ワンパンマン第3話「執念の科学者」の感想 「サイタマさんみたいに強くなるにはトレーニングを毎日続ければいいそうです」

感想(ネタバレあり)

アバンは怪人を作りだした
ジーナスがどうして屈折した考え方を持つに至ったかの
回想でしたが、
長かったのでサイタマさんに途中で中断されてしまいました。
回想は話を深くする大事なスパイスみたいなものですけど、
長いのは聞いている方もきついですから。

サイタマさんとジェノスが進化の家に乗り込んでくることを知って、
ジーナスはいろいろと罠を仕掛けますが、
ジェノスは一発で進化の家の地上部分を破壊。
ジーナスの苦労が一瞬にして水の泡になってしまいますw
いわゆるバトルもののお約束を守らないワンパンマンのスタイル、
個人的には嫌いではありません。

さて結局ジーナスは奥の手を使うことになります。
それは強いけどひん戦ゼロの阿修羅カブトというカブトムシの怪人を使うこと。
この阿修羅カブト結構強いみたいで、
フライングで戦いを挑んだジェノスを撃破し、
それにとどまらずジェノス自慢の金髪を爆発アフロにしてしまいますw

ちなみに阿修羅カブトの声は石塚運昇さんがやっているみたいです。
結構渋めのカッコいい役をやることが多い石塚さんがこんなタイプの役を
やるのは珍しいですね。

さて、
これを見ていたサイタマさん、
ようやく骨の有る相手と戦えるのでやる気が出ています。
そんな気分が良いサイタマさんはどうやって強くなったのか、
ジェノスだけでなく阿修羅カブトやジーナスにも教えてあげます。

サイタマさんどや顔で曰く、
「腕立て伏せ100回、上体お越し100回、スクワット100回、
そしてランニング10キロを毎日やる!」
「もちろん三食食べて、朝食はバナナでも良く、
(節約のために)エアコンを使わないこと」
だそうです。
恐ろしいです。
トンデモないトレーニング量です(棒読み)。
これにはみんな唖然としています。
やはりこれくらいやらないとサイタマさんみたいに強くなれないのですね(棒読み)。
でも1年半で禿げるのは嫌だなぁ。

サイタマさんは真実を言っているのですけど、
みんな信じてくれません。
特に阿修羅カブトはサイタマさんがふざけていると思ったのか
進化形に変化してサイタマさんをドツキ回します。
が、サイタマさんは阿修羅カブトの一言で
今日スーパーの特売日であることに気付いたらしく
ものすごく後悔の念に捕らわれてしまいます。

あ、ついでにパンチ1発で阿修羅カブトをやっつけていましたw

サイタマさん的には
スーパーの特売>阿修羅カブトとの戦い
だったみたいです。

このやりとりを見ていたジーナス。
これまでの研究がバカバカしくなったらしく
研究をやめるみたいです。
変わるべきは人類では無く自分だと気づいて。

今回はここで終了。
バトルと会話の落差が毎回秀逸で大変面白いです。

次回は声優の梶裕貴さんが何かの役で出演されるみたいです。
梶さんと言えばカッコいい役をやるイメージしかないので、
どんな役で出演されるか楽しみです。

今回のまとめ三行
・長い回想は途中で中断
・キツイトレーニングをしないと強くなれない
・スーパーの特売>阿修羅カブトとのバトル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする