銀河英雄伝説【旧OVA版】第48話「双頭の蛇~ランテマリオの決戦~」の感想 「またラインハルトの完勝の邪魔をするペテン師」

この記事は約5分で読めます。

xx4

 

 

感想(ネタバレあり)

 

さあ、同盟軍と帝国軍の決戦です。

地の利を有する同盟軍、圧倒的な兵力を誇る帝国軍。

勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか?

まあ、戦力が違いすぎて地の利ぐらいでは劣勢を跳ね返すのはほぼ無理ですけどね。

 

 

第47話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第47話「自由の宇宙を求めて」の感想 「ペテン師の弟子はやっぱりペテン師でした」

 

スポンサーリンク

同盟軍新兵の蛮勇が帝国軍を翻弄する結果に

 

兵力で劣る同盟軍の戦略。

それは帝国軍を分断して各個撃破を図ることです。

帝国軍も想定しているこの手を使うしかありません。

 

 

何しろ同盟軍は3個艦隊3万2000隻に対して、帝国軍は7個艦隊10万隻以上

帝国軍のセリフから兵力の差は約5倍みたいですので、実際の帝国軍の兵力は15万隻以上と推定されます。

とても正面からぶつかって勝てる相手ではありません。

 

そのため同盟軍の宇宙艦隊司令長官のビュコックは、各個撃破しようとミッターマイヤー艦隊に襲い掛かります。

でもここで意外な状況に。

 

新兵が多い同盟軍は予想に反して余力を残さず帝国軍に突っ込んだため、帝国軍が適切な対処ができなくなったのです。

 

この状況って第3次ティヤマト会戦の第11艦隊に似ていますよね。

あの会戦で第11艦隊は他の艦隊との連携せず、持てる力をすべて帝国軍にぶつけて帝国軍を翻弄しました。

まあ結果的にラインハルトの逆撃を被って第11艦隊は司令官以下多大な損害を出してしまいしたが。

 

その時第11艦隊の暴走を止めることができなかったのが、当時第5艦隊司令だったビュコック。

あの時と同じような状況になるとはホント皮肉です。

 

でも今度はビュコックもしっかりと暴走を止めます。

暴走した2つの分艦隊を通常位置に戻らさせることに何とか成功させるビュコック。

しかしやられっぱなしだった帝国軍もこの気を逃さず反撃。

ミッターマイヤー艦隊だけでなく他の帝国軍艦隊も殺到してきたため、ビュコックは各個撃破を放棄します。

 

 

ビッテンフェルトの攻撃力がチート過ぎる

 

ビュコックが選択した次善の策。

それはランテマリオ星系第1惑星の軌道上まで後退して負けない戦いに徹することです。

ビュコックとしてはここで時間を稼ぎ、ヤン艦隊が来援することに最後の望みを託します。

 

もちろんそんなことは帝国軍も承知していますのでさっさとかたをつけるべく、包囲殲滅戦を仕掛けます。

しかし同盟軍が立てこもったランテマリオ星系第1惑星の軌道上はエネルギー潮流が流れており、艦艇が簡単に渡ることができません。

つまり同盟軍はエネルギー潮流に四苦八苦している帝国軍を潮流の外から狙い撃ちすればいいだけ。

 

さらに同盟軍は帝国軍の艦艇の動力部分だけを狙って攻撃。

動けなくなった帝国軍の艦艇を盾代わりに使うという策まで用いて時間稼ぎに徹します。

 

ここにきてラインハルトも決着を付けるべく予備兵力であるビッテンフェルト艦隊を投入します。

予想通りエネルギー潮流で進撃速度が落ちて狙い撃ちされるビッテンフェルト艦隊。

普通の艦隊ならエネルギー潮流を渡り切ることに全力を尽くしますけど、攻撃こそ命であるビッテンフェルト艦隊は潮流の中で反撃。

ビッテンフェルト艦隊の反撃に同盟軍は大損害を被り、反撃するだけの戦力を喪失してしまいました。

どんだけ攻撃力高いんだビッテンフェルト艦隊は。

もう完全にチートです。

思えばビッテンフェルト艦隊はヤンでさえ手を焼いた相手です。

 

ビッテンフェルト艦隊を正面から受け止められたのは、惑星リューゲンで彼らと戦ったウランフ中将率いる同盟軍第10艦隊ぐらいなもんです。

それ考えるとあの時ウランフが戦死したのは痛かったですわ。

 

スポンサーリンク

帝国軍に傾いた流れを押し戻したのはやっぱりペテン師でした

 

このままいくと同盟軍は壊滅し、帝国軍の完勝となるのは時間の問題…と思った時、奴が現れます。

そうイゼルローン要塞を捨てたあのペテン師です。

 

当然今回も最後の最後に出てきて同盟軍の全面崩壊を防ぎます。

第4次ティヤマト会戦、アスターテ会戦、アムリッツア会戦、そして今度のランテマリオ会戦。

これで4度目。

4度も完勝の邪魔をされたラインハルト。

喧嘩っ早いラインハルトでなくてもムカつきますわ。

 

またそれだけではありません。

最後の最後でフェザーンに行っていたあの人がヤン艦隊に合流するし。

 

これって帝国軍に傾いていた流れを完全に押し戻すだけの効果があります。

まあ物語だからこうしないとダメなんでしょうけど、帝国軍のファン方からすればイライラする状況でしょうね。

ヤンに美味しいところを持って行かれたので。

 

 

 

銀河英雄伝説【旧OVA版】第48話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

ヤン艦隊は首都星ハイネセンに向かい、帝国軍は惑星ウルヴァシ―を占領して根拠地とします。

果たして戦局はこの先どっちに転ぶのでしょうか?

次回が楽しみです。

 

第49話の感想記事はこちらからどうぞ。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第49話「闇が深くなるのは・・・」の感想 「地球教とラインハルト奇病、それぞれのフラグが立ちました」

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

 

  • ランテマリオ聖域で同盟軍と帝国軍が激突
  • ビッテンフェルト艦隊はチート
  • ユリアンが帝国軍の駆逐艦を手土産に帰参