青ブタ第2話「初デートに波乱は付き物」の感想 「灯台下暗し!!まさかあの場所に解決のカギが?」

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

第2話は新キャラが出てきたり、

桜島先輩の魅力がたっぷり味わえたり、

咲太良い奴だと思ったり、

二人で遠くまで泊りがけのデートに行ったり、

いろいろなものが盛りだくさんです。

 

でも本筋は桜島先輩の

思春期症候群をどうにかすること。

 

何せ実の親まで

桜島先輩のことを忘れて

しまったのですから。

 

何とかしなければいけないという

咲太の気持ちはよくわかります。

 

ただ解決のカギになりそうなのが

まさか自分たちの高校だったとは。

 

わざわざ岐阜の大垣まで来たのに。

 

前回の内容を忘れた方は

こちらのリンクをご活用ください。

 

【アニメ】青ブタ1話「先輩はバニーガール」の感想 「思春期症候群は怖い」
青ブタ第1話の感想記事です。結構面倒臭い話にも思えますが、視聴しているとスッと内容が入ってくる感じ。決してエロい系の作品ではないので、ご注意を。

 

桜島先輩がどうして

図書館でバニーガールの格好を

していたかその理由がわかります。

 

 

スポンサーリンク

桜島先輩が芸能活動を休止した理由

 

一緒のお買い物する二人。

桜島先輩だけだと買い物できないですからね。

でもそうすると万引きやり放題なはずですが、

それをしない桜島先輩は倫理上正しいですわ。

 

まあ、さすがに飲まず食わずが続いて

死ぬかもしれないと思ったら

倫理よりも生存を優先して欲しいですけど。

 

さて買い物できない桜島先輩のために

買い物を手伝う咲太。

 

一応喧嘩しているはずですが

そんな感じはナッシング。

普通にイチャつくカップルにしか

見えません。

 

美人の先輩と

イチャつくことができる。

男子高校生としては

これ以上のシチュエーションは

ありませんわ。

 

咲太そこ代われと

思っている視聴者は

たくさんいることでしょう。

 

 

帰り道、

やっぱりお節介というか

アドバイスをしようとする咲太。

 

その過程で咲太は

どうして桜島先輩が

芸能活動を休止したか

その理由を話します。

 

その理由とは

マネージャーである

自分の母親に

意に添わない仕事をさせられたから。

 

女優としてやっていきたいのに

水着のグラビア撮影なんて。

 

まあ、グラビアって

短期的に人気を稼ぐには

効率が良い手段だと思いますが

将来的に女優だけで頑張るつもりなら

黒歴史なるの確実ですからねえ。

 

それにまだ学生で

水着になるのは当然

恥ずかしいでしょうし。

 

この情報を

南条さんから仕入れた咲太。

その代わり、

自分の傷の写真を南条さんに

撮らせてあげたのですが、

それを知った桜島先輩は

大激怒します。

 

咲太の傷は

思春期症候群が存在する大きな証拠。

マスコミがほっとく訳ありません。

すぐにマスコミが身元を確定して

乗り込んでくるのが確実なのです。

 

すぐに南条さんと連絡を取り、

咲太の写真を公表しない代わりに

別のスクープを提供することを

約束します。

 

そのスクープは

桜島先輩が芸能界に復帰するというもの。

ただし今まで事務所とは

別のところに所属し直してですけど。

 

 

咲太を守ることができて

自分の芸能界復帰をアピールできる

一石二鳥なグッドアイデア。

 

でも咲太を守ることが

最優先でこのことを

思いついたのでしょうねえ。

 

桜島先輩

優しいですわ。

 

 

スポンサーリンク

実の親も桜島先輩のことを忘れてしまう

 

桜島先輩と一緒の遊ぶため、

家を出る咲太。

1秒でも遅れたら帰ると

言っていた桜島先輩は

たぶんその通りするのでしょうねえ。

 

遅刻しないように心に誓う咲太ですが

当然面倒事に巻き込まれてしまいます。

 

青ブタ第2話より引用

 

このショートの女の子、

絶対後から咲太に絡んでくるのでしょうねぇ。

声聞いただけでストーリー知らなくても

予想できますわ。

 

結局1時間以上遅刻してしまった咲太。

当然桜島先輩は怒って帰っただろうと

思ったら…。

 

先輩素直じゃないですねえ。

 

 

電車の中や浜辺で

自分の過去の話というか、

自分のことを信じてくれた

女性の話をします。

 

青ブタ第2話より引用

 

彼女の名前は牧之原翔子。

 

彼女に心を救われた咲太は

彼女と一緒の高校に入学しますが

彼女は高校にいなかった。

 

もしかして

彼女の思春期症候群?

 

彼女に関しても

ストーリーに絡んできそうですね。

 

さて桜島先輩の前で

他の女性の話をするのは

どうかと思いますが、

桜島先輩はそれどころではありません。

 

実は先輩、

今日母親と

芸能界活動再開の話をするつもりだったのです。

 

そして一人では不安なので

咲太にデートすると思わせて

来てもらったのでしょうね。

 

芸能界復帰は

別の事務所から。

 

これを認めてもらうのは

結構大変なはず。

 

桜島先輩はどうやって

説得するのか?

 

 

と思ったら、

実の母親が桜島先輩の存在

忘れているじゃん!!

 

青ブタ第2話より引用

 

完全に悪化しとる。

 

さらに南条さんも

取引したくせに桜島先輩のこと

忘れているなんて。

 

 

スポンサーリンク

解決のカギは高校にあり!!

 

どこか遠くの町へ行けば

桜島先輩のことを覚えている人が

いるかもしれない。

 

仮に覚えている人見つかっても

すぐに忘れてしまうかもしれないのに。

 

まあ、今は桜島先輩を元気づけることが

優先と咲太は思ったのでしょう。

 

電車に乗車して遠くに行くことにした二人。

 

結局岐阜の大垣市までやってきます。

神奈川の藤沢から大垣までって

えらい遠くまで来ましたねえ。

 

 

でも結局桜島先輩を覚えている人はなし。

今日はもう遅いのでここで一泊することに。

 

高校生が二人同じ部屋に泊まるなんて。

それもシングル!!

 

ハイスコアガールの春雄と大野だって

ツインだったのに、

シングルって…。

 

いろいろ期待しますが、

咲太は桜島先輩を元気づけて

思春期症候群を何とかすることで

頭いっぱいですからねえ。

 

解決の糸口が見つからない咲太は

親友の国見に電話します。

 

そしたら、国見はまだ

桜島先輩のことを覚えている。

さらに双葉もやっぱり覚えるじゃん。

 

どうやら解決するカギは

学校にあるようです。

 

 

そして同じベットで寝る2人。

いろいろ考えられるシチュですが

そういう雰囲気ではないですね。

 

薄い本とか出たら

確実にああいうルートになるでしょうけど。

 

最後に桜島先輩はこう言います。

 

ありがとう。私を諦めないでいてくれて。

ありがとう」。

 

 

これが桜島先輩の

率直な気持ちなんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

まさか同じ高校の人間が

忘れてなかったなんて。

 

まさに灯台下暗しですわ。

でも桜島先輩は学校で空気を読み

気配を消していたはず。

 

それなのに

まだ桜島先輩のことを忘れてないとは

やっぱりに何かあるのでしょうねえ。

 

でも解決のカギが簡単に見つかったら

本作のメインストーリーどうなるの?

 

もしかして以降はずっと

桜島先輩と咲太のイチャイチャが

続くとか(そんな訳ない)。

 

次回大きく動きそうな気がします(たぶん)。

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

  • 桜島先輩が芸能活動復帰を決める
  • 親から存在を忘れ去られる桜島先輩
  • 解決のカギは高校にあり