ランス・アンド・マスクス 第1話「本物の騎士なのだ」の感想 「どうしても某執事アニメと比べてしまう」

感想(ネタバレあり)

最初は視聴する気は無かったのですけど、
ニコ生でやっていた特番見て急遽視聴することに。
だって好きな声優さんがいっぱい出るんですもん。
さらにOPもEDも声優さんが歌っているし。
萌え系だけでなく、
絶対声優大好き系の需要も取り込もうとしています。
一応書いておきますけど18禁の某鬼畜王とは関係ありませんから。

内容は血筋のために騎士になった主人公が
幼女を助けたことでいろいろなことに巻き込まれるような感じです。
萌え系コメディと言ったところでしょうか。
ただしいろいろ謎な部分があるみたいで
この先真っ当な萌え系ままかどうかはわかりません。

あといろいろ突っ込みたいところはあるのですけど、

・幼女がお金持ちで一人暮らし。
・幼女の名字が〇〇院
・世話をしてくれる美人のメイドさん
・喋る動物が出てくる
・主人公がハーレム体質?

などちょっとどこかの執事系アニメと設定被り過ぎではw

さて第1話ですけど、
メインキャラクターたちの顔見せって感じですね。

舞台は騎士の団体が国家並の主権を持っている世界。

主人公の葉太郎はナイトランサー(槍を持った騎士?)になって
困っている人を助けるのですけど、
勝手に手にキスしてしまうので変態扱い。
どうやら騎士になるべく育てられていたので勝手に体が動いてしまうみたいです。

そんで崖を上っていて手を滑らせた
ヒロイン鬼堂院真緒(真緒と書いてまきおと読むみたいです)を助けたことで、
知り合いになって家にお邪魔することに。
今のところ真緒(6歳)はナイトランサー=葉太郎であることに気付いていない様子です。

真緒は素直な良い子みたいで、
どっかの三千院家のお嬢様とえらい違いですw

鬼堂院家は財閥で、
真緒の家をでっかく美人のメイドさんまでいます。
でも家族とは一緒に住んでいないらしく一人で住んでいるです。
セキュリティとかは大丈夫なんでしょうか。

貧乏執事+執事長+美人で強いメイドさん+猫(ホワイトタイガー)がいた三千院家と
比べるとちょっと貧弱な感じです。
ああ、どうしてもあの執事アニメと比べてしまいますw

さて翌日、
やっぱりお金持ちなので(それだけが理由とは限りませんが)、
真緒を誘拐しようと悪者がやってきます。
もちろん主人公がナイトランサーになって撃退しますが
思ったより苦戦していました。
この以降もっと強い敵出てくると思うのですけど大丈夫でしょうか。

最後は真緒の家に葉太郎を追って
依子さんとアリスと白姫(馬?)が来て終わり。
もしかしてハーレム系になる可能性もあり?

駆け足気味だったと思いますが
思ったより面白かったと思います。
一応来週も視聴する予定です。

今回のまとめ三行

主人公はナイトランサーをやっている
幼女と出会ってその日にお泊り
ハーレムになりそうな気配も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする