銀河英雄伝説第38話「矢は放たれた」の感想 「銀河帝国正統政府発足でラインハルト激おこです」

xx4

感想(ネタバレあり)

今回は皇帝の同盟亡命から

ラインハルトの宣戦布告までのお話でした。

時期と実力と両方を欠いているのに

帝都では憲兵隊などが血眼になって捜索しているはずなのに

皇帝一行はフェザーンの亡命船で悠々脱出。

あとは気軽な船旅だと言いたいところですけど、

躾けをされていない皇帝陛下がご乱心w

周りに当たり散らします。

これが敬愛する皇帝陛下の真の姿、

門閥貴族どもがこの姿を見たらどう思うでしょうか。

普通なら幻滅するでしょうけど、

権力術数に長けた門閥貴族どもですから

操りやすいガキだとほくそ笑むかもしれませんねw

一方のフェザーン、

皇帝誘拐が成功して満足しているルビンスキーですけど、

補佐官のケッセルリンクは、

帝国駐在の高等弁務官であるボルテックがしくじったのではないかと

いろいろルビンスキーに吹きこもうとします。

ケッセルリンクにとって

ボルテックはルビンスキーの跡目を争うライバル。

少しでもルビンスキーのボルテックに対する心象を悪くしようとしているのですけど、

実際ボルテックはしくじってしまいましたからね。

でもその言をルビンスキーが受け入れないと悟ったケッセルリンクは

これ以上は自分の心象が悪くなると思って話を打ち切ります。

しっかり相手の表情やしぐさから

話の止め時を判断できるケッセルリンクは優秀です。

そのケッセルリンクさん、

何とルビンスキーの愛人であるドミニクさんを

自分のものにしています。

ルビンスキーとケッセルリンクは親子ですけど、

ドミニクを介して兄弟になってしまっているようです(下ネタ)。

ケッセルリンクはドミニクに

地球教の司教であるデグスビイの篭絡を命じます。

たぶんフェザーンを裏から支配する地球教を使って

ルビンスキーの追い落としを画策するのでしょう。

でもドミニクさんを信頼していいのでしょうか?

女性って意外と2枚舌ですからしっかり用心しないと・・・

さて、平和を謳歌しているイゼルローン要塞。

部下たちが働いている中、

司令官は暇そうです。

そこに自由惑星同盟最高評議会から重大発表が。

・銀河帝国の皇帝が亡命してきたこと

・同盟が皇帝の亡命を受け入れたこと

・皇帝とその取り巻きが銀河帝国正統政府を作ったこと

・正統政府の軍務尚書としてメルカッツを就任させること

などが発表されます。

それまで邪悪なゴールデンバウム朝を倒すために

多大な犠牲を出して帝国と戦ってきたのに

その皇帝が亡命してきて、

その皇帝を守って帝国と戦うことになるとは・・・

ポプランは激怒していましたけど

普通だったら同じように怒りますよね。

ヤンも不満があるでしょうけど、

それ以上に戦略上の視点で

今回の亡命劇はダメだと思っているようです。

分裂した敵の一方と手を結び、

残った一方の敵を共に滅ぼすのは

戦略の常道です。

でも今回銀河帝国正統政府を発足させた連中には

実力というか戦力がゼロ。

せいぜいメルカッツの名声に惹かれて

少しは人員が揃うかもしれませんけど、

それだけでは到底ラインハルト率いる帝国軍に適うはずはありません。

それなのに皇帝の亡命を受けいれ、

銀河帝国正統政府の樹立を後押しした同盟の政治家どもは

アホかと言いたいですね。

まあフェザーンがいろいろ手を回して、

同盟の政治家どもが受け入れるしかないように

細工したのでしょうけど。

そして何より今回のことでラインハルトと和平するという

最善の策を取れる道がなくなりました。

ヤンの予想通り、

ラインハルトは事実上同盟に対して宣戦布告。

またヤンが苦労することになりそうです。

メルカッツも引き抜かれそうですし。

今回のまとめ三行

・銀河帝国正統政府成立

・メルカッツがヤンから引き離される

・ラインハルトが宣戦布告

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする