それが声優!第13話「査定」の感想 「事務所に残れるか?双葉の事務所査定に視聴者もハラハラ」

感想(ネタバレあり)

前回ライブを成功させたイヤホンズ。

もうライブが終わって1ヶ月経っているのに

双葉は抜け殻状態。

いちご曰く

「燃え尽きてしまった」らしいです。

スポンサーリンク

双葉最大の危機が訪れる?

まあライブの重圧から解放されたのですから

しばらく何もできなくなっても

仕方がありませんが、

双葉の前にはトンデモナイ関門が

立ちはだかります。
それが査定です。

双葉が所属する青空プロは

査定という制度があり、

2年間の実績などで

正採用されるかどうか決まるみたい。

紺野さんが言うには

以前レギュラー持っていた人間が

査定で落とされ

青空プロから出ていったそうで、

それを聞いた双葉は大慌てです。

今更慌てても遅いですけどね。

そんな双葉ですけど、

どうやら養成所の同期の中で

一番の出世頭のようで

同期の子たちが

双葉を羨ましがっています。

確かに養成所を卒業しても

そのままプロになれる訳ではありません。

それにプロになれたとしても

売れるかどうかは

本人の実力と運次第ですから。

同期のすーちゃんみたいに

青空プロに残れず小さいプロダクションに

行く子だっているのですから。

双葉は査定について

先輩である汐留さんに相談します。

ドSな汐留さんは双葉に

どれだけ査定が怖いのか教えて脅かす一方、

将来のビジョンを持っていた方が

良いとアドバイスします。

そんなところに現れたのは

このアニメの原作者の1人浅野真澄さんw

どうやら最終話の本人ゲストは

浅野さんのようです。

浅野さんは何気に皆勤賞ですけど、

本人役で出るのはこの最終話が初めてですよね。

その浅野さんの将来の夢は

「お金持ち」

流石浅野さんブレませんw

運命の査定の結果は?

そしていよいよ査定の日。

たくさんのマネージャーの前で

双葉はボロクソに言われます。

もうこれは圧迫面接ですよね。

これに対する反応も

たぶん評価に入ってくるはず。

でも双葉は萎縮してしまい

声もまともに出せません。

万事休す。

そう思った時

汐留さんやいちごの言葉が頭をよぎります。

ここで冷静さを取り戻した双葉に

将来どんな声優になりたいか?

という質問が。

双葉が答えたなりたい声優とは

息の長い声優。

主役でなくても良い、

どんな小さい役でも

見ている人を笑わせたり泣かせたり

させることができる

記憶に残る声優になりたい。

そういう声優になって

この仕事を続けたい。

双葉って欲が無いですねえ・・・

じゃありません。

声優は年を取るにつれて

どんどん脱落する人間が多い職業。

息が長い声優なんて

そんなにたくさんはいないのです。

そんな声優になりたいなんて・・・

双葉さん流石です。

欲張りですw

この一言がたぶん査定の結果を

変えたのだと思います。

双葉の査定の結果は保留。

あと一年青空プロが預かって

ものになるかどうか

判断することになりました。

同じころ

いちごはご当地キャラの声の仕事をゲットし、

鈴ちゃんは無事入試を乗り切りました。

三人とも難関を突破し一安心です。

そして特殊ED。

EDはこれまで登場した

本人ゲストさんが総登場。

ああ、こんな人も出ていたなぁと

懐かしくなりました。

でもED終わった後なぜか登場海原P。

また何か思いついた様子。

イヤホンズの受難じゃなかった活躍は続く。

なんかこのアニメに合った

終わり方だと思います。

双葉、いちご、そして鈴ちゃん、

みんなそれぞれ違った持ち味があり、

その持ち味を生かしながら

どんなふうに成長していくか

まだまだ見たいです。

今回で最終回ですが

是非とも第2期作ってほしいですね。

今回のまとめ三行

・青空プロに残れるかどうかの査定

・息の長い声優とは

・海原Pがまた無理難題を持ってきた?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする