ジョーカー・ゲーム第11話「柩」の感想

xx2

感想(ネタバレあり)

本作はOP前のナレーションをやっている人がメインとなる場合がほとんどですけど、

今回のナレーションは三好。

そのため今回の話は三好メインの回と思っていたのに。

優秀なスパイでも偶然の死を避けることはできない。

ドイツ国内で起こった列車事故。

その調査を行うヴォルフ大佐。


事故自体は偶発的なものでテロの可能性はなかったのですけど、

それでは国民が納得しませんし、

非難が国家に向く恐れがあります。

そのため関係無い盗人をスケープゴートに仕立てることにするヴォルフ。

さすがドイツの諜報将校。

やることはえげつないです。

そんなヴォルフはこの列車事故で死んだ一人の日本人に注目します。

日本人の名前は真木克彦。

でも写真の人物はどう見たって三好。

まさか今回のメインと思っていた人物が既に死んでいるとは。

真木を日本のスパイだと疑うヴォルフは20年前のことを思いだします。

傷つきながらもヴォルフの前から逃亡した日本人スパイ。


その逃亡劇によって片目を失ったヴォルフにしてみれば憎き敵といったところなんでしょう。

そしてその人物こそ日本のD機関を作った結城中佐だと

ヴォルフは思っているようです。

まあ実際その通りですけど、

ちょっとした情報からここまで推測するってすごいの一言ですね。

ヴォルフは真木が結城中佐の部下であり、

結城中佐自身が真木の作り上げたスパイ網を引き締めるために

絶対ベルリンに現れると考え、

至る所に網を張ります。

でも結城中佐は現れません。

ヴォルフは何かおかしいことがないか

再びこれまでの情報を精査しますけど・・・

ヴォルフがあることに気付いた時にはすべて終わっていました。

結局結城中佐を取り逃がすヴォルフ。

それにしても本作の重要なキャラである三好をこうもあっさり殺すとは

さすがスパイアニメって感じでしょうか。

結局優秀なスパイでも偶然で死ぬこともあるということなんでしょうね。

まあ本作の場合時系列バラバラになっていますから、


次回三好がひょっこり現れたりしてもおかしくはありませんけど、

三好の最期がわかってしまったので

三好が再び出演しても

何だかなあという気分になりそうです。

あと今回ヴォルフ役を演じた銀河万丈さん。

若い時のヴォルフと壮年のヴォルフの演じ分けが凄かったですねぇ。

若い時のキーが高い残虐性と冷酷が同居している声を聞いていると

ゾクゾクしてきますわ。

今回のまとめ三行

・偶然の列車事故で三好死亡

・三好が結城中佐の手駒だと確信するヴォルフ

・ヴォルフが気付いた時には・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする