銀河英雄伝説【旧OVA版】第41話の「作戦名『神々の黄昏』」感想 「ボルテックの寝返りで同盟とフェザーンは大ピンチ?」

xx4

感想(ネタバレあり)

今回は帝国、同盟、そしてフェザーンでの話が同時進行しました。

内容的には帝国軍による同盟領侵攻にどう対処するかということですけど、

それぞれの思惑などが見え隠れして見応えのある話だったと思います。

だれだってフェザーン回廊から侵攻するとは予想できません

ラインハルトはフェザーンの駐帝国高等弁務官ボルテックを自分たちに寝返らせて

フェザーン回廊を帝国軍の支配下に置くことを画策します。

たぶん皇帝誘拐の折り、

しくじったことをルビンスキーにバラすと

オーベルシュタイン当たりに脅迫されて

寝返ったのでしょうけど、

それ相応の地位と名誉が得られるのなら

寝返るのも仕方ないですね。

たぶん私が同じ立場なら

ボルテックと同じく寝返ると思いますw

もちろん地球教の情報も提供して

身の安全も一緒にはかるでしょうけど。

この段階ではボルテックは地球教のことを

帝国軍に漏らしていませんよね。

一切のしがらみを切る気があるのなら

ここで地球教のことを話しておけばいいのに。

地球教とのパイプを残して

自分がラインハルトから切られる場合の

備えにするつもりだったのでしょうか。

ちなみにラインハルトとオーベルシュタインの

ボルテックに対する評価はかなり低いです。

ルビンスキーより御しやすいと思われるの仕方無いですけど、

オーベルシュタインから見ると

不平派の連中を黙らせる力量すらもないと。

散々な評価ですなw

さて侵攻されるとは考えてもいないフェザーン。

ルビンスキーもケッセルリンクもボルテックの動きに警戒し始めているようですけど、

さすがに寝返ったとまでは考えていない様子。

そんな二人の話題に上るのは

今度フェザーンに赴任することになったユリアンのこと。

ケッセルリンクはユリアンをヤンの七光りだと過小評価しているようです。

後ろ盾なくここまで登りつめたケッセルリンクとしては

嫉妬みたいな感覚を覚えるのでしょう。

ルビンスキーはユリアンが武勲を上げていることを考慮して

それなりに評価しているようです。

たぶん自分たちの手駒として利用できないか

考えているのではないかと思います。

さて最後は同盟です。

政府首脳も一般市民も

イゼルローン要塞と

その司令官であるペテン師が何とかしてくれると

高を括っています。

ヤンの存在が同盟の堕落を進めることになるとは

ビュコックが予測するように

ヤン自身不本意でしょうね。

さて人事を発令してもらうために首都星ハイネセンまで来たユリアン。

そのついでにヤンから託された親書を

宇宙艦隊司令長官であるビュコックに渡しに行きます。

宇宙艦隊司令部に向かう途中、

ユリアンとマシュンゴが見たのは荒れ果てた同盟の現状。

物資不足で配給制って

もう敗戦濃厚じゃね~かと思ったことでしょう。

戦争によって社会基盤が崩壊しつつあるということが

よく分かる場面だと思います。

ビュコックと久しぶりに対面するユリアン。

その際ビュコックから、

ユリアンの今回の人事がトリューニヒト直々のもので

事情を知らない人間からは

ユリアンがトリューニヒトのお気に入りと見なされていると聞かされます。

これに対してユリアンはすぐに

自分はヤン・ウェンリー派です

と大声で反論。

人格的に周りの人間の影響を受けているのがよく分かりますね。

さてヤンの親書には

帝国軍がフェザーン回廊を通って侵攻してくるかもしれない

書いてありました。

これを見た時ビュコックは何を思ったのでしょう?

また不吉な予測しおってと思ったか?

これが現実化すればまずいと思ったか?

ともかく現状、

フェザーン回廊から侵攻されたら

同盟は対処できません。

国内には第1艦隊とヤン艦隊以外

まともな戦力は残っていないのですから。

結局ヤンにしてもビュコックにしても

頼りはフェザーンの反帝国派による蜂起しかないという結論に達します。

軍人が民衆の頼らなければいけないのは

軍人としてトンデモナイ屈辱でしょうねえ。

ロイエンタールの反骨心がどんどん上昇中

帝国による同盟領侵攻作戦は

神々の黄昏」と呼称されることになりますが

ロイエンタールはイマイチ乗り気ではありません。

と、いうか完全に反対。

ラインハルトにも皮肉を言ったので

ミッターマイヤーが心配する始末です。

その場面は何とか矛を収めましたけど、

ロイエンタールの中で何かが変わり出した感じがします。

ロイエンタールは帝国を変えてくれると考えて

ラインハルトに与しましたが、

ラインハルト、というよりはオーベルシュタインが

ラインハルトの覇業のために

ロイエンタールやミッターマイヤーが嫌うような人物を登用しようとします。

その一人がラング。

解体された社会秩序維持局の局長であった人物です。

覇業のためには社会秩序維持局のような秘密警察があった方が便利。

それにラングは職務に忠実で私腹を肥やさなかったため、

オーベルシュタインもコイツは使えると思ったのでしょう。

そのためラングは新たに設置される内国安全保障局の局長として

復権します。

後にロイエンタールを仇敵と付け狙うことになるラング

ここでラングが登用されなければ歴史は変わったかもしれませんね。

いや、やっぱりロイエンタールの野望自体は止めることができるず、

結局ああいう結果になるのは避けられなかったのかも。

今回はここまで。

どんどん先が気になってしまいますね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・フェザーン回廊から同盟領に侵攻

・作戦の名前が仰々しい

・ロイエンタールの仇敵キタ――(゚∀゚)――!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする