銀河英雄伝説【旧OVA版】第46話「ヤン提督の箱舟隊」の感想 「ヤンがイゼルローン放棄しましたけどそれ以上にロイエンタールの言動や野心が・・・」

この記事は約5分で読めます。

xx4

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回のメインはヤンがイゼルローン要塞を放棄するところ。

ただイゼルローン要塞の放棄より目が行くのは「ロイエンタールの言動と野心」ですよね。

第26話のラインハルトとの会話の後、何かが変わってしまったロイエンタール。

「キルヒアイスが生きていれば」と思いたくなりますわ。

 

 

第45話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第45話「寒波到る」の感想 「フェザーンが占領されて同盟軍がブラックな職場に」

スポンサーリンク

帝国軍に勝利するために敢えてイゼルローン要塞を放棄

 

同盟軍宇宙艦隊司令部より「好き勝手やっていいよ」という訓令文がヤンの元へ送られてきます。

それを見たヤンはイゼルローン要塞を放棄を決定。

すぐ部下達に伝えました。

 

ムライやシェーンコップは翻意を促しますが、ヤンの決意は変わりません。

 

ヤンとしては同盟軍唯一の勝機を逃さないためヤン艦隊を自由に動かせるようにしたいみたいです。

ヤンが勝利できるかもと思っている理由。それは「ローエングラム公が独身」だから。

 

初め聞いたときは何のこっちゃと思いましたけど、後々その真意がわかります。

あと数話待ちましょう。

 

ヤンの魔術の被害者がまた一人増えた

 

さてヤンが要塞に固執しないだろうというのは一流の将帥たちの一致した意見。

ラインハルトもロイエンタールも同じ意見ですけど、所詮戦術家に過ぎないレンネンカンプには理解できないようです。

 

レンネンカンプ曰く、「イゼルローン要塞を死守しれば武名が上がるのにわざわざ放棄する訳ない」と。

 

ヤンの性格を考えれば「名より実を選ぶ」というのは視聴者ならわかります。ただレンネンカンプはヤンの人となりがわかりませんからね。

それにレンネンカンプはあくまで「武人の範疇でしかものを考えることができない人物」ですし。

そりゃあロイエンタールから侮蔑の目で見られますわ。

 

 

ロイエンタールは簡単に要塞を放棄させないように嫌がらせみたいな攻撃を続きます。

 

さすがにこのままだとまずいと思ったのか、ヤンはアッテンボローが立案した作戦を認可してレンネンカンプ艦隊に痛撃を与えます。

 

その作戦とは古い輸送船に爆発物を仕掛けて輸送船を拿捕しようと近づいた帝国軍もろとも木っ端みじんにしようというもの。

この作戦でレンネンカンプ艦隊は2000隻もの損害を出し、さすがにレンネンカンプも大人しくなります。

 

この作戦により、帝国軍としては要塞から輸送船が大量に出てきてもまた策かもしれないと思って近づこうとしないでしょう。

たぶん作戦を認可したヤンもそのことを考えていたと思います。

 

結果的にヤン艦隊は帝国軍の妨害を受けることなく、イゼルローン要塞を放棄して同盟領方面へ逃走します。

 

ただ放棄する際いろいろ要塞に仕掛けてきたようですね。

爆弾以外にも。

 

これが明らかになるのはヤンがイゼルローン要塞を再奪取するとき。

まあこの話は後々することになるでしょう。

何か今回はこういうのばっかりな気が。

 

 

スポンサーリンク

「ならばおまえも国を奪ってみろ」というセリフはロイエンタール自身に向かってのものだった?

 

 

さてヤン艦隊が夜逃げして空っぽになったイゼルローン要塞。

当然ロイエンタール率いる帝国軍が拾って、仕掛けられていた爆弾を処理して事無きを得ますけど、ロイエンタールは何か腑に落ちない様子。

何か仕掛けられていても自分が被害者にならないのならいいかと思うロイエンタール。

あんたそう思うならトコトン調査しろよ、例えばメインじゃない指令所のコンピューターとか。

 

そして最後の場面、物資をちょろまかした士官をロイエンタール自ら処刑しますけど、この士官が処刑される前に言った一言が胸に刺さります。

 

「ローエングラム公も国を奪う悪党ではないか」。

 

それに対するロイエンタールの答えは「ならばお前も国を奪って見ろ」。

 

そして処刑が終わった後にもう一度、「そうだ。ならばお前も国を奪って見ろ」と心の中で独語するのです。

2回目はロイエンタール自身に向けた言葉でしょう。

 

最初はキルヒアイスを失い変わってしまったラインハルトに対する失望だったのかもしれませんけど、もうこの段階では野心に変わってしまっています。

 

 

今回振り返ってみれば、生まれてきたのだから可能な限り…と夢の中で思ったり、自身を獲物を狩ってしまわない猟犬に例えてみたり、ロイエンタールの叛意を表すような言動や思考が多かったように思います。

 

実際ことが起こるのはまだ先ですけど、もうロイエンタール自身、この段階で自分の野心をコントロールできなくなってきている感じですね。

 

次回はフェザーン脱出を企てるユリアンの話です。

次回も楽しみですわ。

 

第47話の感想記事はこちらからどうぞ。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第47話「自由の宇宙を求めて」の感想 「ペテン師の弟子はやっぱりペテン師でした」

 

今回のまとめ三行

 

  • ヤンがイゼルローン要塞放棄を決める
  • レンネンカンプが策に嵌り大損害
  • そうだ。ならばお前も国を奪ってみろ