ベルまま(ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。)第2話の感想 「ごっちんがアザゼル兄貴の前で緊張する理由とは?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回の内容を三行で表すと

こんな感じです。

 

新キャラ登場でにぎやかに

なってきました。

まあ、1人は無口ですが。

 

でもアザゼルという名前で

無口キャラはしっくりきませんわ。

 

どうしても

アザゼルと聞くと

関西弁の口の悪い悪魔しか

思い浮かびませんので。

 

まあ、それを言ったら

ベルゼブブだって

某べーやんを思い浮かべて

しまいますがw

 

前回の内容を振り返りたい方は

こちらをご利用ください。

 

ベルまま(ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。)先行第1話の感想 「ミュリンの苦悩は続く」
ベルまま第1話の感想記事です。ベル閣下の生まれたままの姿やミュリンの壁ドンなど見どころ満載。少女漫画風の絵で敬遠するつもりだった男性も是非1度視聴しましょう。

 

ベル閣下に幻滅しながらも

ほっとけないミュリンは

ホント良い奴ですわ。

 

 

 

スポンサーリンク

Aパート:「兄貴はメルヘンなお味。」の感想 「兄貴はボードで会話するナイスガイ」

今日のケサパサのフワフワを

堪能するベル閣下。

これじゃあ仕事が進まない。

 

ベル閣下がゆるふわに

現を抜かしているのは

全部自分のせいではと悩むミュリン。

 

まあ、たぶんミュリンが

しっかりし過ぎているから

自分がダラけても大丈夫だと

ベル閣下は思っていそうですけどね。

 

考えながら階段のところに来たミュリン

でしたが、

踏み外してしまい危機一髪。

 

でも運よく下にいた

ごっつい悪魔がキャッチしてくれてセーフです。

 

ベルまま第2話より引用

 

あ、これ恋に落ちるパターンじゃね?

悩みある青年が一人の男性と出会って

意気投合。

そして知らなった世界へ。

少女漫画だったらありそうなシチュですが…。

 

ミュリンを助けてくれたこの男性、

名前はアザゼル。

 

冒頭に書いたように

このアザゼルは下ネタ大好きな

毒舌関西弁キャラではありません。

 

どちらかというと

それと対極にあると言ってもいいでしょう。

 

だって無口で

喋る必要がある時は

ボードに文字を書いて会話するのですから。

 

助けられたミュリンは

アザゼル兄貴こそ自分が目指すべき男性だと

確信します。

 

男らしく優しい。

自分もアザゼル兄貴のようになれば

ベル閣下もしっかり仕事をしてくれると

考えているのでしょうね。

 

目標がはっきりすれば、

あとは真似するのみ。

 

ミュリンはアザゼルに付いていき、

アザゼルと同じように振る舞おうとします。

 

ただこの手のキャラって

見た目と中身が反対であることがデフォ。

 

そしてこのアザゼル兄貴も

その例外ではありませんでした。

 

アザゼル兄貴は大の可愛いもの好き。

食事はくまさん顔のパンケーキだし、

部屋には動物のぬいぐるみがたくさん!!

 

まあこれだと

「俺に関わるな。絶望を見るぞ」

と忠告するはずですわ。

 

ちなみにアザゼル兄貴は

万魔殿でも古参の悪魔。

 

当然ベル閣下ともお友達。

ベル閣下にために

くまのモフモフなぬいぐるみを

作ってあげるくらいの。

 

最初は面食らったミュリンでしたが

アザゼル兄貴の趣味に理解を示します。

 

これにはアザゼル兄貴も大感動。

思わずミュリンを抱き締めますが

それを見ていたベル閣下が

二人の邪魔を…。

 

ベル閣下、

やっぱりそういうことなんですね。

 

口ではミュリンは私の近侍と

言ってますが、

近侍が自分以外のものと

イチャイチャするくらいで

膨れる訳ありませんので。

 

 

スポンサーリンク

Bパート:「登場、バイブレーションガール。」の感想 「恋する乙女は尿意をもよおす」

 

アザゼル兄貴から

一冊の本を借りるミュリン。

 

タイトルは「ヒミツの花園」。

どうやら衣装などを参考にするためのようです。

ミュリン、

ベル閣下にコスプレさせるつもりかよ。

 

さてベル閣下の執務室の前で

ミュリンは一人の少女?と出会います。

 

ベルまま第2話より引用

 

 

ミュリンが話掛けた瞬間、

恥ずかしそうな顔になって

大事なところを抑える少女。

 

もしかして痴女?

と思ったら、

どうやら尿意がきたようです。

 

彼女の名前はベルフェゴール。

あだ名は「ごっちん」。

 

やはりベル閣下の親友。

緊張すると尿意をもよおしてしまうという

厄介な体質。

 

ちなみにこのごっちんのCVは

久野美咲さん。

このキャスティング絶妙過ぎますわ。

久野さん以上にこのごっちんの役を

演じられる人いないでしょうね。

それぐらい適役なので

是非アニメ本編を視聴してください。

 

最速放送から1週間以内ならば、

Abemaビデオで無料視聴できますので。

 

Abemaビデオ - 見逃した番組・タイムシフトの動画が見放題 | 【AbemaTV(アベマTV)】
見逃したくない番組を録画のようにAbemaビデオに追加して、好きな時に何度でもお楽しみいただけます。最新のニュースや人気のアニメ・ドラマ・ライブ・スポーツ・麻雀・将棋など人気作品が見放題。「初回登録なら無料体験」を実施中!!

 

 

さて話を戻しましょう。

どうやらごっちんはベル閣下に

呼ばれてここ来たようです。

 

そしてもう一人、

ベル閣下に呼ばれた人物が。

 

それがアザゼル兄貴。

 

しかしアザゼル兄貴の姿を見た瞬間、

ごっちんは尿意をもよおし、

フェードアウト。

 

どうやらごっちんは

アザゼル兄貴を極度に意識している様子。

 

アザゼル兄貴自身は

自分のことをごっちんが

怖がっていると思っているようですが。

 

この状態を何とかしようと

一肌脱ぐことにしたミュリンとベル閣下。

 

その結果がこれ。

 

ベルまま第2話より引用

 

アザゼル兄貴のメイド服、

いろいろな意味でヤバい。

 

 

ごっちんが

アザゼル兄貴の前で緊張してしまう理由。

当然怖いからではありません。

 

あくまで推測ですけど、

どう見ても好意ですよね。

 

ベルまま第2話より引用

 

好きな人の前だと

緊張してしまう。

よくあることです。

 

鈍いアザゼル兄貴とミュリンは

理解してないようですけど。

 

ただアザゼル兄貴とごっちんのペア、

見た目だけで言えば

いろいろヤバいです。

 

薄い本の作家さんたちは

このカップルに創作欲を

刺激されるかもしれませんが。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

メインキャラの登場と

そのキャラの掘り下げを一緒に

やってくれるので

見やすいですねえ。

 

一変キャラを出して

少しづつキャラを掘り下げるより

ずっといいですわ。

 

次回もどうやら新キャラが

出てくる模様。

 

次はどんな悪魔でしょうか?

次回も楽しみです。