ワンパンマン第2話「孤独のサイボーグ」の感想 「ギャグパートとバトルシーンのバランスが秀逸です」

感想(ネタバレあり)

AパートはジェノスVSモスキート娘。
モスキート娘は蚊に集めさせた血を吸収して
どんどん強くなっていく怪人で、
全身サイボーグのジェノスも苦戦します。
そこに現れた我らがサイタマさん。
貼り手一発でモスキート娘を撃破。

ちなみにモスキート娘の声は沢城みゆきさん。
今期で言えばルパンの不二子をやっていますね。
そんな声優さんを怪人役で使い捨てる(褒め言葉)この作品。
まあ、第1話でもフリーザやバイキンマンの声をやっている
中尾隆聖さんを使い捨てるぐらいですから、
中堅のみゆきちレベルだったら気にもしないかもしれません。
このパターンで行くと次週以降も中堅以上の声優を使い捨てる可能性大です。

前期のそれが声優!みたいに
いろいろな有名声優さんが登場するところも
本作を楽しむポイントかもしれません。

さてBパート。
サイタマさんの強さに魅了されたジェノスが
サイタマさんに弟子入りするために
サイタマさんのお宅へ。

そこで空気読まず過去の話をべらべらと喋るジェノス。
喋る間にサイタマさんを傷つけるジェノスはホントKYです(古い)。
これはサイタマさんでなくても切れますね。
でも25歳であの頭部になってしまったサイタマさん。
切ないです。

一方モスキート娘を貼り手一発で倒したサイタマさんに
進化の家の色男のジーナス博士
(声は浪川大輔さん、まんまアルスラーンのナルサスw)が
興味を持った模様。

配下の怪人にサイタマさんを拉致するように命令します。
さっそく怪人たちがサイタマさんを拉致するために
サイタマさんのマンションを襲撃しますが、
マンションの天井を壊されたサイタマさん激おこ。
カマキリやライオンの怪人を一撃で潰します。
サイタマさんと怪人の掛け合い、
それとバトルシーンのバランスが秀逸と思うのは私だけでしょうか。

一方ジェノスもサイボーグのゴリラ相手に善戦し、
ゴリラから相手の情報を入手。

今回はここで終了。
次回はサイタマさんたちが敵のアジトを襲撃するのでしょうか?

そう言えば私は今回地上波では無く、
ニコ生で視聴したのですけど、
地上波と同時放送だったので、
地上波のCM中、
尺調整のため
実写のコーナーをいろいろやっていました。
ニコ生見れる人はニコ生で見た方がお得かもしれませんね。
また地上波で見る方も
ニコ生のタイムシフト機能を使って
翌日にも視聴することをお勧めします。

今回のまとめ三行

今回はみゆきちを使い捨て
ジェノスがサイタマさんに弟子入り
進化の家が寄越した怪人はサイタマさんの敵では無い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする