信長の忍び ~姉川・石山篇~第70話「絶対死守領域」の感想 「浅井朝倉連合軍3万相手に森可成の戦いが始まった」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回から

宇佐山城を巡る戦いが

本格的に始まります。

 

宇佐山城にやってきた千鳥は

城将である森可成の手助けが

できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

わずか1000で連合軍3万に勝利したちゃった

 

浅井朝倉連合軍3万を

相手にしなければいけない

森可成。

 

可成は城を出て

迎撃する作戦を採用しますが、

さすがに1000では

キツイんじゃね?

 

まあ普通なら籠城するべきなんでしょうけど、

繰り返しますが相手は3万。

 

一部の兵で宇佐山城を囲んで、

残りで一気に京の都になだれ込むことだって

不可能ではないのです。

 

信長から京の都の防衛を

期待されている可成にとって

京を守るためには

他の方法がない。

 

ホント厳しいですわ。

 

 

さて信長の命令で

宇佐山城に向かっていた千鳥。

途中で逃げてきた農民たちと遭遇。

戦いが始まったことを知ります。

 

千鳥は当然すぐに向かおうとしますが

農民たちに髪の毛を引っ張られて

行くのを止められることに。

 

忍びである千鳥の動きを

一瞬で止めるなんて

この農民たち凄すぎるわ。

 

 

まあ、3万対1000の戦いですので、

農民たちの忠告に従って

行かない方がいいのですけどね。

 

でも森可成と顔馴染の千鳥は

当然止められても行くことに。

 

戦場に到着すると

どこからともなく、

赤いタスキが飛んできます。

 

これはいつも可成が

頭に付けているタスキ。

 

ということは…。

 

やっぱり1000ではダメだったかと

思ったら、

可成勝ってるじゃんw

 

つ~か、

1000で3万に勝つなんて

可成優秀過ぎるだろ。

 

まあ、可成が優秀なだけでなく、

敵が無能だったのでしょうけどね。

 

たぶん長旅だったことに加えて

まさか1000の兵で攻撃してくるなんて

予想してなかっただろうし、

1000と聞いて侮ったのでしょう。

 

 

可成自身持たないことを理解している

 

宇佐山城の中で

千鳥と改めて会見する可成。

 

戦いに勝利したことによって

可成も部下達も

戦意旺盛。

 

この分だと簡単には

この城落ちそうにありませんね。

 

自信満々の可成は

千鳥にさっさと信長の元へ

帰る様に伝えます。

 

それに従い、

可成の前から消える千鳥。

 

千鳥がいなくなったことを確認すると

可成は表情を変えます。

 

可成は今回の戦いは

あくまで小手調べであり、

浅井朝倉連合軍が本気で

攻めてきたら防ぐことは

たぶん無理だろうと思っている様子。

 

でも自信満々の姿を見せないと

千鳥は帰ろうとしなかったでしょうからねえ。

 

可成はおそらくここを死に場所と

考えているでしょう。

そしてこんなところで

千鳥を死なせる訳にはいかないと。

 

でもこんなことは

すべて千鳥にも御見通し。

 

千鳥は屋根裏で全部聞いており、

自分も城に残って一緒に戦うと

駄々をこね始めます。

 

全くこういうところは

ホント子供ですねえ。

 

せっかく可成が

千鳥だけでも生きてほしいと

思っているのに。

 

ただやっぱり年の功か、

口が達者な可成の理屈攻めに

千鳥はどんどんやり込められていきます。

 

この分だと

千鳥は次の戦いの前に

城を追い出されそうですわ。

 

一方浅井朝倉連合軍は

準備を整え、

再戦の機会を待っている様子。

前回と違い、

こっちもやる気満々。

 

可成と言えども

次はヤバそうですわ。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

お市さんがかつて可成を

褒めたことを思い出し、

嫉妬丸出しとなる浅井長政や

千鳥にビンタしようとして

かわされてしまう可成など

クスっとする場面もありましたが

全編シリアスでしたね。

 

絶対死守を命じられている以上、

城を守りながら

京の都への侵攻を防がなければ

いけない可成の苦悩は

想像を絶することでしょう。

 

中間管理職はホント辛いですわ。

戦国の世の中間管理職は

命を掛けなければいけませんので。

 

さて、

次回のタイトルは

「覚悟完了」。

 

いろいろなことが想像でいる

タイトルですね。

 

宇佐山城を巡る攻防も残りわずか、

千鳥はどのように行動するのでしょうか?

ストーリーがどう進むか、

次回も見逃せませんわ。

 

今回のまとめ三行

  • わずか1000の兵で森可成軍が勝利
  • 千鳥に嘘を言って帰らせようとする
  • 浅井朝倉軍の再侵攻が始まる