信長の忍び ~姉川・石山篇~第74話「聖域無き戦国乱世」の感想 「比叡山焼き討ちのフラグ立ちました」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は比叡山と信長の交渉回。

比叡山に逃げ込んだ浅井朝倉軍を巡り、

両者が交渉をしますが、

信長に敵対的な比叡山は

信長への返答を無視することに。

 

これが後の比叡山焼き討ちのフラグなるなんて

比叡山の首脳部は思いもしなかったでしょうね。

 

なお前回の内容を振り返りたい方はこちらからどうぞ。

 

信長の忍び ~姉川・石山篇~第73話「天魔の御加護」の感想 「悪ガキだったころの経験と知識が信長を助ける」
今回は森可成が死んだ後のお話です。悪ガキだったころの経験で川を渡河した信長は京の都の防衛に成功。さあ、浅井朝倉軍との決戦だと思ったら、まさか比叡山逃げ込むなんて。

 

 

スポンサーリンク

比叡山との交渉開始

比叡山を望む位置に陣を敷いた信長軍。

ただし比叡山に手出しできません。

 

何しろ長い間

京の都を守ってきた由緒正しき場所なので。

 

さてどうするか?

思案する信長の元に一人の僧がやってきます。

僧の名前は真雄。

比叡山の麓の聖衆来迎寺の住職を務める人物です。

 

実はこの真雄。

森可成の遺体を浅井朝倉軍から引き取り、

遺体を丁重に葬っていたのです。

 

聖衆来迎寺は本来比叡山と同じ

天台宗のお寺。

敵方である可成を葬うことは

結構不味いことなんですけどね。

 

まあちょっとネタバレになりますが

可成を葬ったことで

比叡山焼き討ちの時、

この聖衆来迎寺は信長軍に見逃されることに

なります。

 

僧侶として亡骸を葬うのは当然の仕事。

そしてその仕事をやったおかげで

難を逃れることになるとは。

 

さて信長は真雄に仲立ちを頼み、

比叡山の僧を自分の陣へ連れてきてもらいます。

 

その目的は

比叡山と交渉すること。

 

信長としては

可成の仇である浅井朝倉軍を

叩きたいのですけど、

比叡山が邪魔。

 

そこで味方すれば

信長軍が占領している

比叡山の領地を返還する。

また味方しなくても中立を

守って欲しいと要請します。

 

そして仮に信長軍と敵対する道を選べば

焼き討ちを行うと宣告。

 

それも「ふっくらこんがり焼き上げる」と。

 

助蔵がツッコんだように

完全に表現がおかしいですけど、

信長は大真面目のようです。

 

この人なら本気でやりかねませんから

怖いですわ。

 

それに信長軍には

東大寺の大仏殿を焼いた

寺焼きのスペシャリストもいますし

やろうと思えば簡単にできそう。

 

なお表現に関しては

「カリッと香ばしく」の方が

良かったか?と

佐久間信盛に聞いてましたが

どっちもどっちかと。

 

スポンサーリンク

比叡山の決定がそのまま焼き討ちのフラグへ

 

信長の脅迫はそのまま

比叡山の座主である覚恕は

信長の言葉を一笑に付します。

 

比叡山は尊き山。

信長ごときが手出しする訳ない。

そういう先入観があっての

発言でしょう。

 

そして信長軍に返答しないことを

決めます。

いわゆる無視するということです。

 

無視というのは

拒否するよりも無礼な振るまい。

 

完全に信長を馬鹿にしてますね。

 

あ~あ、フラグを自分で立てやがった。

もう知らね。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

この後森可成の幽霊が

千鳥の前に出てきたところで

今回は終了。

 

森可成の幽霊は

完全にギャグ担当になりつつありますね。

 

直前に可成の家族が

可成討死の報を受けて

嘆き悲しんでいるシーンがあったのに

すべて台無し。

 

ただ可成の幽霊のおかげで

幾分か重たい空気を中和しているのですけどね。

 

本作は

ギャグとシリアスの微妙な塩梅が

作品を面白くしているので

シリアスに傾き過ぎると

敬遠する層が出てくるでしょうから。

 

 

さて次回のタイトルは

「悪夢の志賀の陣」。

 

悪夢になるのは信長軍か?

それとも浅井朝倉軍なのか?

 

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

  • 信長と比叡山延暦寺との交渉開始
  • 延暦寺は答えを出さないことを決定
  • 比叡山焼き討ちの見事なフラグが立った