魔って死ぬの?

 

 

Bパート:「“もっと知りたい”のに…。」 の感想 「アスタロトに相談したばっかりにベル閣下がセクハラしちゃった」

 

ミュリンが実家で犬を飼っていることをベルフェゴールから聞き、ミュリンのプライベートを自分は何も知らないのだと気づいたベルゼブブ。詮索したくない、でも知りたい……。

 

べるまま。公式サイトより引用

 

なぜかミュリンとは

しっかりと話すことができるごっちん。

そしてプライベートの話をする仲に

なっているなんて。

 

ベル閣下からすれば

羨ましい限りでしょうねえ。

 

ベル閣下って変なところで

律儀ですから、

プライベートな話って

できないみたいなので。

 

休憩時間にとかだったら

プライベートのことを聞いても

問題ないでしょうに。

 

 

まあ、それは性格もあるので

仕方ないかもしれませんが

どうしてミュリンと

プライベートの話ができないことを

アスタロトに相談するのでしょうか?

 

 

ベルとアスタロト(7話)

ベルまま。第7話より引用

 

 

アスタロト自身、

自分をベル閣下のお兄ちゃんと

自称していますけど、

案外ベル閣下もそうな風に

思っているのかもしれませんね。

 

つ~か、

ベル閣下が相談する立場なのに

なぜアスタロトを膝枕している?

 

アスタロトって

こういうところが抜け目ないですわ。

だからモテるのかもしれませんね。

さすがに顔だけでは女性は

付いてこないでしょうから。

 

でもベル閣下は選択を間違えました。

ここでアスタロトに相談したばっかりに

ミュリンに対してセクハラ(パワハラ)

をすることに

なってしまうのですから。

 

まあ、ミュリンは涙目に

なってましたけど、

それ以上にベル閣下は

ずっと引きづるでしょうねえ。

 

でも良かったですね。

ミュリンが履いているパンツの色が

わかってw

 

ミュリンに何かプレゼントする時に

黒色のパンツというものが

選択肢に入ったのですからw

 

 

終わりに

 

今回はここで終了。

アスタロトに振り回される

ベル閣下とミュリンって

感じのお話でした。

 

やっぱり引っ掻き回すキャラが

しっかりと掻きまわすと

面白いですわ。

 

ただ個人的には

エウリノームさんも

もうちょっと暴走して

欲しかったですわ。

 

アスタロトが

女湯を覗こうとしている時に

反対にエウリノームが

男湯を覗こうとしているシチュがあったなら

もっと面白い展開になっていたかも。

 

覗くだけなら

エウリノームの美学に

反しませんし。

 

あとミュリンって

アザゼルのフリップ芸に

疑問というか

どうやっているのか

気になっていたのですね。

 

まあ風呂の中で

どうやってフリップ出しているのか

気にならない奴はいないですけど。

 

 

さて次回はまたサービス回の予感。

今回はギャグ寄りだったので

次回はまたラブコメになりそうな気も。

 

次回も楽しみです。