転スラ(転生したらスライムだった件)第8話の感想 「シズとの別れ!!そして新たな厄介ごとが」

スポンサーリンク

転スラタイトル(第1話)

転スラ第1話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はシズとの別れがメイン。

もはや幾ばくかの時間もないシズ。

 

悲しすぎます。

でも立ち止まる訳にはいきません。

リムルもシズの死を乗り越えて

前に進みます。

 

でもすぐに新しい厄介ごとが

起こる予感。

 

というか次回タイトルで

戦闘になるの確定だし。

 

なお前回の内容を振り返りたい方は

こちらからどうぞ。

 

転スラ(転生したらスライムだった件)第7話の感想 「イフリートよりもヴェルドラの方が迫力あった」
シズの過去は悲しいものだった。シズに憑依したイフリートが表に出てきてリムルや三バカと対峙することに。水刃が効かない相手にリムルたちは勝てるのでしょうか?

 

 

前回はイフリートとの決戦。

あんまり絶望感はありませんでしたね。

イフリートも十分強かったのですけど。

 

まあ、最後の最後で出てきた

ヴェルドラの方が圧倒的にラスボス感が

あって怖かったですけどw

 

 

 

スポンサーリンク

シズとの別れ

イフリートを捕食し、シズを守ったリムル。

しかしシズは衰弱し…。

 

転スラ第8話より引用

 

原作漫画版では

かなりあっさりしたシーンだったのに

かなり改変してきましたねえ。

 

原作漫画では、

シズの衰弱は

シズの体を支えていたイフリートが

シズの体から離れてしまったから

という風に書かれていましたが、

アニメ版では老衰だけみたいな

描かれ方でしたし。

 

またシズと勇者との

出会いも新たに追加されてました。

原作漫画ではそんな話なかったのに。

 

しかしまあ、

シズをしんがりにして逃亡するとは。

魔王のくせにチキン過ぎるだろ。

威厳見せろよ威厳を。

 

まあ、そのおかげで

シズは勇者に救われて

その後の人生は満足いくものに

なったのでしょうけど。

 

勇者とシズ(転スラ8話)

転スラ第8話より引用

 

 

そしてシズの最期の時。

 

シズはリムルに一つお願いして

聞き届けてもらいます。

 

まあ、安らかに眠るなら

最適の場所でしょう。

 

どっかの暴風竜とか

最近までシズに憑依していた奴が

近くにいますけどw

 

 

あとこのシーンの追加は良かったです。

 

シズと母の再会(転スラ8話)

転スラ8話より引用

 

シズと母親が再会するシーン。

転生させられて離れ離れになった2人が

また一緒にいられると暗示させるような

もので、

お涙頂戴と言われるでしょうけど、

こういうシーンを入れることで

純粋に良かったと視聴者が思えますからね。

 

 

個人的にはここら辺の改変は

良かったと思います。

 

ただ残念だったところも。

 

完全に捕食したシーンを描いた後、

今回の最後ぐらいに

シズのお墓を作った様な描写は

はっきり言っていらんかったと思います。

 

だってシズはリムルの中で

眠っているのでしょ。

 

何で墓を作る必要あるの?

 

リムル以外にお墓参りにくる

人がいるなら別ですけど、

さすがにあの3バカは来ないでしょうし。

 

この辺はちょっとチグハグな

感じがしました。

 

でもあえて描いたのですから

いずれ何かしらあるのかもしれません。

 

 

リムルが人化可能に

シズの亡骸にさよならできなかった三バカは悲しみます。

しかしギルドに報告しなければいけないためゴブリン村を旅立つことに。

一方リムルはシズの亡骸を安置することで人化する能力を会得します。

 

転スラ第8話より引用

 

 

OPやEDを見ていると

青髪の少女(少年?)のような

キャラが登場しますけど、

やっと本編に登場です。

 

 

人化したリムル(転スラ8話)

転スラ8話より引用

 

そう、あれはリムルだったのです(みんな知ってる)。

 

シズの最後の願いを聞き遂げた

副産物と言ったところでしょうか?

 

まあ、スライムの方が

いろいろ便利なような気がしますが

元々リムルの中の人は

人間ですからね。

 

手が足が使える方が

しっくりくるのかもしれません。

 

 

シズとお別れしたリムルですが

三バカともお別れです。

 

もともとジュラの大森林を

調査するためにやってきた三バカ。

当然ギルドに報告しなければいけません。

 

まあ、ギルドに戻っても

すぐに次の仕事を押しつけられるでしょうから、

ここに留まった方が絶対に

いいと思いますけどね。

 

しかし三バカはホント馬鹿正直なので

ギルドから依頼された以上、

仕事を完遂することを是とするようです。

 

日本人みたいに生真面目ですね。

でもだからこそ、

視聴者も三バカに親しみを感じるのかも

しれません。

 

でも三バカにそんな良い装備を

あげるのはやり過ぎかも。

 

だって三バカが

不相応の良い装備してたら

ギルドマスターが怪しむかも

しれませんので。

 

そうなれば三バカ以外の者に

ジュラの大森林の再調査を

命じるかもしれませんし。

 

まあ、あげちゃったから

何言っても遅いですけど。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

 

最後の最後で

怪しそうな奴が出てきましたね。

 

コイツの扇動で

リムルがまた厄介ごとに

巻き込まれることになりますが、

その一方、

新しい仲間との出会いの切っ掛けにも

なりますからね。

 

次回以降も大変なリムル。

次回も楽しみです。