うちのブログ(Aかん)で閲覧数が多い記事ベスト10を公開してみる

 

ちょっと前にどんな検索キーワードでうちのブログに流入しているかという記事を作ったら、思ったよりPVが伸びたので、2匹目のドジョウを狙って今回は閲覧が多い記事ベスト10を公開します。

 

このブログを始めてからおよそ2年半。

記事数は約1200。

万越えの記事がある一方、二桁しか閲覧がない記事も。

まあぶっちゃけ、閲覧が少ないのは内容がショボいのが原因なんでしょうけど。

 

では前説はこれぐらいにして本編を見ていきましょう。

この記事では1位から10位の順番でご紹介していきます。

記事の簡単な内容も書いておくので、気になった記事がありましたら、読んでもらえるとうれしいです。

 

 

第1位:かやつぐの話題が少なくなっている間に大西沙織さんとたかみなさんが松岡さんとの距離を更に縮めてきた?

エロマンガ先生ニコ生特番より引用

 

 

かやつぐのカプ厨記事を振り切って1位を獲得したのは「さおつぐ」と「みなつぐ」の記事

 

かやつぐの話題が少なくなっている間に大西沙織さんとたかみなさんが松岡さんとの距離を更に縮めてきた?(2018年11月13日追記あり)
「かやつぐ」の絡みが少なくなり、かやつぐファンにはツマラナイ日々が続いていますが、その隙を狙ったかのように松岡さんの後輩である大西沙織さんと高橋未奈美さんが動き出したようです。

 

 

どっかのまとめブログにかやつぐが付き合っているという記事が載ってから、あからさまに「かやつぐ」のイチャイチャが少なくなった一方、「さおつぐ」の話が増えたので、それをまとめた記事です。

 

そして途中から「みなつぐ」の内容も記載するようになってます。

 

最近は大西さんが売れっ子になって、「さおつぐ」の共演が減り、またたかみなさんも「松岡さんは凄い」しか言わないので、追記する内容が全くない模様。

 

 

第2位:【かやつぐ】最も成功した男女声優コンビの軌跡!!

MF文庫J夏の学園祭2017 ノゲゼロのニコ生より引用

 

 

某まとめサイトが掲載した「かやつぐが付き合っている」という記事に対する反論で書いた記事でしたが、いつの間にか「かやつぐ」の動向を書き散らす記事に。

木乃伊取りが木乃伊になる感じ?

 

【かやつぐ】最も成功した男女声優コンビの軌跡!!(2018年10月7日追記あり)
かやつぐに関する感想や気付いたことを書きとめた記事です。不特定多数の方が閲覧するのを防ぐためパスワード保護を行っております。パスワードについてはこのブログのポリシーのページをご覧ください。

 

総文字数4万オーバーの超長文記事であり、カプ厨が喜ぶような内容ですので、そういう類の内容が嫌いな方は読まないでください。

 

今年4月以降、SAOの共演でまた「かやつぐ」の揃い踏みが急増しているので、追記がさらに増える可能性あり。

また現在少しづつ改修を行っています。

 

 

第3位:【グランクレスト戦記】登場キャラクター79人の紹介と各話での動向まとめ

グランクレスト戦記第1話より引用

 

 

グランクレスト戦記の登場キャラクター紹介とアニメ各話での動向をまとめた記事。

 

【グランクレスト戦記】登場キャラクター79人の紹介と各話での動向まとめ
2018年6月に放送が終了したグランクレスト戦記。 かなり速いテンポでストーリーが進んだため、キャラの名前を把握できない方も多いかもしれない。 この記事では各キャラの簡単な紹介と共に各話におけるキャラの動...

 

名前ありでアニメに登場したキャラクターはほぼ網羅していると思います。

総文字数は約7万3000字。

うちのブログの中でダントツの長さ。

 

毎週放送が終わった後、追記するのが大変でした。

それだけ登場人物が多く、内容が濃かったということですけど。

 

ただそれでも2クールでは足りなかったと思いますわ。

まあ足りなかった部分はゲームで補完されているので、興味がある方はPS4やスマホゲーをプレーしましょう。

 

第4位:【ラノベ】冴えカノ第11巻の感想(ネタバレあり) 「加藤恵派のフラストレーションが解消する1冊!!でも・・・」

 

 

第4位は冴えカノの原作11巻の感想記事。

 

【ラノベ】冴えカノ第11巻の感想(ネタバレあり) 「加藤恵派のフラストレーションが解消する1冊!!でも・・・」
感想(ネタバレあるけど抑えめ) さあ冴えカノ11巻です。 ここまでえりり、詩羽先輩の ゲームシナリオを完成させた 主人公倫也が 満を持して メインヒロイン加藤恵のシナリオを...

 

 

第11巻にしてようやく、倫也とメインヒロインがイチャイチャする内容です。

加藤派の方は第7巻と同様絶対に読むべき巻だと思います。

 

詩羽先輩派の私としては手を抜いて書いたつもりだったのですけど、変な力が入っていない分読みやすかったのかもしれませんね。

 

 

第5位:松岡禎丞さんと演技の相性が良い女性声優さんとの共演作品数を数えてみた

ガンガンGAちゃんねるより引用

 

松岡さんと女性声優さんの共演作品数をまとめて記事。

見事ベスト5入りです。

 

松岡禎丞さんと演技の相性が良い女性声優さんとの共演作品数を数えてみた(2018年7月11日追加あり)
松岡禎丞さんと演技の相性が良いと思われる女性声優さんはどんな作品で共演されているのか?また共演作品数はどれくらいになるのか?を調べてみました。

 

現状掲載している女性声優さんは20人。

松岡さんの活躍が続けば続くほどどんどん追記することになります。

 

共演作品の数で順位付けするとこんな感じ。

 

  1. 茅野愛衣さん:36本
  2. 日笠陽子さん:32本
  3. 大西沙織さん、早見沙織さん:26本

 

となっており、アイムの女性声優さんを跳ねのけて茅野愛衣さんが1位をゲット。

さすが「かやつぐ」。

このコンビは伊達ではありませんわ。

 

第6位:【ラノベ】ノーゲーム・ノーライフ第6巻の感想(ネタバレあり) 「大戦を終わらせた異種間夫婦の物語」

ノゲゼロのPVより引用

 

 

ノゲの原作第6巻の感想記事です。

第4位の冴えカノ第11巻の記事と真逆で、一生懸命書きました。

 

【ラノベ】ノーゲーム・ノーライフ第6巻の感想(ネタバレあり) 「大戦を終わらせた異種間夫婦の物語」
2017年7月15日公開の劇場版ノーゲーム・ノーライフゼロのベースとなったノゲ第6巻の感想です。ネタバレを含みますので読まれる際はその点にご注意ください。

 

 

何度読んでも泣けてくる名作。

この記事ではわかりやすくするため、劇場版ノゲゼロのPVから一部画像を引用しております。

そういうことをしたおかげでPV数が伸びたのでしょうけど、やはり本の内容が悪かったらここまで伸びなかったでしょう。

 

テレビアニメ版ノゲを視聴した方で、まだ原作第6巻を読んだことがない方は是非読んでください。

また新規の方も第6巻は過去の話なので、単独でも十分楽しめると思いますよ。

 

 

 

 

文字ばかりの本を読むのが苦手な方は是非ノゲゼロのDVDまたはBDをお勧めします。

 

 

 

原作に比べると端折っている部分もありますが、感動する点では同じですし、何より演出が神懸っています。

原作と甲乙つけがたい素晴らしさかと。

 

また限定版には「かやつぐ」コンビによる100分を超えるオーディオコメンタリーが収録されているので、かやつぐファンは必見だと思います。

 

第7位:DRIFTERS(ドリフターズ)第3話に登場した「アナスタシア」って実際の歴史ではどんな人だったの?

ドリフターズOPより引用

 

場違い感満載のこの記事。

 

DRIFTERS(ドリフターズ)第3話に登場した「アナスタシア」って実際の歴史ではどんな人だったの?
前回の菅野直大尉の記事が 意外とPV集めたので 調子に乗って第2弾です。 今回取り上げるのは 廃棄物として登場した アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァさん。 歴史上の彼...

 

実はFGOのイベントでアナスタシアという同姓同名のキャラが登場して、どんな人物だったか調べる人が急増したためベスト10入りしたのです。

 

ちなみにイベントが終わるとPVは激減。

ホントわかりやすいですわ。

 

あとベスト10のうち、松岡さんが全く関係ない記事はこれだけです。

どんだけ松岡さんに依存してんるんだよ、うちのブログは。

 

 

第8位:【ラノベ】冴えカノ第10巻の感想(ネタバレあり) 「詩羽先輩の挫折と復活そしてデレた姿が見れる1冊です」

 

第4位の11巻に続き、第10巻の感想もベスト10入りです。

こちらは詩羽先輩のメイン

当然この記事も一生懸命書きましたよ。

 

【ラノベ】冴えカノ第10巻の感想(ネタバレあり) 「詩羽先輩の挫折と復活そしてデレた姿が見れる1冊です」
感想(ネタバレあり) 7月20日に発売された 冴えない彼女の育て方第10巻。 ものすごく楽しみだったのに キンドル版の発売は1ヶ月遅れの8月20日。 ここ数年紙の本はできる限り 買...

 

某人物にラノベ作家としての誇りをケチョンケチョンされた詩羽先輩。

その先輩のためにゲームのシナリオを作る倫也たちという内容ですけど、いろんな詩羽先輩が見ることができて、詩羽先輩のファンは必見の巻ですわ。

 

 

第9位:アイム最強の師弟コンビ「さおつぐ」(松岡禎丞さんと大西沙織さん)の軌跡をまとめてみた

食戟のソーマ特別回より引用

 

「さおつぐ」の記事が再びランクインです。

 

アイム最強の師弟コンビ「さおつぐ」(松岡禎丞さんと大西沙織さん)の軌跡をまとめてみた(2018年2月8日追加あり)
アイムの先輩後輩コンビ「さおつぐ」(松岡禎丞さんと大西沙織さん)が出演したイベントや番組の感想をお二人に焦点を当ててまとめた記事です。すべて主観に基づくものですのでその点はご了承ください。

 

第1位の記事に比べるとカプ厨臭は控えめ。

タイトル通り、さおつぐの軌跡を記録した内容となっております。

2人の共演の歩みを知りたい方にはお勧めです。

 

第10位:【ラノベ】冴えカノ第7巻の感想(ネタバレあり) 「サークル崩壊と再生、そして詩羽先輩と」

 

三度登場の冴えカノの感想記事です。

ホントうちのブログは松岡さんと冴えカノさまさまですわ。

 

【ラノベ】冴えカノ第7巻の感想(ネタバレあり) 「サークル崩壊と再生、そして詩羽先輩と」
冴えない彼女の育てかた第7巻の感想です。ネタバレを含んでますので、アニメ組の方はご注意ください。

 

 

第7巻の内容はアニメ2期でも描かれたサークルの崩壊と再生

加藤ファンと詩羽先輩ファンは納得の一冊と言えるでしょう。

逆にえりりファンは新幹線ホームの出来事で詩羽先輩に憎悪を向けることになる内容かも。

 

ちなみにアニメ版と原作は内容が一部異なっているので、アニメしか見てない方も読むことをお勧めします。

 

 

終わりに

以上がうちのブログのPV数ベスト10です。

 

冴えカノの原作強かったですねえ。

でも冴えカノ原作の最終巻ってまだ記事にしていないのですよ。

一応この間買ったのですけど、まだ読む気になれなくて。

私は詩羽先輩派だから、どうしても加藤エンドの原作を読みたくないというか…。

 

まあ劇場版が公開されるまでには読んで感想を書くつもりですので、期待しないでお待ちください。

 

 

さて現在うちのブログは、過去の記事の修正をメインに行っておりますが、10月からは平常運転に戻る予定です。

それまでは新規の記事はあんまりアップしませんが、過去の記事を読んで時間を潰して頂けたら幸いです。