銀河英雄伝説【旧OVA版】第2話「アスターテ会戦」の感想 「この会戦でジェシカの未来が変わった?」

xx4

感想(ネタバレあり)

前回、

同盟軍の第4艦隊と第6艦隊を撃破した

ラインハルト率いる帝国艦隊。

残るは第2艦隊のみ。

ラインハルトの完全勝利は目前。

今回はこの続きからです。

スポンサーリンク

ヤンが第2艦隊の指揮権を引き継ぐ

パエッタ中将率いる同盟軍第2艦隊は

劣勢の中で

ラインハルト率いる帝国艦隊と

激突します。

そしてすぐに

第2艦隊旗艦パトロクロスが被弾。

パエッタ中将は

重傷を負ってしまいます。

でも交戦してすぐに旗艦が被弾とは

どれだけ前方に

旗艦を進ませているのでしょうか。

第2艦隊は全部で

1万3000隻いるはずなのに。

もしかしてパエッタ中将も前線に立って

味方を鼓舞するタイプの

猛将だったのでしょうか。

全然イメージと違うわw

だがパエッタが負傷したことにより

怪我の功名というか

パエッタは艦隊の指揮権をヤンに託します。

アッテンボローは

「評価されていますね」

と皮肉をヤンに言いますけど、

結果的にこの指揮権委譲が

第2艦隊を救います。

一方ヤンが艦隊の指揮権を受け継いだことを知った

ラインハルトは

一気に勝負をきめるべく

艦隊を紡錘陣形に再編。

第2艦隊の中枢めがけて突入します。

ちょっとこの先の話の

ネタバレになりますけど、

この銀河英雄伝説って

結構紡錘陣形で敵艦隊に突入する描写が

あるのですけど、

失敗することも多いのですよね。

例えばライガール星域で

シュタインメッツがやろうとして失敗しているし。

そしてこのアスターテ会戦でも

やっぱり失敗。

何とヤンは

ラインハルトが紡錘陣形で

突っ込んでくることを会戦前に予測し、

その対処法を戦術コンピューターに記録させていたのです。

ヤンどれだけ負けた時の算段していたのかよ。

そりゃここまで作っていたのなら

パエッタじゃなくても呆れて却下するわ。

ともかくこれで形勢が逆転、

消耗戦を嫌ったラインハルトは

アスターテ星域から離脱します。

会戦の結果、

同盟軍は戦力の半数を失いましたが、

帝国軍のアスターテ星域への侵攻を

阻止する結果になり、

結局痛み分けです。

親友の死が一人の女性の未来を変えた・・・

ヤンが首都星ハイネセンでラップの墓参りに行くと

そこにはラップの婚約者ジェシカの姿が・・・

ジェシカがヤンに言った言葉が心に突き刺さります。

ラップを失ったことが

ジェシカに未来に大きな影響を与えますが、

これはのちのお話。

ここで今回は終了。

艦隊戦はみどころ満載です。

そしてジェシカの最後の言葉。

若い時は何とも思いませんが

歳を取ってから再び聞くと

いろいろ思うところがあります。

銀河英雄伝説は何度見直しても

その都度考えたり思ったりするところが

違いますから、

何度も見てしまいますね。

次回第3話は同盟内の話になります。

今回のまとめ三行

・パエッタ負傷して艦隊をヤンに託す

・ヤンがラインハルトの裏をかく

・ジェシカの言葉がヤンの心に突き刺さる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする