俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第1話「ようこそ庶民」の感想「庶民>お嬢様が斬新」

感想(ネタバレあり)

俺つえ~系と並び、
ラノベ原作系のテンプレであるハーレム系。
今期そのハーレム系代表(言い過ぎ)ともいうべき作品が本作
「俺がお嬢様学校に庶民サンプルとしてゲッツされた件」だと思います。

第1話は主人公の神楽坂公人が
学校で購買部に行く途中
マッチョのお兄さんたちに
ゲッツ(拉致)されて行きついた先が
お嬢様学校である清華院女学校。

公人はいつの間にか親に売られて
この学校に通うことになったのです。
それもこの学校のお嬢様方が
公人を通じて世間慣れする目的のために。

またなぜか公人は筋肉大好きな性癖となっており、
ホントの性癖である太もも好きを封印させられます。

そしてひょんなことから
コミュ障である愛佳になつかれて
勝手に庶民部の部員にされてしまう。
こんな感じです。

設定にちょっと無理がありそうな感じですけど
アニメだからケチを付けてはいけません。

このアニメの特徴としては
出てくるお嬢様たちは
基本天然というか心が綺麗というか、
良い育ちのお嬢様ばかりということ。
(専属メイドと幼馴染は心が荒んでいるようですけど)
スマホを知らなかったり、
お礼を手紙にしたり、
ちょっとやり過ぎ感もありますけどw

あとこの学校では
庶民である公人の方がお嬢様たちの羨望の的となるという
考えられないことになっているのです。

普通のアニメだったら
庶民<お嬢様ですけど、
本作は
庶民>お嬢様であるところが斬新です。

この作品、
以前ドラマCDが発売されており、
キャストは有名どころをつかっていて
かなり豪華だったのですけど、
このアニメ版ではほとんどのキャラのCVが変更になっております。
中堅どころの声優さんが少ないので心配だったのですけど
第1話見た感じは大丈夫な感じでした。

これからどういう展開を見せるか
予測できないタイプの作品なので
次回が楽しみです。

今回のまとめ三行

筋肉大好き(ホモ?)という設定にされてしまう主人公
庶民がお嬢様より進んでいるという間違った認識が広がる
主人公が勝手に庶民部の部員にされる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする