機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」を視聴した感想

xx11

感想(ネタバレあり)

先週特別番組で放送がつぶれたので

久しぶりのUCです。

間が空いたのでちょっと長めのあらすじが入っても

文句ありません。

シャンブロを止めたのは?

トリントン基地を襲撃するジオンの残党軍。

明らかに1年戦争時代のモビルスーツがどんどん出てきて

年期の入ったファンが大歓喜です。

ZガンダムでMSVの機体がたくさん出てきた時と

同じような感覚ですね。

そういえばバナージがまた青臭いこと言ってますけど、

そんなもんどうでもいいです今回は。

さてジオン残党軍が優勢だった戦闘に

連邦軍の1機のモビルスーツが参戦します。

それがバイアラン。

Zガンダムでジェリドが乗っていた機体ですけど、

こんなに強かったのですね。

まあ相手はジオンの旧式モビルスーツですけど、

操縦しているのは15年近く地球に潜伏していた手練ればっかりですからねえ。

そう考えるとこのバイアラン無双って異常ですわ。

さていつの間にかジンネマンと殴り合いをやっていた

バナージがユニコーンで出撃します。

そして出撃したユニコーンは、

大暴れしているロニ操るシャンブロの前に。

対峙するユニコーンとシャンブロ。

バナージはロニを止めようとしますけど、

親を連邦軍に殺されたロニの恨みは強く、

どんだけ説得しても無理そう。

つ~か、得体の知れないものに操られている感じが。

バナージはそれでも説得を試みますけど、

ここはリディが言うように

さっさと機体壊した方が早いと思いますけどね。

と思っていたら、

バナージの捨て身の説得でロニが感化されちゃった。

なんだかなあ。

何かご都合主義って感じがします。

前回ロニは暴走して町を破壊したのに。

でもここでまた邪魔が。

いつの間にかロニの仲間のカークスが死んだことで

ロニがまた心変わり。

仕方が無いのでバナージはユニコーンをデストロイモードへ。

でも説得を諦めないバナージは攻撃しないで・・・

攻撃しないのなら無理してデストロイモードにする必要は。

ほんとバナージがやること意味わからん。

一方、ジークジオンを繰り返しつぶやくロニ。

もうおかしくなっています。

と、思っていたら、

今度はカークスの残像(幽霊?)が出てきて、

ロニを正気に戻します。

でも遅かった。

バナージがやる気無しとみたリディがシャンブロを・・・

リディの目がいってます。

なんか感じが怖いです。

リディ、暗黒面に落ちちゃったのかしら。

暗黒モードのリディはバナージに

ユニコーンから降りることを要求します。

そんな時空から1機のモビルスーツが。

あれ?黒いユニコーン?

今回はここで終了。

またいいところでぶち切りしやがった。

早く続きが見たいです。

そういえば次週からまた副音声企画が始まるようですね。
https://twitter.com/gundamUC_RE0096/status/746253714030092288
本編に集中したいのでたぶん私は聞かないでしょうけど、

何度もOVA版見ている方は副音声版で視聴すると

何か新しい発見とかあるかもしれませんよ。

今回のまとめ三行

・バイアラン無双

・ロニを止めようとするバナージ

・リディが暗黒面に落ちた?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする