小澤と嶺内のガンガンGAちゃんねる(2018年7月12日配信)の感想 「10年後の最終回はマダム感でいっぱい」

 

 

 

感想(ネタバレあり)

 

リニューアルによって

パーソナリティ―陣が一部変更された

本番組。

 

今回は

新パーソナリティ―の

お披露目の最後となります。

 

まあ、新パーソナリティ―は

2組だけだったんですけどね。

 

小澤さんの方は他の番組などでも

よく見るので

どんな方ある程度わかっていましたが

嶺内さんに関しては

ほとんど前情報なかったので

どんな方か楽しみだったのですが。

 

 

小澤と嶺内のガンガンGAちゃんねる(2018年7月12日配信/シリーズ第52回)
小澤と嶺内のガンガンGAちゃんねる(2018年7月12日配信/シリーズ第52回) 皆さん、「こんにちスワイプ~!」ご視聴・応援ありがとうございます♪リニューアルしたガンガンGAち...

 

まあ結論から書くと、

やっぱりアイムはアイムだった。

そういう感じです。

打ち解けるの早すぎだろw

 

なお前回の松岡・内田(弟)コンビの回は

こちらからどうぞ。

 

松岡と内田のガンガンGAちゃんねる(2018年6月14日配信/シリーズ第51回)の感想「高校生の時に取っとけば良かった」
松岡と内田のガンガンGAちゃんねるの感想記事です。留年が決まってからの最初の当番回。さらにゲストの日高里菜さんとのゲーム対決では奇跡が起こったそうですが…。

 

 

スポンサーリンク

同じうどん屋が好きということで打ち解けた?

 

冒頭は初々しいというか

完全に余所余所しく、

どう絡んでいけばいいか

様子見している感が強かったですね。

 

お仕事ご一緒するのは

本番組が初めてのようですが、

その前に嶺内さんが小澤さんが出演した

イベントを見学したり、

一緒にごはんに行ったり

したことがあるそうなので

全くの初対面ではないみたいです。

 

まあ普通に

事務所の先輩後輩という

関係だったのですね。

 

その後、

小澤さんが先輩力を発揮して

お喋りをリード。

 

そして同じうどん屋が好きというところで

一気に打ち解けムードへ。

 

さすが小澤パイセン。

話の持って行き方も

後輩をリラックスさせる術も

どっちも上手いですわ。

 

あと二人の愛称も

「ともちゃん」「亜李さん」に決定。

 

変に凝ったあだ名を

付けるより、

シンプルでいつまでも

使えるやつの方がいいと思うので

この選択はグッドチョイスだと思います。

 

 

相方に「好き」を貰えた?

 

冒頭で打ち解けたお二人。

次のコーナーでは

すぐにその真価が問われました。

 

というか、

嶺内さんちょこちょこタメ口になっとるw

打ち解け過ぎだろw

さすがガンガンGAに抜擢されるだけのことが

ありますわ。

 

まあ、休憩中に

小澤さんがタメ口でいいよ

とか言ったのでしょうね。

そうじゃないと打ち解けたとはいえ、

いきなりのタメ口はないでしょうから。

 

 

さて本題に戻って、

このコーナーの内容は

相方の好きそうなものや

プランを提案して、

本当に相方も好きか確認するというもの。

 

最初の御題はデートプラン。

これは二人とも無難なプランを提案し

両方とも好きをげっと。

 

二つ目の御題は相方のお部屋のコーディネート。

これはセンスが問われます。

 

まず小澤さんの提案内容。

猫とルンバとセミダブルベッドが特徴的。

あとこの職業(声優)では

大きいクローゼットが必須らしいです。

 

今はアニメ作品のイベントや宣伝番組が増えて

衣装もたくさん必要ですからね。

男性声優さんはともかく、

女性声優さんの方は

ファッションが細かくチェックされる

傾向があるので、

たくさんの衣装を収容するため

デカいクローゼットは絶対に

有った方がいいのでしょう。

 

 

一方嶺内さんの提案。

目玉はハンモックと水槽(掃除をしてくれるえび入り)

と大きい窓。

 

なかなか面白い発想ですわ。

 

 

さて3つ目の御題は好きそうなお弁当。

 

実物のお弁当の具を揃え、

それを使って相方の好きそうな

お弁当を作っていきます。

 

ガンガンGAちゃんねるで

オリジナルの料理や弁当作るのは

もう伝統と言っていいでしょうね。

 

まずは嶺内さんがコーディネートした

お弁当。

ミニトマト多過ぎw

何でも小澤さんが野菜好きということで

このようなコーディネートに

したとのこと。

 

 

次に小澤さんがコーディネートした

お弁当。

こちらは彩りがしっかりしていて綺麗。

これが年の功というやつか。

4期上の先輩の小澤さんはコーディネートも

上手いです。

 

では実食。

お二人とも美味しそうに食べます。

さすがに食べているだけではダメですので

小澤さんが適度に話を嶺内さんに

振っていきます。

 

自然な形で

そして食べることの邪魔にならないように

トークを振るのは結構難しいと

思いますが、

ここも小澤さんが難なく

トークを振っていき、

若い女性が食事しながらトークを

楽しむ場面をきっちりと再現させます。

 

これまでの小澤さんの印象は

トークも行動も力押しという

イメージでしたが、

今回本番組を視聴して

イメージがだいぶん変化しましたわ。

 

ここまで気配りができ、

トークを良い方向に持っていくことが

できるなんて。

 

 

今回の作品ピックアップは「ラスダン」

 

本番組はGA文庫などの

作品を紹介する番組です。

 

そして今回ピックアップされ他作品は

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』、

略して「ラスダン」。

ホント最近はタイトルが長い作品ばっかりですねえ。

 

まあタイトルを見ただけで

ある程度の内容が予想できるので

長いタイトルもアリと言えばアリだと

個人的には思いますけどね。

 

内容は

自分が強いという自覚がない少年と

勇者の出会いの物語らしいです。

 

一応作品の一部分を

小澤さんと嶺内さんがアテレコして

紹介するところがあったのですが、

見た感じコミカルで

ガンガンGAがすぐにアニメ化しそうな感じの

作品でしたね。

 

やっぱりガンガンGA十八番の

原作→ドラマCD→アニメ→ドラマCD

というパターンになるのでしょうかねえ。

 

そして作品紹介が終わったところで

作品のタイトルに引っ掛けて、

「番組スタート序盤の二人がいきなりラスト回をやってみるようなコーナー」

をやることに。

 

設定は10年後、

このガンガンGAちゃんねるが

最終回を迎えたというシチュ。

 

なぜか10年後はマダム感満載w

そしてリスナーさんからのメールに

乗っかって、

この10年間であったことを話すことに。

 

まあここの内容はご自身で聞いてください。

42分35秒付近からスタートです。

 

 

お近づきボックスの内容を実行しているだけのはずが…

 

インフォメーションのコーナーでは

二人がもっと仲良くなるため、

ボックスの中から紙を引き、

それに書かれていることを実行することに。

 

まずは嶺内さんが

インフォメーションを読み、

小澤さんが紙を引いたのですけど、

その内容を忠実に実行した小澤さんの

様子は、

セクハラかパラハラにしか見えんw

 

そして交代。

嶺内さんが引いたのは、

相方につんつんすると書かれた紙。

 

すぐに実行に移す嶺内さんですが

なぜかつんつんが

ほっぺ同士をくっつけてすりすりにw

 

その後もイチャイチャする二人。

もうここだけでお腹いっぱいですわw

 

終わりに

 

ガンガンGAちゃんねるで

これだけ相方と密着したことは

過去なかったはず。

 

冒頭の余所余所しい感じどこ行った?

 

どんな風になるか

全く予想できなかったこのコンビですが

意外と相性が良いのかもしれません。

 

 

次回は佐倉・内田(姉)コンビの当番回。

8月9日とちょっと早めの更新予定みたいなので

忘れないようにしましょう。