NEW GAME!第3話「遅刻したらどうなるんだろう」の感想 「時間を忘れて仕事に熱中するなんて羨ましいです」

cc1

感想(ネタバレあり)

今回はタイトルだけ見ると

遅刻に関する話みたいな感じですけど、

遅刻の話はちょっとだけ。

メインはダメだしくらいながら青葉が仕事をやり遂げる話です。

新人教育は最初が肝心

仕事が忙しく疲れが溜っているのか?

それとも夜更かししすぎたのか?

たぶん両方ですけど寝坊してしまう青葉。

いつもは母親に起こしてもらっているようですが

運悪く今日は母が不在。

跳び起きて会社に向かいますけど、

同じ電車にはゆんさんが。

さすが先輩、

遅刻しそうなのに堂々としています。

もう慣れているって感じです。

電車を降り、

走って会社に向かう青葉とゆんさん。

二人とも走り方が変。

たぶんこけるだろうなあと思っていたら案の定こけました。

青葉だけがw

それも顔面強打という現実だったら救急車呼ぶくらいの転び方w

アニメだからそれほど酷いことにはなりませんけど。

会社につくと早速コウさんのお小言が始まります。

でも青葉がころんで飛び散った荷物を拾っていて遅れたと

言ったらコウさんの態度が一変。

もうこの上司可愛い。

日笠さんが声やっているとは思えないw

180度態度が変わって青葉を心配するコウさん。

そればかりか荷物拾いの手伝いをしたゆんさんとひふみさんを

含めて遅刻をもみ消してくれるって。

こんな優しい上司、

現実では絶対にいないでしょうけど、

もしいたら大人気でしょうね。

さて青葉は前回命じられた村人のキャラ作成を終わり、

それをコウさんにチェックしてもらいます。

でもコウさん曰く、

ひふみさんの作ったキャラと比べて印象が弱いと。

確かに弱いかもしれませんけど、

猫耳村人と人間の村人比べたら

そりゃあ人間の村人の方が印象弱いだろといいたいですけど。

それにモブキャラの印象強すぎると

相対的にメインキャラの印象が弱くなりそうですけど・・・

ともかくリテイク命じられたので

手直ししなければいけません。

上司の命令は絶対ですから。

でもその後もダメだしの連続。

なかなかOKが出ません。

強いこだわりがあるのか、

それとも新人教育の一環なのかはわかりませんけど、

ダメだしが続きます。

青葉は先輩であるひふみさんにコツを聞いてみますけど、

返ってきたのは、可愛くなれと念じるという精神論みたいなアドバイスw

たぶん感性で作成するタイプなんでしょうねぇ、ひふみさんって。

もの教えるのに向かないタイプですわ。

そしてまた帰宅が深夜になる青葉。

今日はりんさんと一緒に帰宅です。

そのりんさんから

青葉が作ったキャラはもう合格水準に達していると言われます。

どうやらコウさんは青葉に期待しているらしく、

そのために合格水準を高めに設定しているみたいなのです。

こういう方法ってメリットデメリット両方ありますからねえ。

長期的に見れば優秀な人材に育つ可能性がありますけど、

短期的にはやる気を失う可能性がありますから、

どういう相手なのかしっかりと見極めてる必要があります。

コウさんは青葉が簡単にはへこたれないと判断したのでしょうねぇ。

家に帰りつく前に親友のねねっちからの電話。

もう二人の中ではフェアリーズストーリーの続編作っていることは

共有の情報になっているみたいですね。

守秘義務違反じゃね~の?と思ってしまいますけど、

気にしない気にしないw

だってそんなねねっちとの通話から、

キャラ作成のヒントを得られたのですから。

持つべきものはやはり親友。

これから会社にユーターン?と思ったら

さすがにしなかったw

次の日、

早朝出社して昨日のヒントを元にキャラを修正する青葉。

そして再びこうさんのチェック。

もちろん今回は合格。

初めての業務がようやく終了。

青葉も感無量って感じでしょうねえ。

でも当然これはまだ序の口。

さらに厳しい期限でのキャラ作成を命じられます。

どうやら最終的には1日1体のキャラ作成スケジュールになるみたいです。

ゲーム会社ってやっぱりブラックだわ。

今回はここで終了。

だんだんと仕事が増えて大変になっていきそうな気配です。

ゆうさんやひふみさんもかなり仕事が割り振られて

顔が真っ青になっていたし。

次回以降誰も倒れなければいいですけど。

今回のまとめ三行

・理由によっては遅刻のもみ消ししてくれる優しいコウさん

・コウさんの求める水準は高い

・仕事をやり遂げてまた新しい仕事が

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする