信長の忍び ~姉川・石山篇~第69話「逆襲の将」の感想 「信長が動けない隙に姉川で破れた者たちが動き出す」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

石山本願寺の蜂起により

一気に劣勢に立たされた信長軍。

 

今回は本願寺・三好斎藤連合軍に加えて

姉川の戦いで信長に煮え湯を飲まされた

2人の大名が動き出します。

だから今回のタイトルが「逆襲の将」

なんでしょうね。

 

結構ヤバくなってきた信長ですが

起死回生の策はあるのでしょうか?

 

 

なお前回の内容を忘れた方はこちらでご確認ください。

 

信長の忍び ~姉川・石山篇~第68話「信者の行進」の感想 「負の連鎖が続くよどこまでも」
信長の忍び第68話の感想です。前回挙兵した本願寺。この本願寺の挙兵が織田軍の苦難の始まりとなります。一気にツキに見放された織田軍。今回は織田軍も千鳥も良いことなしですわ。

 

 

 

スポンサーリンク

松永久秀がセクハラしないくらいヤバい状態

 

本願寺と三好斎藤連合軍の攻撃を

何とか防いだ織田軍。

しかし兵の消耗は激しく、

そう何日も持ちそうにありません。

 

そんな時、

松永久秀が信長の本陣にやってきます。

その直前、

久秀は千鳥と助蔵に会いますが、

何かいつもと違う。

 

ああ、久秀がセクハラしてない!!

いつもは千鳥と出会う度に

お尻触ってたのに。

 

つまりそんなセクハラをする

余裕がにくらい

切羽詰まった状態ということ。

 

でもセクハラの有無で

状況を読むのは

何だかなぁって感じですわ。

 

さて本陣にやってきた久秀は

信長に和睦するべきと進言します。

 

久秀が和睦を勧める理由は兵の士気

 

本願寺の門徒は信長軍の兵士たちにも

たくさんいます。

だって本願寺を総本山とする一向宗は

日本でポピュラーな宗教ですからね。

 

日本各地津々浦々まで

門徒がいっぱいいるのです。

 

信長軍に属する

門徒たちは本願寺と戦うのは嫌はず。

当然士気も下がります。

 

士気が下がるいうことは

兵士たちの戦闘力の低下に繋がり、

戦いどころではなくなってしまうのです。

 

だからそうなる前に和睦するべき。

久秀の進言は理にかなっていたので

信長はその進言を受けいれて

すぐに和睦しようとします。

 

しかし顕如さまはそれを拒否。

そりゃあそうです。

今まで好き勝手に

無理な要求をしてきたのです。

 

顕如さまが簡単に受け入れる訳ありませんわ。

 

 

 

 

浅井朝倉軍の目標は京の都

 

信長との和睦を蹴る一方、

いろんなところに根回しをしていた顕如さま。

 

姉川の戦いで信長に破れた

浅井長政と朝倉義景にも

しっかり手を回していました。

 

信長の戦いに破れ

意気消沈していた長政でしたが

今回は千載一遇のチャンス。

 

まあ、奥さんのお市さんは

まだ信長に肉親の情がありそうですけど、

今は戦国の世。

 

奥さんの気持ちを酌んで

戦う訳にはいきません。

 

それに愛する愛娘

茶~ちゃんのためにも。

 

一方越前国の朝倉義景。

姉川の戦いの時は

すべて部下に任せて

自分は本拠地の一乗谷から

動きませんでしたが

今回は国元が安全なため

心置きなく自分が出撃することできます。

 

まあ本人はあんまり

出撃したくなさそうですが

山崎吉家などの家臣が

出撃を催促している以上、

出撃しない訳にはいきませんからね。

 

でもさすがに鎧にカビがするくらい

出撃してないなんて、

いくらなんでもヤバいだろw

 

浅井軍と朝倉軍は琵琶湖西岸から

一気に南下を開始します。

 

浅井朝倉軍の目標は京の都。

 

京が落ちれば

将軍という錦の御旗を失うだけでなく、

本拠地である岐阜との連絡線が途絶え、

信長が袋にネズミになってしまいますからね。

 

また琵琶湖西岸を通るのは

比叡山延暦寺の援助を求めることもでき、

琵琶湖東岸から攻めるより

都合が良いからでしょう。

 

誰が考えたかは知りませんが

上手い作戦を考えたものですわ。

 

一方浅井朝倉軍の目の前には

信長軍の要衝宇佐山城が。

 

宇佐山城の指揮官は森可成。

味方は3000、

敵は3万という劣勢ですが

可成に悲壮感はありません。

 

京の都を守るため、

森可成の死闘が始まります。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

信長が摂津国から動けないところに

京の都を目指して

浅井浅倉連合軍が動き出すという

最悪の展開。

 

すべては宇佐山城の攻防が

信長の生死を決すると言っても

過言ではないかも。

 

果たして森可成は

宇佐山城を守り切ることが

できるのでしょうか?

 

次回も楽しみです。

 

今回のまとめ三行

  • 久秀がセクハラしないくらいヤバい状況
  • 浅井朝倉軍が動き出す
  • 宇佐山城の森可成は戦う気満々