MF文庫J夏の学園祭2018に「かやつぐ」が出演しない理由を考えてみた

スポンサーリンク

今年も開催されるMF文庫J夏の学園祭。

しかし今年はこれまでと違う点が。

 

それは松岡禎丞さんと茅野愛衣さん、いわゆる「かやつぐ」コンビが出演しないという点。

 

 

2015年以来、3年連続して出演していたかやつぐがなぜ今年は出演しないのか?

余計なお節介であるが可能性がありそうな理由をいくつか考えてみた。

 

もちろん素人の考えたことなので、たぶん当たっていないだろうが、アニメオタクのおっさんの戯言として読んでほしい。

 

 

スポンサーリンク

スケジュールが合わなかった

人気がある人とそうでない人の差が激しい声優業界。

特に人気声優だと数年先までスケジュールが埋まっていると聞く。

かやつぐのコンビは間違いなく人気声優のカテゴリーの含まれており、当然スケジュールもびっちりなはず。

 

松岡さんに関して言えば、2018年夏クールはそれほどアニメの仕事が入ってないが、すでに秋クールのアフレコは始まっているであろうし、さらにソーシャルゲームの仕事は隙間なく埋まっていることが予想される。

 

今年開催されたダンメモのイベントで、松岡さんがゲームの中で喋ったワード数が明らかにされたが、それだけで普通のアニメの100話分のワードを喋った換算になるという。

 

アニメのアフレコは1日2回が基本。

それで換算すればこのゲームの録音で50日分、つまり1年の5分の1が埋まることになる(ゲームのアフレコの場合、テストなどの時間がないかもしれないので、厳密に言うともうちょっと少ない可能性があるが)。

さらにこれはダンメモだけの数字。

松岡さんはこれ以外にSAOシリーズがあり、それも合わせればトンデモナイ時間拘束されることになる。

 

今年の春、グランクレストのニコ生に急遽出演した松岡さんが疲れた顔して、この仕事で今日5本目と言っていたが、それぐらいスケジュールがパンパンなのだろう。

 

ゲーム会社もゲームの売り上げに直結するため、主演声優のスケジュールは一番に抑えるはずであり、そのためにMF文庫J夏の学園祭に出演できない可能性も考えられる。

 

ただゲームのアフレコは基本1人で行われるので、極端な話、深夜撮ることだってできるのであり、どうしてもMF文庫から出演を求められたら、スケジュールをやりくりできるはず。

 

ということはこれは可能性が低い?

 

 

スポンサーリンク

ノゲの新情報がない

 

MF文庫J夏の学園祭の目的は作品の販促である。

つまり何か新しい情報や伝えたい情報がないとわざわざステージイベントを開催する必要性が低くなるはず。

 

2016年と2017年の学園祭の場合、ノゲゼロの情報解禁やBDの販売促進のためにステージイベントを開催する意義があったが、今年の場合何もないのである。

原作の最新刊はすでに発売されてしまったし…。

 

まあまだ2期の可能性もゼロではないが、角川の立場で考えると「ノゲ」の続きを作るより、ファンの熱が下がる前に同じチームで「よりもい」の続きを作る方が儲かると考えていそうな気がする。

 

 

スポンサーリンク

角川の宣伝戦略

 

かやつぐを共演させれば話題になる

多くのアニメ関係者がそう考えていそうな感じがする。

以前茅野さんがいろんな現場でスタッフさんたちが松岡さんのことを聞いてくると言っていたが、それはかやつぐのコンビが認知されている証拠でもある。

 

ただあんまり露出が多過ぎると当然飽きが来るのが早くなり、ここぞという注目を集めたいところで使いたいはず。

 

そして角川的に注目を集めたいのがSAOである。

 

今年SAOの3期がテレビ放送されるが、かやつぐはメインでキャスティングされている。

角川としては劇場版が終わったノゲよりも、これから放送されるSAOでかやつぐを効果的に使いたいと考えているはずであり、当然ノゲよりSAO優先。

MF文庫も角川グループであり、MF文庫は当初かやつぐの出演を計画していたが、角川の裁定により泣く泣くかやつぐを諦めたのかも。

 

個人的にはこれが一番可能性が高いと思う。

 

 

 

スポンサーリンク

かやつぐのコンビ売りを止めたいから

 

かやつぐが売れすぎたため、これ以上ファンがヒートアップしないように松岡さんと茅野さんが距離を置こうとして夏の学園祭に出演しなくなったという可能性もゼロではないだろう。

 

しかし前述した通りSAOで共演することが決まっており、アニメエキスポにかやつぐを出演させ、さらに10月に開催される電撃祭にもかやつぐの出演が決まっている以上、コンビ売りを止めたいという可能性は説得力ゼロとなるであろう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

適当なことを書いてきたが、関係者が口を割らない限り真相は闇の中である。

まあ、かやつぐが出演しないのは残念だが、リゼロを始め面白そうなステージがたくさん用意されている。

 

 

かやつぐもいいけど、偶には他の作品の他の声優さんのステージイベントで楽しんでもいいと思う。